×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

赤ちゃん連れで飛行機に乗る持ち物

赤ちゃんを連れて飛行機に乗る際、どんなものを持っていけばよいのでしょうか。
手荷物はできるだけ少なくしたいものですが、赤ちゃん連れですとなかなかそうはいきません。
赤ちゃんと快適な飛行機の旅ができるように、必要な赤ちゃんグッズをリストアップしてみました。必須なものからあれば便利なものまでご紹介いたしますので、どうぞご覧ください。



必ず用意してほしい持ち物

赤ちゃんと飛行機内で過ごすために、最低限必要なものをご紹介いたします。

オムツ
オムツは飛行機に必ず持ち込むようにしてください。飛行時間に合わせて枚数を用意すればいいですが、何かあった時のために少し多めに用意すると安心です。

おしりふき(携帯用)
大きいものだと荷物になるので、携帯用のものがあると便利です。

ビニール袋
使用済みの紙オムツを入れるためのものです、そのまま捨てるのはマナー違反なので、ちゃんとビニール袋を用意しましょう。

粉ミルク(ミルクで授乳される方)
粉ミルクは各自で用意してください。携帯用に便利なスティックタイプのものがいいでしょう。尚、お湯の持ち込みはできないので、機内で客室乗務員にお湯をもらってください。

哺乳瓶(ミルクで授乳される方・麦茶などを入れる方)
哺乳瓶も必ず必要ですから、ミルクと一緒に用意しましょう。フライト時間を計算して、飲む回数分だけ用意するといいですが、日系の航空会社ですと、客室乗務員に頼めば洗ってくれる場合もあります。しかし消毒まではきっちりできないので、不安なら回数分だけ用意してください。

ベビーフード(離乳食やおやつ・飲み物など)
普段食べなれているベビーフードを用意しましょう。液体持ち込み禁止となっている飛行機でも、ベビーフードは対象外なので、飲み物やレトルトなども大丈夫です。

使い捨ての容器やスプーン
ベビーフードを入れる使い捨ての容器や、普段食べなれているスプーンなどは持ち込むようにしましょう。容器は機内で用意してくれる場合もありますし、温めてくれるサービスもあります。

授乳用の目隠し(ストールや薄手の毛布など)
飛行機内にはベビールームも授乳室もないので、自分の座席で授乳しないといけません。周りから見えないようにするための目隠しアイテムを各自で用意しましょう。

よだれかけ・ガーゼ・タオル
赤ちゃんのよだれを拭いたり、食事の時に口を拭いたりなどさまざまなシーンで使えます。できれば予備も含めて2.3セットあるといいでしょう。

手口拭き(携帯用)
赤ちゃんの手や口・顔を拭いたり、落としたおもちゃや口に入れそうな部分を拭いたりなどに使います。

予備の着替え・体温調整用の服
うんちが漏れたり、ミルクを吐いてしまったなど、服を汚してしまった時のために予備の着替えはフライト時間に合わせて1〜2セット入れておくとよいでしょう。また体温調整用のベストや上着、ブランケットなども準備しておきましょう。汚れた服を入れる大き目のビニール袋も忘れずに。

おしゃぶり
気圧の変化による耳抜き対策に有効です。離陸直後や着陸前などは、赤ちゃんにしゃぶってもらいましょう。母乳の場合はおっぱいを吸わせたり、哺乳瓶に麦茶や湯冷ましを入れたものを吸わせても同様の効果があります。

ママバッグ
赤ちゃんグッズをまとめて入れておくママバッグを用意しましょう。オムツ・おしりふき・ビニール袋だけは小さなポーチに入れておくと便利です。機内のトイレは狭いため、ママバッグごと持っていくと置場がありません。

チャイルドシート(別で席に座らせる場合)
0〜2歳児を大人の人に膝の上ではなく、1つの座席に座らせる場合に必要となります。日系航空会社ですと貸し出しサービスも行っているため、確認してみるといいでしょう。



あれば快適に過ごせるアイテム

おもちゃ・絵本など
おもちゃや絵本などは、赤ちゃんが飽きずに遊びに夢中になるアイテムです。泣き出したり、ぐずったりするのを防止できます。お気に入りのおもちゃのほか、見たことがない新しいおもちゃなども持っていくと、飽きて機嫌が悪くなった時に効果的です。

ベビーカー用のおもちゃストラップ(落下防止用)
飛行機の座席は狭いので、物を落としてしまうと拾うのに苦労します。また地面に落としたものは口に入れさせたくないですよね。ベビーカー用のおもちゃストラップがあれば、赤ちゃんがおもちゃを離しても落とすことがありません。ママバッグの手提げや、シートなどにストラップを取り付けておきましょう。

タブレット端末
アニメや子供向け番組をみせたり、アプリやゲームなどを入れておけば、赤ちゃんが飽きた時に見せることができます。1〜2歳くらいの子供におすすめですね。

抱っこひも・スリング
空港から飛行機内まで一貫して使える便利なアイテムです。普段から使い慣れているものを準備してください。

保温できる水筒
赤ちゃんのミルクを作る際に便利です。お湯の入ったものは安全検査で持ち込めませんが、機内で客室乗務員に頼めばお湯を入れてくれます。好きな時間にミルクが作れるので便利ですね。




赤ちゃん連れで飛行機に乗る持ち物まとめ

オムツとミルクなどは絶対に忘れないように
授乳室がないので、母乳の場合は隠せるアイテムを準備
何かあるといけないので着替えやタオルは多めに
お湯は持ち込めないが、機内でもらうことができる
ぐずったり泣いたりしないように、おもちゃなども忘れずに

基本的には普段赤ちゃんとお出かけするセットでがあれば問題ないですが、長時間のフライトになる場合は、少し多めに持っていきましょう。赤ちゃんを飽きさせないアイテムも準備するのを忘れずに。






赤ちゃん連れでの飛行機の座席位置
赤ちゃんと飛行機に乗る場合は、飛行機のどこに座るのが一番おすすめ? 場所別にメリットやデメリットなどをご紹介いたします。

飛行機内での授乳やオムツ替え
長時間のフライトの場合、機内で授乳やオムツを替えなければなりません。しかし狭い機内でどうすればよいのでしょうか?

赤ちゃんの泣き・ぐずり対策
飛行機内での赤ちゃんのご機嫌取りが大変です。ずっと寝てくれればよいですが、なかなかそうもいきません。赤ちゃんと楽しく過ごすためのコツをご紹介。

赤ちゃんの耳抜き対策
飛行機内の気圧が変化する際に耳抜きが必要になります。大人なら簡単に耳抜きができますが、赤ちゃんは自分の力で耳抜きができません。耳抜き方法をご紹介いたします。

ベビーカーは持ち込める?
赤ちゃんがまだ歩けない場合、海外旅行でもベビーカーがあると何かと便利です。しかし、ベビーカーは飛行機に持ち込めるのでしょうか?

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒