×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

ビジネスクラスについて

ビジネスクラスは飛行機のシートクラスの1つで、エコノミークラスとファーストクラスの間にある中間クラスの座席です。
とはいっても座席の豪華さ、サービスの質はかなり高く、価格もエコノミークラスの数倍となっています。ここではビジネスクラスの座席についてご説明いたします。



ビジネスクラスはビジネス客専用というわけではない

ビジネスクラスという名前だけあって、「利用者はみんなビジネスマン?」というわけではありません。
快適に仕事や出張に行けるという意味あいでビジネスクラスという名前になっていますが、いくら仕事とはいえ、下っ端の連中はエコノミークラスで移動するのが普通です。
ビジネスクラスを使うのは、幹部くらすかよほど儲かっている会社の社員、お客さんとともに接待をするような場面に限られていますね。

確かに上層のビジネス客が多いのも事実ですが、快適に海外旅行に行けるので、旅行目的の一般客の方も多く乗っています。
ビジネスクラスだからビジネスに向いているというわけではなく、座席のグレードやあらゆるサービスが充実していると思ってもらえればいいでしょう。




ビジネスクラスの快適さやサービス

エコノミークラスとビジネスクラスでは、どれくらいサービスや快適度が違うのでしょうか。

座席が広い
座席の広さはエコノミークラスと比べると雲泥の差があります。長時間乗っても疲れない幅広のシートに、前後ピッチも余裕があるためゆったり過ごせますね。最近のビジネスクラスのシートにはフルフラットになるタイプも登場してきています。(主に長距離路線)

アメニティグッズが充実
アイマスクに耳栓、スリッパに歯磨きセットなど、アメニティグッズが充実しています。航空会社によっては化粧品などを提供していることもあります。

機内食が特別
エコノミークラスの機内食は、航空会社によっては酷いものもあるが、ビジネスクラスは機内食もワンランク上の料理が提供されます。エコノミークラスでは使い捨てのトレーにまとめて機内食が提供されますが、ビジネスクラスは陶器などの皿で提供され、場合によっては前菜、メイン、デザートなどを順番に提供するレストランのようなサービスをしている航空会社もありますね。
また軽食やデザートなどのサービスが充実しているのもビジネスクラスの特徴です。

無料で提供される酒の種類も豊富
国際線であればエコノミークラスでもビールやワインといった基本的なお酒は無料提供されますが、ビジネスクラスでは洋酒などの選択肢が多く、より幅広い種類のお酒が楽しめるようになっています。

空港内でもさまざまなサービスがある
専用チェックインカウンターが設けられているため、エコノミークラスのように長く並ぶ必要もありません。空港によっては専用のセキュリティゲートや専用ラウンジもあるので、搭乗を待つ間も快適に過ごせることでしょう。更に優先搭乗ができたり、預け荷物が優先的に受け取れたり、マイルの貯まり方にボーナスが付くなど、飛行機以外の面でもサービスが充実していますね。

ホテルから空港への送迎サービスも
航空会社や路線によっては、専用のタクシーでホテルから空港へ移動できるサービスも。大きな手荷物はホテルへ無料配送してくれるケースもあります。



ビジネスクラスは価格も一流

これだけ快適に空の旅が過ごせるのなら、是非乗ってみたいビジネスクラスですが、価格もびっくりするほど高く、正規運賃ではエコノミークラスの倍程度の値段が相場です。
しかし普段から格安航空券の相場で考えていると、価格差が3〜7倍程度になる場合も多く、決してビジネスクラスは安くありません。一般的には空港会社から正規割引航空券として買うことになりますが、航空会社によってはビジネスクラスの格安航空券もあるので、シーズンによってはある程度安く帰る場合もあります。

格安航空券であっても、エコノミークラスに毛が生えたような値段では買えないので、予算重視で行く方はちょっと辛いかもしれません。いつかは乗りたいビジネスクラスですが、マイルが貯まったらアップグレードなどしてみるといいかもしれませんね。



価格は高いが快適に過ごす旅の思い出に

ファーストクラスというと次元が違うため別世界ですが、ビジネスクラスはちょっと奮発すれば乗ることができる座席です。価格は確かに安くはないですが、ストレスなく快適に空の旅が約束できますね。

新婚旅行や記念旅行などに、ビジネスクラスを利用するお客さんも多いので、予算と相談して是非ビジネスクラスに乗ってみてはいかがでしょう。



ビジネスクラスまとめ

ビジネスクラスはビジネス用途ではなく、上級客室の意味
席幅・前後ピッチが広く、長距離ならフルフラットになる便も
室内サービスや空港サービスなどが行き届いている
価格はかなり高めで、格安航空券でもエコノミーの数倍程度
季節によってはかなり安い座席もある
新婚旅行や記念旅行など旅の思い出に


長距離便であればあるほど、ビジネスクラスの恩恵は大きいと言えます。逆に短距離でのビジネスクラスは、座席もそれほど豪華ではなく、エコノミークラスに毛が生えた程度のものが多いのも事実です。
ヨーロッパやアメリカなど、ちょっと遠い便ほど快適に過ごせるようになっていますので、長距離便を考えている方は是非ビジネスクラスも候補の1つとして考えてみてはどうでしょう。






エコノミークラスについて
一般庶民が最もお世話になるエコノミークラス。座席やサービス、料理などはどのようなものなのでしょうか。

プレミアムエコノミーとは
最近各航空会社が力を入れているプレミアムエコノミークラス。エコノミーとビジネスの中間になるクラスで、エコノミークラスとはいえワンランク上のサービスや快適さを体感できます。

ファーストクラスについて
安く海外旅行を楽しみたい方には無縁のクラスですが、死ぬまでに一度は乗ってみたいですよね。ビジネスクラスを更に磨き上げたサービスや料理が楽しめます。

航空券の価格変動について
割引航空券や格安航空券は季節や時間によってチケットの値段が激しく変化します。どういった理由で価格が変動するのでしょうか?

格安航空券の注意点
現在ではすっかり浸透した格安航空券ですが、価格がとても安い反面、多くの制約があります。値段だけで購入してしまうと、後で後悔するハメに・・・ よく注意しましょう。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒