海外旅行の注意点と持ち物ガイド

飛行機内で赤ちゃんの泣き・ぐずり対策

赤ちゃんを連れて飛行機に乗る際、最も気を使うのは、泣いたりぐずったりする周囲の目ではないでしょうか。

普段は大人しいのに、こんな時に限って大泣きし、あやしても何もしても泣き止まない・・・なんてことはないでしょうか。
ここでは、飛行機内での赤ちゃんの泣き・ぐずり対策についてご案内していきたいと思います。



フライト前には赤ちゃんを疲れさせる

理想としては飛行機の中でスヤスヤと赤ちゃんが眠ってくれるのが一番ですよね。そのためにも待合ロビーでは赤ちゃんがぐずっていても起こしていたほうが理想です。
搭乗前にぐっすり眠ってしまうと、飛行機に乗った時に目がさえて、寝るものも寝なくなっちゃいますからね。
ロビーなら少々機嫌が悪くても、周りも騒がしいのでどうってことありません、飛行機内で疲れて寝てしまうように、フライト前には寝かさなことが基本です。
特に長時間フライトの場合は、事前のお昼寝をやめさせたりすることで、猛烈に眠くさせておくと効果的ですね。



低月齢の赤ちゃんはフライト前に生理的欲求を満たしておく

低月齢(3ヶ月未満)の赤ちゃんは、おっぱい・オムツ・暑い寒いなどの生理的欲求のでぐずったり、泣いたりします。フライト前にはこれらの欲求を満たしておくようにすることで、泣いたりぐずったりする時間を遅らすようにしましょう。



ご近所に挨拶をしておくだけでも全く違う

どれだけ努力しても、子供は泣いたり機嫌が悪くなってしまうものです。周りの客も「うるさいなあ」と思われますが、何とかして子供を泣き止まそうと努力している姿が見れれば、仕方ないと許してもらえるものです。

搭乗して座席に座ったら、前後左右の搭乗客に「すみません、子供が泣いたり騒いだりするかもしれません、ご迷惑をおかけします」などと一言いっておけば、周りからの印象の間違いなく変わります。
特に前の座席は子供がキックしてしまう可能性が特に高いので、「振動させるかもしれませんが・・・」と言っておけば完璧です。
外国人の場合は難しいと思いますが、周りが日本人であれば、一言お詫びしておくとよいでしょう。

また、子供が泣き出してどうしようもない時は、申しわけなさそうに「すみません」と周りに声をかけておくとより効果的です。

一番ムカつくパターンとしては、子供が大泣きしているのに完全に放置して、悪びれた様子もない親で、周りから見れば最悪ですね。何かあった時の予防線を張っておくのはとても大切です。



新しいおもちゃなどを準備しておく

普段から使い慣れているおもちゃでは、赤ちゃんはすぐ飽きてしまい、つまらないと泣き出したりぐずったりしてしまいます。
逆に見たことのない真新しいおもちゃなら、興味津々なはずです。お気に入りのおもちゃのほか、新しいおもちゃをいくつか用意しておき、ぐずってきたらそれを見せて遊ばせておきましょう。おもちゃは下に落とすと拾いにくいので、落ちてもいいようにヒモなどをバッグに結んでおくといいですね。
おもちゃは上等なものではなく、100円ショップにあるようなもので十分です。質より量で勝負してください。



タブレットでアニメや子供向け番組などを見せる

タブレット端末などがあれば、アニメや子供向け番組、または子供向けのアプリで遊ばせるなどしてあげましょう。おもちゃと併用し、飽きたら画面を見せ、また飽きたらおもちゃという感じに、ローテーションさせるといいでしょう。



おっぱいを吸わせる

低月齢の赤ちゃんなら、おっぱいを吸わせるだけでもかなり落ち着きます。そのまま吸わせておけば、寝てしまうこともあるので、ママのおっぱいは強い味方ですね。しかし、授乳は座席でしかできないので、周りから見られないような対策が必要です。



客室乗務員に頼めば、おもちゃや絵本を借りることも

特にJALやANAなど、日系の航空会社は、赤ちゃん連れのサービスには強いと言われています。ぐずったり泣き出したりすれば、周りの乗務員も気にかけてくれますし、おもちゃや絵本などを貸出ししてくれる場合もあります。



バシネット(ベビーベッド)を効率よく使おう

飛行機によっては、バシネットと呼ばれるベビーベッドが使える場合があります。一般的には先に予約しておきますが、ぐずった場合はそこに寝かせてあげることも可能です。
飛行機の中は程よい振動があるため、普段立ってユラユラしていないと泣く赤ちゃんでも、そのまま寝てしまうことも多いようです。(車の中だと寝てしまうようなパターン)
飛行機が安定飛行に入った時でないと使えないので、フライト時間が短いとあまり意味がありませんが、長距離の場合は強い味方になりますね。ママもずっとひざの上に置いておくのも辛いでしょうし・・・



赤ちゃんが普段寝る時間帯の便にする

決まった時間に赤ちゃんが寝るのであれば、その時間帯に合わせた便を選ぶのも効果的です。夜ぐっすり寝る赤ちゃんなら、深夜便なら寝てくれる可能性も十分あるでしょう。
しかし、環境が完全に変わってしまうので、赤ちゃんによっては寝られないかもしれません。これは運次第ですが、計画的に合わせられるのであれば、そういう便にするのも方法の1つと言えます。



飛行機内での赤ちゃんの泣き・ぐずり対策まとめ

飛行機に乗る前には赤ちゃんを疲れさせておく
おっぱい・オムツなど生理的欲求はフライト前に満たしておく
座席に座ったら隣近所に挨拶しておくと好印象
見たことがない新しいおもちゃをいくつか用意して注意をひかす
タブレットなどで映像やアニメ・子供向けアプリも効果的
日系の航空会社なら、おもちゃや絵本の貸し出しサービスもある
バシネットを効果的に使って赤ちゃんに寝てもらう
赤ちゃんが寝そうな時間帯の便を選ぶことも視野に

低月齢の赤ちゃんなら疲れさせて眠ってもらう、6ヶ月〜2歳くらいまでなら、興味にあるおもちゃなどを使って飽きさせないようにすることが大切です。それでも泣くときは泣いてしまうので、その時は腹をくくって周りにお詫びを入れながらあやすしかないですね。






赤ちゃん連れで飛行機に乗る持ち物
赤ちゃんを連れて飛行機に乗る場合、どんなものを準備すればよいのでしょうか。オムツや着替えはもちろん、飽きさせないようなグッズを準備するのも大切です。

赤ちゃん連れでの飛行機の座席位置
赤ちゃんと飛行機に乗る場合は、飛行機のどこに座るのが一番おすすめ? 場所別にメリットやデメリットなどをご紹介いたします。

飛行機内での授乳やオムツ替え
長時間のフライトの場合、機内で授乳やオムツを替えなければなりません。しかし狭い機内でどうすればよいのでしょうか?

赤ちゃんの耳抜き対策
飛行機内の気圧が変化する際に耳抜きが必要になります。大人なら簡単に耳抜きができますが、赤ちゃんは自分の力で耳抜きができません。耳抜き方法をご紹介いたします。

ベビーカーは持ち込める?
赤ちゃんがまだ歩けない場合、海外旅行でもベビーカーがあると何かと便利です。しかし、ベビーカーは飛行機に持ち込めるのでしょうか?

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒