×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

赤ちゃんは飛行機に乗れる?

生まれて間もない赤ちゃんを飛行機に乗せる機会は少ないと思いますが、急な用事であったり、国際結婚をしていたりして相手の国に行くケースはあると思います。

それでは、生後間もない赤ちゃんを飛行機に乗せることはできるのでしょうか?ここでは赤ちゃんの飛行機搭乗についてご紹介いたします。



一般的には生後8日から飛行機に乗れる

生まれたばかりの赤ちゃんでも、生後1週間を超えたら飛行機に乗ることができます。(航空会社によってはそれ以外の場合もあり)
しかし緊急時を除いては、新生児を飛行機に乗せるのは、免疫力やストレス、病気のかかりやすさなどリスクも大きいためおすすめできません。

急がない用事の場合は、最低でも1ヶ月を経過してから飛行機に乗せるようにしましょう。



海外へ行くのなら赤ちゃんでもパスポートが必要

海外旅行や国際結婚などで相手の国へ赤ちゃんを連れていく場合は、たとえ新生児でもパスポートが必要になります。
パスポートの申請には戸籍謄本などが必要になりますから、出生届を先に届け出ることが条件です。一般的には申請してからパスポートが取得できるまで1週間程度かかりますから、上記の生後8日以降という飛行機搭乗の制限は、国際線の場合はどれだけ急いでも8日以降になると思います。

赤ちゃんは子供扱いになるので、5年のパスポートしか取れません。



赤ちゃんの飛行機運賃は?

親と同じ座席の場合(生後8日から2歳)
大人運賃の10%程度の料金が加算される
※国際線の場合(航空会社によって変わる場合もあり)

親と別々の席を取る場合(年齢を問わず)
子供料金が必要(運賃の70〜80%程度)
※航空券の種類によっては子供料金の方が高くなる場合もあり

親と一緒の席にできるのは、生後8日から2歳までです。この場合は、席は1つなので大人運賃の10%程度の料金が加算(言い方が悪いですが重い荷物)という扱いになるようです。
親と別々の席を取る場合は、子供の分も席1つとして加算されますので、子供分の料金が必要になります。

尚、3歳〜11歳は絶対に席を取らないとダメです。(3歳でまだ小さいからと言って、親と同じ席にするのは許されません)

常に抱いていることの多い0歳児であれば、親と同じ席のほうが料金が安くて勝手もよいと思います。
自分で歩くことができる1歳〜2歳のお子様については、状況に応じて子供席を予約するかどうか決めてください。(個人的意見ですが、2歳になったら席は別々にあった方がよいと思います。2歳児を狭い座席の上でずっと抱いているのは、死ぬほど疲れます。)



赤ちゃんは飛行機に乗れる?まとめ

多くの航空会社では生後8日目から飛行機に乗れる
リスクの観点から1ヶ月が経過してから乗せるのがよい
海外へ行くのなら赤ちゃんでもパスポートは必要
赤ちゃんを同じ座席に乗せるのなら10%程度の運賃
赤ちゃんを別々の席に乗せるなら75%程度の子供料金

結論は8日目から赤ちゃんを飛行機に乗せられますが、1ヶ月は乗せない方がよいでしょう。首がすわらない内はほとんど抱いて過ごすと思いますので、無理に子供用の座席を取る必要もないと思います。






赤ちゃん連れで飛行機に乗る持ち物
赤ちゃんを連れて飛行機に乗る場合、どんなものを準備すればよいのでしょうか。オムツや着替えはもちろん、飽きさせないようなグッズを準備するのも大切です。

赤ちゃん連れでの飛行機の座席位置
赤ちゃんと飛行機に乗る場合は、飛行機のどこに座るのが一番おすすめ? 場所別にメリットやデメリットなどをご紹介いたします。

飛行機内での授乳やオムツ替え
長時間のフライトの場合、機内で授乳やオムツを替えなければなりません。しかし狭い機内でどうすればよいのでしょうか?

赤ちゃんの泣き・ぐずり対策
飛行機内での赤ちゃんのご機嫌取りが大変です。ずっと寝てくれればよいですが、なかなかそうもいきません。赤ちゃんと楽しく過ごすためのコツをご紹介。

ベビーカーは持ち込める?
赤ちゃんがまだ歩けない場合、海外旅行でもベビーカーがあると何かと便利です。しかし、ベビーカーは飛行機に持ち込めるのでしょうか?

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒