海外旅行の注意点と持ち物ガイド

飛行機にベビーカーは持ち込める?

海外旅行先でも小さいお子様を乗せて移動するのにベビーカーがあると便利ですよね。
しかし、飛行機にベビーカーって持っていけるのでしょうか?「機内持ち込み?、預けるの?、そもそもベビーカーって飛行機に積めるの?」





機内持ち込みは不可能で預けるのが一般的

ベビーカーの機内持ち込みは、航空会社によって規定が違うことがありますが、一般的に機内の持ち込みはできず、カウンターで預け荷物として手続きをします。

預け荷物は、チェックインカウンターでそのまま預けてしまいますが、ベビーカーに関してはチェックイン後も使用することができ、最終的に搭乗ゲートで預けることができる航空会社もあります。空港によってはベビーカーを貸し出してもらえるので、貸出サービスがあるのであれば、チェックイン時にベビーカーを手放してもいいかと思います。

空港の状態などによっても変わってくるので、チェックインの際に貸し出しがあるかどうかや、ない場合は搭乗口まで自分のベビーカーが使えるかどうか確認するといいでしょう。
搭乗口で預けた場合は、到着後も優先して返却してもらえる場合があります。

このようなサービスは航空会社によって変わってきますので、事前に確認しておくといいでしょう。



ベビーカーは重量制限とは別枠

よく、「預け荷物は23kgまで」といった制限がありますが、ベビーカーはこれらとは別枠です。例えばベビーカーが5kgであった場合でも、荷物は17kgまでにする必要はありません。ベビーカーは別としてお考えください。
LCCなど、預け荷物が有料な航空会社でも、ベビーカーは無料で預けることがきる会社が多いようです。
(幼児運賃を支払っている場合に限ります。子供同伴でなく、単にベビーカーだけを預ける場合は別途料金がかかります)



預け荷物して預ける場合の注意点

ベビーカーは、空港内で貸し出しサービスも行われているため、チェックイン時に預け荷物としてベビーカーを預けてしまう乗客も少なくありません。

おもちゃ・ストラップ・フックなどは外しておく
外れたり、壊れたりする恐れのあるものはあらかじめ外しておくようにしましょう。特におもちゃやストラップ・フックなどを後から取り付けている方は、必ず外しておくようにしてください。

連絡先を記入したタグを取り付けておく
ベビーカーもロストバゲッジとなり、遅延や行方不明になる確率が0とは言えません。必ず名前や連絡先などを記入したものを取り付けておくようにしてください。

汚れや傷が気になるようならビニール袋を用意
航空会社によっては、ベビーカーを預ける際にビニール袋で保護してくれる場合もありますが、気になるようならビニール袋を準備しておいてもよいでしょう。

安いベビーカーを新調するのもおすすめ
航空会社によっては、かなり乱雑な扱いをすることもあるようです。車いすやベビーカーなどは一応取扱い注意品になっていますが、日系以外の航空会社では怪しいと言われており、「壊れた」という話も聞かれます。
旅行用のコンパクトで小さい安物ベビーカーを新調するのもいいかもしれません。



飛行機にベビーカーは持ち込める?まとめ

機内への持ち込みは不可、預ければOK
空港や航空会社によっては、搭乗口まで使用可能
無料貸し出しサービスなどもあるので、上手に利用する
ベビーカーは荷物の重量制限とは別枠・LCCも無料で預けられる
いくつか注意点があるので、預ける前に確認しておく

ベビーカーは飛行機に積むことができますが、機内への持ち込みはできません。荷物の重量とは別枠なので、気にせず持っていくことができるでしょう。しかしトラブルの声も少なからず聞こえるので、海外旅行のように一時滞在であれば、安い壊れてもいいようなベビーカーを用意するのもいいですね。






赤ちゃん連れで飛行機に乗る持ち物
赤ちゃんを連れて飛行機に乗る場合、どんなものを準備すればよいのでしょうか。オムツや着替えはもちろん、飽きさせないようなグッズを準備するのも大切です。

赤ちゃん連れでの飛行機の座席位置
赤ちゃんと飛行機に乗る場合は、飛行機のどこに座るのが一番おすすめ? 場所別にメリットやデメリットなどをご紹介いたします。

飛行機内での授乳やオムツ替え
長時間のフライトの場合、機内で授乳やオムツを替えなければなりません。しかし狭い機内でどうすればよいのでしょうか?

赤ちゃんの泣き・ぐずり対策
飛行機内での赤ちゃんのご機嫌取りが大変です。ずっと寝てくれればよいですが、なかなかそうもいきません。赤ちゃんと楽しく過ごすためのコツをご紹介。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒