海外旅行の注意点と持ち物ガイド

飛行機内での授乳やオムツ替え

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗ると、フライト時間によってはミルクをあげたり、オムツを替えたりしなくてはいけません。
しかし、狭い機内でどうやって授乳やオムツ替えをしたらよいのでしょうか?
ここでは、飛行機内での授乳やオムツ替えの方法についてご紹介いたします。





フライト前に授乳とオムツ替えは済ませておく

どんな形であれ、機内での授乳やオムツ替えは最小限に少なくしたいものです。授乳回数がたくさん必要な低月齢の赤ちゃんほど、フライト前には必ず空港内でおっぱいを与えておくようにします。ついでにオムツも新品に替えておくといいでしょう。搭乗の10〜30分前には済ませておきましょう。

近場で1〜2時間程度のフライトであれば、フライト前にしっかりミルクとオムツを交換しておけば、機内で一度もすることなく目的地に到着できますね。



機内での授乳のさせ方

ミルクの場合
哺乳瓶や粉ミルクは自分で準備します。お湯は客室乗務員に頼めば準備してくれますし、航空会社によっては調乳までしてくれる場合もあります。
尚、お湯を自宅から水筒などに入れて持ってくる人もいるようですが、安全検査でひっかかりますので、液体の持ち込みはできません。
長時間のフライトの場合は、授乳が1回では済まない場合もあります。回数分の哺乳瓶を持っていくとよいでしょう。2〜3本持っていって洗ってもらうのも手です。

母乳の場合
残念ながら飛行機にはベビールームはありません。基本的には座席で授乳します。そのまま授乳したら、隣や周りから丸見えになりますから、カーディガンや覆いかぶせる布などを用意して、見えないように対策してください。
席が空いている場合は、客室乗務員に一言いって、人の少ない場所へ移動して授乳させる方法もあります。



オムツの替え方

オムツ替えはトイレに行って行います。横の席が空いているからと言って、くれぐれも座席の横などで行わないようにしてください。
ほとんどの飛行機には、トイレにオムツ交換台がついています。そこでオムツを交換しましょう。
普段布オムツを使っている方も、後の処理が大変なので、この時だけは紙オムツにしたほうがいいかもしれません。
もし、オムツ交換台がない飛行機(稀にあるようです)だった場合は、どこでオムツを替えたらよいか客室乗務員に確認しましょう。

飛行機のトイレとオムツ交換台はとても狭いです。大きいママバッグを持っていくと邪魔になるので、貴重品・オムツ・おしりふきだけ持って行って、交換するようにするといいですね。



交換したオムツはどこに捨てればよい?

交換したオムツは、トイレのごみ箱に捨てる前に、客室乗務員に捨てる場所を確認しておいたほうがいいでしょう。どこかには捨てられるはずなので、自分で持って帰らなくてはいけないことはありまえん。
そのままでは臭いがしますので、必ずビニール袋は持参するようにし、忘れたらエチケット袋をもらうようにしてください。



自分がトイレに行きたくなったら

飛行機内のオムツ交換台は、便座の上にある折り畳み式の台になっていることが多いので、台を広げたまま用を足すことができません。
客室乗務員に頼めば、一時的に子供を抱いて見てもらえますので、遠慮せずに預けて自分も用を足してください。



そのほか授乳・オムツ替えのポイント

オムツを替えるのはうんちの時だけにする
はっきり言って機内の狭いトイレでオムツ替えをするのは、大変です。台は滑りやすいですし、とても揺れます。
最近の紙オムツは性能がかなり上がり、おしっこを何度をしても、吸収剤と通気性がよくサラサラです。赤ちゃんの機嫌がよければ、無理に替える必要はありません。うんちの場合は臭いも気になるので速やかに交換しましょう。

ミルクがいつでも作れるように、お湯だけ先にもらっておく
ミルクをあげたい時、客室乗務員に頼めばお湯を持ってきてもらえますが、機内食の準備など、忙しいときにはすぐに対応してもらえない場合もあります。その場合は空のステンレスボトルを用意しておき、ヒマな時にお湯だけ先にもらっておくのも手ですね。
お湯さえ手元にあれば、いつでもミルクを作れますし、その都度客室乗務員を呼ぶ必要もありません。
月齢の低い赤ちゃんはおっぱい切れを起こすと泣きまくるので、ちょっとした時間差で周りの大迷惑となることもあります。
(開けた時に気圧の違いによりステンレスボトルからお湯が噴き出すことがあるので注意してください)




飛行機内での授乳やオムツ換えまとめ

搭乗30分前には必ずミルクとオムツ交換は済ませておく
ミルクのお湯は頼めばもらえる
母乳を与える場合は、周囲から見られない対策を
オムツの交換はトイレ内のオムツ交換台で行う
替えた古いオムツを捨てる箇所は確認しておく
自分がトイレに行きたくなったら、客室乗務員に預ける

月齢が6ヶ月を超えているようなら、よほど長いフライトでない限り授乳の必要はないかと思います。うんちをする時間も決まっていて、その時間をさけた時間のフライトであれば、オムツ交換もしなくていいかもしれません。
低月齢の赤ちゃんほど授乳やオムツ交換をする頻度が高くなると言えますので、方法はしっかり確認しておくようにしましょう。






赤ちゃん連れで飛行機に乗る持ち物
赤ちゃんを連れて飛行機に乗る場合、どんなものを準備すればよいのでしょうか。オムツや着替えはもちろん、飽きさせないようなグッズを準備するのも大切です。

赤ちゃん連れでの飛行機の座席位置
赤ちゃんと飛行機に乗る場合は、飛行機のどこに座るのが一番おすすめ? 場所別にメリットやデメリットなどをご紹介いたします。

赤ちゃんの泣き・ぐずり対策
飛行機内での赤ちゃんのご機嫌取りが大変です。ずっと寝てくれればよいですが、なかなかそうもいきません。赤ちゃんと楽しく過ごすためのコツをご紹介。

赤ちゃんの耳抜き対策
飛行機内の気圧が変化する際に耳抜きが必要になります。大人なら簡単に耳抜きができますが、赤ちゃんは自分の力で耳抜きができません。耳抜き方法をご紹介いたします。

ベビーカーは持ち込める?
赤ちゃんがまだ歩けない場合、海外旅行でもベビーカーがあると何かと便利です。しかし、ベビーカーは飛行機に持ち込めるのでしょうか?

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒