海外旅行の注意点と持ち物ガイド

飛行機に預けられる荷物制限

手荷物を飛行機の客室に持っていく場合は、だいたい重さは10kgまでと決まっていますが、飛行機の貨物室に預ける場合、どれくらいの重さや大きさまでならOKなのでしょうか。
ここでは飛行機の預け荷物の重量制限などについてご紹介いたします。



持ち込み荷物と預け荷物の違い

持ち込み荷物とは
持ち込み荷物とは、客が飛行機の客室まで持っていく荷物のことを言います。一般的には貴重品や壊れやすいもの、電子機器などを機内に持ち込みます。客室内の荷物入れはスペースが限られていますから、持ち込める荷物も1つまでで、10kg程度までとかなりシビアです。
持ち込めるスーツケースのサイズなどについてはこちらもご覧ください。


預け荷物とは
預け荷物とは、荷物を機内に持ち込まず、チェックインカウンターで荷物を預けることを言います。受託手荷物とも言います。荷物は飛行機の貨物室でまとめて管理されるため、預けてから目的地の空港に着くまでは、取りに行ったり中身を開けたりすることはできません。
着替えや生活用品など、貴重品ではないものをスーツケースの中に入れて預けるのが一般的です。貨物室はスペースが広いため、大型で重い荷物でも預け入れることができます。



預け荷物は無料制限を超えてると有料になる

預け荷物は無制限だと思っている人もいるようで、実際荷物を入れ過ぎて重くなってしまい、追加料金を支払わなくてはならないケースもあります。

預け荷物にも無料で預けることができる制限があります。海外旅行へ行く場合はこの制限内で荷造りをすることで、追加料金を支払わずに預けることができます。

一般的には個数制限・重さ制限・大きさ制限の3つがあり、規定の数値を超える場合は、追加料金が必要になります。
荷物の1つが極端に重かったり、サーフボードやゴルフバッグなど、スーツケースとは別の荷物がある場合は、その個数や大きさによっても料金がかかる場合があります。



預け荷物の無料範囲

これは航空会社や距離によって変わるケースがあるので注意してください。大手航空会社では以下のようなルールになっています。

エコノミークラスの場合

 
エコノミークラスは23kgの荷物なら2個まで無料で預けられます。距離が短い場合は32kgまでで1個までのルールになっている場合もあります。


ビジネス・ファーストクラスの場合


ビジネスやファーストクラスではエコノミークラスより無料の範囲が広めです。近距離の場合はもう少し少なくなる場合もあります。

※上記はあくまで一般的なルールです。座席クラスもそうですが、会員のレベルや距離などによっても無料預け入れの範囲は変わりますのでご注意ください。



エコノミークラスは1個当たりの重さに注意しよう

エコノミークラスは荷物1個当たりの重さ制限が23kgとかなりシビアです。これはスーツケースの重さも含んでになりますから、スーツケースの重さを抜くと、実質は20kg前後の荷物しか入れられなくなります。

SサイズやMサイズのスーツケースでは、よほど重いものを入れない限り23kgを超えることはありませんが、LやLLサイズでは、入れ方によっては23kgを超えてしまう場合があります。

エコノミークラスは23kgまでなら2個まで無料で預けられますが、たとえ1個であっても23kgを超えると超過料金がかかってしまいます。「荷物が1個だから負けてよ」というのは通用しないようです。

ですから長期旅行で1つのスーツケースにする場合は、更に注意が必要です。



追加料金はどれくらい?

これも航空会社によって違いはあるものの、制限を超えるとかなり高額になります。せっかく安い航空券を手に入れたのに、荷物の追加料金で酷い目にあったという声もあるので、よく注意しておきましょう。

個数超過
1個当たり10000円〜20000円程度(距離による)

重量の超過
23kg超〜32kgまで:5000円〜10000円程度(距離による)
32kg超〜45kgまで:20000円〜60000円程度(距離による)
※行先によっては32kg超の荷物は不可能な路線もあります。

サイズの超過
三辺の和が203cm以上:10000円〜20000円程度(距離による)

郵便のように1kg超えると○○円ではなく、1キロ超えようが10キロ超えようが価格は一緒なので注意してください。特にエコノミークラスで、1kg超えただけでも5000円〜10000円程度の超過料金がかかります。

尚、32kgを超えると極端に追加料金が高くなります。原則として45kgを超える手荷物を預けることはできません。
また、追加個数も1人当たり5〜7個程度と決まっているので、「お金は払うから10個面倒見て〜」というのはダメなようです。



特殊な大型荷物は?

サーフボードなど特定の大型荷物については、無料の手荷物制限には含まれず、必ず代金が必要になるようです。距離によって価格は違いますが、だいたい10000円〜20000円程度が相場なようです。

そのほか特殊な大型荷物や楽器などは、あらかじめその航空会社に確認してみるのがいいかと思います。場合によっては直前で拒否される可能性もあるのでしっかり確認しておきましょう、



預け入れの際に2つの分裂させるのがおすすめ

23kg以内で2個までで無料とはいえ、スーツケースを2つ持っていくのは大変です。できれば大きいスーツケースに30kgくらい詰め込んででも1つにしたいものです。

ここで1つ裏技をご紹介いたします。薄手で折りたためるボストンバッグを用意しておき、1つの荷物の一部(着替えなどが望ましい)をボストンバッグに入れて分けます。
スーツケース1つの重さが30kgであっても、7kg分だけボストンバッグへ入れてしまえば、23kgのスーツケースと、7kgのボストンバッグになり、無料の範囲で預けることができます。
目的地に到着したら、また1つにしてしまえば移動も楽です。これは帰りのお土産を買った際にも役立ちますので、是非折りたためるボストンバッグを用意しておきましょう。






飛行機に預けられる荷物制限まとめ

預け荷物であっても重量や大きさに制限がある
制限を超えると追加料金がかなり高い
エコノミークラスは1個23kgなので、詰めすぎると簡単にオーバー
超えないように荷物を分裂させよう

行き先や座席のクラスによって制限は変わってくるので、事前にどれくらいまでならOKなのか調べておくようにします。万一に備えて荷物が分散できるように、かさばらないボストンバッグなどを準備しておくとよいでしょう。






機内へ持込めるサイズ
スーツケースでも一定のサイズ以下であれば機内へそのまま持ち込むことができます。機内へ持込めるサイズや注意点などをご紹介。

旅行カバンの種類
海外旅行にはスーツケースが一般的ですが、用途によってはボストンバッグやバックパックなどを選ぶ場合もあります。それぞれのメリットやデメリットなどをご紹介いたします。

スーツケースの大きさ
スーツケースにも用途や滞在日数に応じてさまざまな大きさのものが出ています。あまり小さいものを選びすぎると荷物やお土産が入らないことも・・・

エコノミークラスについて
一般庶民が最もお世話になるエコノミークラス。座席やサービス、料理などはどのようなものなのでしょうか。

預け荷物の紛失について
チェックインカウンターで預けた荷物が、目的地の空港に届かなりトラブルは少ないながらもあるようです。原因はさまざまですが、なくなったらどうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒