×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

海外旅行保険とは

海外旅行中のトラブルは他人事ではなく、いつ自分に降りかかってくるかわかりません。
例えばバッグを盗まれたり、旅先で病気やケガをしてしまったりなど、旅にトラブルはつきもです。
海外旅行保険は、このようなトラブルが発生した際に、金銭的な負担を補償してくるもので、海外旅行に行くときは是非検討してほしい保険です。



どんなものが補償される

海外旅行保険にはさまざまプランがあるため、料金や内容によって変わってきます。よるあるトラブルのケースとしては、以下のようなケースで補償されます。どれもあまり起きてほしくないことですが、金銭的な負担を保険会社がしてくれるのは頼もしいですね。

損害死亡補償
旅先で事故や事件で傷害に遭ったり、死亡したり、後遺症が残るようなケガを負った場合に、保険金が受け取れる。

治療補償
ケガや病気で入院した際、治療費や入院費が補償される

賠償補償
ホテルの設備を壊してしまったり、他人をケガさせたりしたときの補償

携行品補償
旅行中に盗難や落下により壊したものを補償してくれる

寄託手荷物遅延補償
ディレイドバゲージ(飛行機の預け荷物の遅れ)による補償

飛行機遅延補償
飛行機の遅れによる損害やホテル代などの補償

各補償の詳しい説明や実際の事例などはこちらでも詳しく紹介していますので、どうぞご覧ください。



保険料ってどれくらい?

保険料は行先や滞在日数・補償の充実度によって変わってきます。渡航規制が出ているような危ない国や治安の悪い国では高くなる傾向にあります。
相場は1日当たり500〜1500円程度で、日数が長いほど割引になる場合もあります。
ちなみに1週間のハワイ旅行で1人3000円から5000円程度が相場で、充実した補償内容であればあるほど保険料も高くなります。



クレジットカードにも保険がついていると聞いたけど?

確かにクレジットカードにも海外旅行保険が付帯したものがあります。しかし、かなり制限があったり、自動付帯になっていなかったり、補償内容がショボイものが多いので、特に年会費が無料など安いカードほど役に立ちません。

ゴールドカードなど、それなりにパワーのあるカードなら、補償内容も充実していますが、カードの種類によってかなり補償内容が変わるので、海外旅行保険の代わりとして安易にクレジットカードを作るのは考え物です。

しっかりその補償内容を確認したうえで、クレジットカードの保険を使うようにしてください。

※別途海外旅行保険は加入しておいたほうが、24時間日本語サポートなど何かあった時のサポート力が全く違います。



病気やケガの補償、賠償保障が充実しているものがよい

海外旅行でお世話になる確率が高く、また高額の費用が発生するケースとして多いのが、現地で病気やケガを負い、治療や入院などをすることですね。海外では目玉が飛び出すほど高い治療費を請求されることもありますから、これらの補償額が充実しているものがおすすめです。
また設備を壊したり、相手にケガをさせたりしたときの賠償補償もしっかりしたものを選ぶといいですね。



結局海外旅行保険は必要?

自信を持って「絶対入ってください」と言います。何かあってからでは遅いですからね。数千円の保険料をケチって、数百万の請求をされたらシャレにになりません。
そのほか、盗難や飛行機遅延による補償などもありますから、さまざまなトラブルに対応してもらえることでしょう。
おすすめ・・・ではなく必ず加入してください。



海外旅行保険とはまとめ

海外旅行保険はさまざまな金銭的トラブルを補償
補償内容はプランによってたくさんある
保険料は一日1000円程度が相場
クレジットカード付帯の保険は落とし穴も多いのでよく考えて
海外旅行保険は絶対に加入しておこう


結論からいいますと、海外旅行保険は加入してください。クレジットカード付帯のものでいくのであれば、事前にどの程度補償してくれるのかや、サポート面もしっかりチェック。病気やケガの補償が充実しているものを選ぶようにしてください。






盗難をされないために
盗難されない一番の対策は、カモにされないことです。しっかりガードしている姿をアピールしておけば、相手に狙われることもありません。ガード方法についてご紹介します。

海外旅行保険はどんな補償がある?
病気やケガ以外でも、内容によってさまざまな補償を受けられます。どんな補償を受けることができるのかご紹介いたします。

海外旅行保険はどんなケースで補償される?
実際どんな場面で保険金が支払われるのでしょうか。ここでは具体例をあげながら、補償される内容をご紹介いたします。

海外旅行保険会社を選ぶポイント
ついつい補償内容や安い保険料で保険会社を選びがちですが、サービス面やサポート面がしっかりしている保険会社を選ぶことが大切です。

事件や事故に巻き込まれないために
最近では日本人観光客が海外でケガをしたり死亡したりするニュースを耳にします。いくら安全な国とはいえスポット的には危ない場所が存在します。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒