海外旅行の注意点と持ち物ガイド

現金とカード類の準備

海外旅行で忘れてはならない持ち物の1つに、現金やクレジットカードなどのお金に関係するものがあります。

もちろん忘れてはいけないものなのですが、過度に持ち歩くのは禁物、必要な分を必要な分だけ上手に調達し、賢く買い物ができるようにしておきましょう。ここでは現金やカードをどれくらい準備すればよいかなどのポイントをご紹介いたします。




現金は便利だが、盗難リスクも考えて

海外旅行で何があるかわからないからと、大量の現金を準備している方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。確かに現地での食事や移動、ショッピングなどの支払いなど、現金は最も確実な支払方法と言えます。

一方で、ひとたび盗難などに遭ってしまったり、紛失したりするとダメージが大きく、海外では戻ってくる可能性はゼロに等しいです。現金は便利な反面、リスクも大きいので、できれば必要最低限にとどめた方が得策です。

実際のところ、ツアーなどで海外旅行に行った場合、往復の航空券やホテル代、一部の食事代やオプショナルツアー代などは、あらかじめ支払いが終わっているケースがほとんどではないでしょうか。そうなると現金の出番は実はそれほど多くありません。
高額な買い物は現金よりもカードが安全ですし、逆にチップなどで小銭が多く必要ですので、少額の現金がたくさんあった方が重宝します。

一度にたくさんのお金を両替してしまうと、逆に余ってしまって日本円に戻そうとするとかなりの手数料を取られて損をします。予算と相談しながら両替するようにしてください。



必要に応じてクレジットカードを複数枚準備しよう

海外旅行で賢く買い物をするコツは、上手に現金とクレジットカードを使い分けることが大切です。少額購入には現金を使い、まとまった金額になる場合はクレジットカードを使うのがおすすめです。

クレジットカードは日本国内同様、サイン1つで決済ができる上、万一盗難や紛失に遭っても、カード会社に連絡すればすぐ停止処理ができるため、現金よりも安全に使うことができます。

しかし、渡航先によっては、ほとんどクレジットカードが使えない地域もありますので、特に地方や途上国へ旅行する場合は、現金の方が有利な場合もあります。

クレジットカードは1枚よりも複数枚あった方が安心です。それぞれを違う場所へ保管しておけば、万一盗難に遭ったり、落とした際などにリスクが分散しますね。



トラベラーズチェックは面倒だが安全性はNo.1

トラベラーズチェックは、旅行用小切手とも言い、「T/C」と表現されることもあります。トラベラーズチェックは自分専用の小切手になり、使う際は小切手にサインをしたり、パスポートを見せたりする手間がかかります。
しかし、紛失や盗難に遭っても再発行することが可能で、多額の現金を持ち歩きたくないし、カードもちょっと気が引ける・・・という方にはおすすめです。

トラベラーズチェックは空港の外貨両替店などで購入することができます。現金を両替するよりもレートがよく、有効期限もないので便利です。

アメリカやオーストラリアでは使えるお店が多いですが、それ以外の国では使えない場所が多いため、渡航先や予算などを考えて必要な分だけトラベラーズチェックに替えておきましょう。



現金・カード類の準備まとめ

現金は便利な反面リスクも高い、準備は最低限に
まとまった金額にはクレジットカードが便利、複数枚持つこと
アメリカへ旅行するならトラベラーズチェックも有利


現金とカードを上手に使い分けるのが、最もおすすめな方法と言えます。現金は少額購入やチップなどの支払いをメインに、お土産やブランド品などの購入はカードで支払うなどをすれば、リスクを低減でき、賢く支払いができることでしょう。





海外旅行の持ち物リスト
海外旅行に必要な持ち物のリストです。しっかり準備したつもりでも、思わぬものを忘れているかも… もう一度チェックしてみましょう。

具体的な犯行手口
防犯対策はまず相手の手口を知ることです。知らない間に盗られることはもちろん、わざと相手の注意そらして盗む手口などさまざまです。

盗難をされないために
盗難されない一番の対策は、カモにされないことです。しっかりガードしている姿をアピールしておけば、相手に狙われることもありません。ガード方法についてご紹介します。

両替のタイミング
両替ってどこでやっても同じだと思ってませんか? ところが場所によって手数料がかなり変わってくるためとても損をすることも・・・ 損をしない両替のタイミングとは?

ショッピングの注意点
海外旅行での楽しみの1つにショッピングがありますが、トラブルなども多発しています。海外でショッピングをする際の注意点を集めてみました。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒