×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

赤ちゃん連れの飛行機での座席位置

赤ちゃん(1歳未満)と一緒に飛行機に乗る場合、どのあたりの席に座るのが一番いいのでしょうか。
旅行情報雑誌や赤ちゃん関連のブログやサイトなどを見ていると、前方派と後方派にわかれているようです。それぞれの座席にはメリット・デメリットがあるようなので、この辺りの解説もしていきたいと思います。






前方を取るのなら最前列がおすすめ

まず、前方の座席を取るのなら最前列を取るのがいいですね。

最前列の座席のメリット
・前に席がないので、赤ちゃんがキックしても大丈夫
・足元が広いので移動やちょっと立ったりするのが楽
・客室乗務員が近いので、CAに何かと頼みやすい
・トイレが近いのでオムツ替えなどには便利
・バシネット(ベビーベッド)が使える(対応飛行機のみ)
・出入り口から近いため、早く乗り降りができる

最前列の座席のデメリット
・トイレなどを使う人がやたらと通るので、落ち着かない
・離着陸時は足元に荷物を置けない
・人気があるためすでに満席の場合も

赤ちゃん連れの乗客で、やはり人気が高いのは前方の最前列ですね。デメリットもあるものの、メリットの恩恵の方が大きく、やはり最前列は人気の座席です。人気座席だけにすぐ満席になってしまいますが、予約時に座席の指定ができるのであれば、前方を確保してみてください。



飛行機最後方も場合によっては使い勝手がよいことも

後方座席も赤ちゃん連れには人気があります。前方が満席だった場合などは、あえて一番後ろに指定するのもいいでしょう。

最後方の座席のメリット
・飛行機によっては席が少なく通路が広くなっている
・人通りが少ないので、落ち着いて飛行機に乗れる
・搭乗率が低いと比較的空いている場合がある
・人気がないので座席確保しやすい(搭乗率が100%の場合は別)

最後方の座席のデメリット
・飛行機によってはトイレが前方しかなく、とても遠い
・赤ちゃんが前方の席をキックする可能性がある
・エンジン音がうるさい
・目的地に到着してから降りるまでに時間がかかる

落ち着くので・・・とあえて後方を選ぶ人もいるようです。大きな飛行機であれば、後方にもトイレがありますし、CAがスタンバイしていることも多いので、何かとお願いする時も楽でしょう。また後方は比較的人気がないので、座席を取りやすいというメリットもあります。
目的地に到着してから降りるまでに時間はかかりますが、長時間のフライトであればそれほど苦にもならないはずです。


通路側か窓側か

次に通路側から窓側かということになりますが、通路側は赤ちゃんをトイレに連れて行ったりしやすいですが、窓側の人がトイレに行く際などにはいちいち席を譲らなければならないので、赤ちゃんが眠ったりしていると大変ですね。

逆に窓側であれば、ゆっくり赤ちゃんを休ませることができますし、母乳で授乳する際も目立たなくなります。子供に景色を見せることもできるので、日中の短いフライトであれば窓側がよいでしょう。

フライト時間・オムツ替えの頻度などによって通路か窓側かを選ぶようにしてください。尚、真ん中の席は中途半端なのでやめたほうがいいでしょう。



格安航空券やパックツアーでは座席指定はできない

航空会社で購入したチケット(正規割引航空券)では、チケットを購入した後、もしくは購入時に座席の指定ができます。方法としては、その航空会社のWEBサイトから座席の指定をするか、電話でお願いすることも可能です。
しかし、格安航空券やパックツアーの旅行では基本的に事前座席指定はできず、当日チェックインカウンターで、空いている席を探してもらうような形になります。
一般客であれば、「ない」と一蹴りされる状況でも、幼い子供を抱きながらお願いすれば、もしかすると前方の席を確保してくれるかもしれません。

パックツアーでも、旅行会社によっては相談に応じてくれることもありますので、座席指定が可能かどうか確認してみるといいでしょう。

近年では一部の航空会社では、格安航空券でも座席指定が可能な場合もあります。JALやANAなど日系の航空会社はまだできないようですが、ユナイテッド航空やノースウエスト航空、デルタ航空などアメリカ系の航空会社は予約番号さえわかれば、WEB上で事前座席指定が可能なようです。



最前列や最後列がすでに満席の場合は

とはいってもなかなか最前列や最後列は、簡単に取れるものではありません。すでに満席になっている場合は、できるだけ前の席を確保してもらうようにしましょう。
そのほか、もし搭乗率が100%でなく、空いているのであれば、あまり混雑していない場所にしてもらう(運がよければ隣の席などが空いていることも)のもおすすめです。周りに人がいなければ、かなり自由にできると言えます。

まあワガママを聞いてもらえない航空会社もありますから、その時は諦めるしかありませんが、子供を抱いていれば、かなりの確率で融通は聞いてくれます。
おすすめの席がないか係員に聞いてみましょう。



予算は高くなるがビジネスクラスという手も

ビジネスクラスは別に仕事の人だけが乗るものではありません、エコノミークラスに比べて座席幅が広く、トイレなどに行くときも隣の人に動いてもらう必要もありません。
CAも何かと気にかけてくれますから、逆に楽と言えますね。ビジネスクラスは価格はかなり高いですが、それだけサービスも行き届いています。フライト時間が長かったりする場合は、ビジネスクラスも考えてみましょう。



赤ちゃん連れの飛行機での座席位置まとめ

最前列は何かとおすすめだが、人気も高い
最後列も空いていることが多いので、赤ちゃん連れにおすすめ
窓側か通路側は赤ちゃんのコンディションやフライト時間と相談して
格安航空券やパックツアーでは座席指定できないことも
よい席がないかチェックイン時に係員に聞いてみよう
価格は高いがビジネスクラスに乗ってしまうのもアリ


画質を選ぶか、携帯性を選ぶかの判断が難しいところですが、ミラーレス一眼が最もおすすめかと思います。本体だけに気が行き過ぎて、充電器やカードを忘れたりしないように注意してください。また盗難にも十分気をつけましょう。






赤ちゃん連れで飛行機に乗る持ち物
赤ちゃんを連れて飛行機に乗る場合、どんなものを準備すればよいのでしょうか。オムツや着替えはもちろん、飽きさせないようなグッズを準備するのも大切です。

飛行機内での授乳やオムツ替え
長時間のフライトの場合、機内で授乳やオムツを替えなければなりません。しかし狭い機内でどうすればよいのでしょうか?

赤ちゃんの泣き・ぐずり対策
飛行機内での赤ちゃんのご機嫌取りが大変です。ずっと寝てくれればよいですが、なかなかそうもいきません。赤ちゃんと楽しく過ごすためのコツをご紹介。

赤ちゃんの耳抜き対策
飛行機内の気圧が変化する際に耳抜きが必要になります。大人なら簡単に耳抜きができますが、赤ちゃんは自分の力で耳抜きができません。耳抜き方法をご紹介いたします。

ベビーカーは持ち込める?
赤ちゃんがまだ歩けない場合、海外旅行でもベビーカーがあると何かと便利です。しかし、ベビーカーは飛行機に持ち込めるのでしょうか?

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒