×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

海外旅行のスーツケースの大きさ

海外旅行用のスーツケースには、さまざまなサイズがあります。宿泊日数や荷物の量に応じて最適なサイズを選ぶ必要があります。

ここではスーツケースの大きさと、宿泊日数の目安などをご紹介したいと思います。




大きさは主に4つのカテゴリにわかれる

スーツケースの大きさは、S・M・L・LLの4つのサイズにわかれます。各メーカーごとに更に細かく分けられている場合もあり、厳密な定義はありません。概ねこの4つのサイズのグループの中から選ぶとよいでしょう。





Sサイズは2泊3日程度の短期旅行向け

Sサイズは容量が35L前後のもので、高さが55cm前後のスーツケースのことを言います。荷物はそれほどたくさん入りませんので、1〜3泊程度の旅行で、比較的荷物が少ない場合におすすめです。容量が30L程度で、高さが50cm程度の超小型サイズであれば、機内へ持込めるスーツケースもあります。

しかし、生活用品や衛生用品などアレコレ入れてしまうと、すぐいっぱいになりますし、お土産などを入れるスペースもないので、コンパクトな分容量は少ないです。必要に応じてサブのバッグなどは用意しておきましょう。



Mサイズは幅広くこなせるおすすめサイズ

Mサイズは容量が45L前後のもので、高さが60cm前後のスーツケースのことを言います。機動性と容量のバランスがいいため、2泊3日程度の短期旅行でも、お土産なども入れるスペースを確保できます。

韓国や台湾など、近場で短期の海外旅行であれば最もバランスが取れている大きさとも言えますし、女性の方でも扱いやすいサイズです。短期旅行なら是非このサイズをご検討ください。



Lサイズは中期旅行や、荷物が多い方向けのサイズ

Lサイズは容量が55〜80L程度のもので、高さが70cm前後のスーツケースのことをいいます。1週間程度までの中期旅行もこなせるほか、短期旅行であってもたくさんのお土産も収納可能です。

買い物をメインとした旅行はもちろん、さまざまな旅行に対応できるサイズです。「今回は短期旅行だけど、もう少し長い旅行も考えている」という方も、大は小を兼ねるということで、検討してみてはどうでしょう。



LLサイズは1週間以上の長期滞在向け

LLサイズは容量が80L〜120L程度もので、高さが概ね80cm以上のスーツケースのことを言います。スーツケースの中では一番大型なカテゴリーになり、たくさんの荷物が積める反面、移動や取り回しが困難です。女性には少々辛い大きさかもしれません。

1週間を超える長期旅行や、買い物がメインとなる旅行、短期旅行であっても家族連れやカップルなど複数の荷物を1つに入れるにも便利です。

大型のスーツケースは100Lを超える容量のものも多く、荷物の入れ過ぎによる飛行機の預け入れの際の重量制限に引っかかる場合もります。重量制限は航空会社やクラスによってもかわってきますので、よく確認しないと現地で高い超過料を払うハメになります。



家族やカップルで行く場合は

家族やカップルなど、親しいグループで海外旅行へ行く場合は、スーツケースの大きさにメリハリをつけるのもいいでしょう。
例えば大荷物担当のパパや男性の方は大きいLサイズやLLサイズのバッグを担当し、ママやお子様、女性の方にはSやMサイズを担当します。複数の荷物をうまく分けながらシェアすることで、効率よく海外旅行に行くことができるはずです。



スーツケースのサイズを選ぶコツ

大は小を兼ねる
荷物が少ないからと言って、何も考えずにSサイズのスーツケースを購入してしまうのは考え物です。LLサイズとまでは言いませんが、今後のことも考えてMやLサイズの必要性もシミュレーションしてみましょう。
小さいサイズで長期旅行は無理ですが、大きいサイズで短期旅行は可能といえば可能です。

衣服の量を基準に考えて
海外旅行で最も容量を取るのは衣服が一般的です。旅行日数もそうですが、寒い地域へ行く場合はオーバーやコート、防寒着など予想以上にかさばります。衣服の量と相談してサイズ選びをするとよいでしょう。

帰りのスペースも考える
帰りもお土産などを入れることができるスペースも考えなくてはいけません。ある程度手荷物でも可能ですが、手荷物にも限界があります。どんなお土産をどのくらい買うかというのもある程度考えて、帰りの荷物スペースも考えてサイズを選ぶとよいでしょう。



スーツケースの大きさまとめ

用途に応じて概ね4種類に分かれる
単に宿泊日数だけでサイズを判断しない
迷ったら一回り大きいサイズを選ぶのもよい
服の量・お土産の量などを考えてサイズを選ぶ
家族やカップルなどで行く場合は、サイズを分けるのもよい


スーツケースの大きさは、漠然と宿泊日数だけで選びがちです。いざ入れてみたら全部荷物が入らないとなることも… とくにお洒落に気を使う女性は衣服を中心に荷物が多くなりがちです。お土産のスペースなどもよく考えてサイズ選びをしてください。






預け荷物の紛失について
チェックインカウンターで預けた荷物が、目的地の空港に届かなりトラブルは少ないながらもあるようです。原因はさまざまですが、なくなったらどうすればいいのでしょうか?

旅行カバンの種類
海外旅行にはスーツケースが一般的ですが、用途によってはボストンバッグやバックパックなどを選ぶ場合もあります。それぞれのメリットやデメリットなどをご紹介いたします。

スーツケースの材質
全部同じに見えるスーツケースでもさまざまな材質があることをご存じですか? それぞのメリットやデメリットなどをご紹介します。おすすめはABS+ポリカーボネートの混合樹脂ですね。

機内へ持込めるサイズ
スーツケースでも一定のサイズ以下であれば機内へそのまま持ち込むことができます。機内へ持込めるサイズや注意点などをご紹介。

預けられる荷物制限
チェックインカウンターで預ける荷物といっても、量や重さには制限があります。よく知らないまま預けてしまうと余計な追加料金がかかったりますので注意してください。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒