海外旅行の注意点と持ち物ガイド

スーツケースを機内に持ち込めるサイズ

大きなスーツケースは飛行機の客室に持っていくことができないので、預ける形になりますが、小さい手荷物であれば、そのまま客室に持っていくことができます。
それでは持ち込めるサイズはどれくらいなのでしょうか?
ここでは飛行機の客室へスーツケースを持ち込めるサイズについてご紹介いたします。



機内へ持込めるサイズはSサイズの一部だけ

1〜2泊程度の短期旅行で、買い物もそれほどしないというのであれば、小型のスーツケース1つあれば十分とも言えます。飛行機に荷物を預けると、空港へ降り立ってから荷物を取りにいかなればなりませんし、可能性は低いもののロストバゲージ(荷物の紛失)の恐れもあります。

機内へ持込める荷物の大きさは制限がかかっており、かなり小さいサイズのスーツケースしか持ち込むことができません。サイズ的にはSサイズで更に小さいサイズに限られます。

「機内持ち込み可」とうたっているメーカーのものでも、航空会社によって微妙なものもあります。実際にものさしなどで実寸を計ってみるといいでしょう。



飛行機内へ持込めるサイズ

飛行機内へ持込めるサイズは、各航空会社で厳格に決められています。若干違いはありますが、以下のようになっています。(これは客室の天井の収納へ入れられる大きさが条件になるので、ちょっとくらい…は許されません)
※航空会社によって違う場合があるので、必ず各航空会社へ確認するか、WEBサイトなどを見るようにしてください。


飛行機の座席数が100席以上
3辺の合計が115cm以内で10kgまで
(ただし、高さ55cm・幅40cm・奥行25cm以内)

合計が115cm以内でも、一辺が70cmなど極端な大きさのものは天井に収納できなくなるのでダメです。
国際線であれば、多くの飛行機が100席以上と思いますが、大きい飛行機の場合は以上の規格であれば持込可能です。



飛行機の座席数が100席以下
3辺の合計が100cm以内で10kgまで
(ただし、高さ45cm・幅35cm・奥行20cm以内)

小型の飛行機の場合、収納スペースも小さくなるので、機内持ち込みサイズもより厳しい制限になります。しかし、日本から飛び立つ国際線で、100席以下という飛行機はほとんどないに等しいので、あまり意識する必要はないでしょう。国内線の一部飛行機のみ(プロペラ機の小さい飛行機)がそれに該当します。

※LCC(格安航空会社)では、大きさや重量制限が更にシビアになっている航空会社がありますので、出発前にはどの航空会社の飛行機に乗るのかを確認しておくようにしましょう。



機内持込不可品に気をつけて

スーツケースごと機内に持ち込む場合に気をつけてもらいたいのが、危険物など機内へ持込めないもののチェックです。
特に短期旅行などで、預け荷物にせず、服や生活用具など全て客室持ち込みにする場合は、危険物や持ち込み不可品がないかよく確認してください。万一荷物検査で見つかると、捨てるか自宅へ送り返すかしなければなりません。主な機内持ち込み不可品は、以下のようなものがあります。

ライター
ライターはガスのものは1個まで、ZIPPOなどのオイル交換式は持ち込めないので注意してください。

飲み物
手荷物検査が終わって、空港の待合ロビーの売店などで買ったものは持ち込みできますが、家から持ってきたものなどは手荷物検査で没収されます。

液体
化粧品などは100ml以下の容器にそれぞれを入れて、ジッパー付きの透明袋に入れます。(クリームや練り製品なども液体に含まれます)
大きい化粧品容器ごと持っていくとひっかりますし、化粧品ポーチにまとめて入れておいてもひっかかります。必ずジッパー付きの透明袋に入れて手荷物検査で見せられるようにしておきましょう。赤ちゃん用のミルクやコンタクトの保存液、液体の薬などはこの限りではありません。

刃物
カッターやハサミ、アーミーナイフなどの刃物は持ち込みできません。見つかると捨てるか送り返すハメになるので、持ち込みだけで行く方は持っていかない方がいいでしょう。

高圧ガスが入ったスプレー缶など
ヘアスプレーや虫よけなどで、高圧ガスが入ったものは容量や成分などでひっかかる場合があります。注意してください。

外国の国内線を乗り継ぐ場合は、その国のルールが適用されます。国際性は大丈夫でも、海外の国内線はダメだったというケース、さらに逆もありますので、その国や航空会社のルールに従ってください。



機内持ち込み用のスーツケースはソフトタイプがおすすめ

ハードタイプのスーツケースですと、やはりボディやフレームで場所を取るため、大きさの割に中身があまり入らないものが多いです。機内持ち込み可能サイズであっても、容量は30〜35L程度のものがほとんどです。(ポリカーボネート製は40Lのものもある)

しかしソフトタイプは、大きさの割には容量が多いものがたくさんあり、機内持ち込みサイズで40Lを超えるようなスーツケースもあります。

 

ハードタイプの場合は、中身を取り出すにしても二枚貝のように場所を取るため飛行機内で困難です。ソフトタイプの場合は、あちこちにポケットがあるので、「機内で使うかも?」と思うものはあらかじめポケットに入れておけば出し入れも楽ですね。

機内ならそれほどキズや汚れがつく心配もないですから、機内持ち込みサイズのスーツケースをお考えの方は、ソフトタイプも選択肢に入れておきましょう。



帰りはお土産などの手荷物も考えて

一般的には飛行機の客室に持っていける大きい荷物は1個までです。ハンドバッグや小さいリュック、小さいお土産袋1つ程度などなら大目に見てもらえますが、明らかにたくさんの手土産を持っている場合は、すべて機内に持ち込めない場合があります。
その場合は、機内持ち込みサイズ可能サイズであっても、「スーツケースは預け入れにしてほしい」とチェックインの際に制限がかかる場合もありますし、液体などを含むお土産の場合は、預けるしか方法がなくなることもあります。

帰りのお土産などの手荷物や種類なども考えておきましょう。




スーツケースの機内持ち込みサイズまとめ

大きさや重量制限が厳しい
一般的には3辺の合計が115cmまで
LCCは更にシビアな条件になっている場合もあり
持込めない物もあるので注意
全体的にソフトケースのほうが大容量
帰りの荷物やお土産などの量次第では、全部持ち込めないことも


機内持ち込みは便利といえば便利ですが、大きさや持ち込めるアイテムなどに制限が多く、見極めるのが大変です。こだわりがなければ預け荷物にしてしまう方が楽といえば楽です。






旅行カバンの種類
海外旅行にはスーツケースが一般的ですが、用途によってはボストンバッグやバックパックなどを選ぶ場合もあります。それぞれのメリットやデメリットなどをご紹介いたします。

スーツケースの大きさ
スーツケースにも用途や滞在日数に応じてさまざまな大きさのものが出ています。あまり小さいものを選びすぎると荷物やお土産が入らないことも・・・

スーツケースの材質
全部同じに見えるスーツケースでもさまざまな材質があることをご存じですか? それぞのメリットやデメリットなどをご紹介します。おすすめはABS+ポリカーボネートの混合樹脂ですね。

預けられる荷物制限
チェックインカウンターで預ける荷物といっても、量や重さには制限があります。よく知らないまま預けてしまうと余計な追加料金がかかったりますので注意してください。

ベビーカーは持ち込める?
赤ちゃんがまだ歩けない場合、海外旅行でもベビーカーがあると何かと便利です。しかし、ベビーカーは飛行機に持ち込めるのでしょうか?

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒