海外旅行の注意点と持ち物ガイド

海外旅行のスーツケースの材質

スーツケースにもさまざまな材質があります。軽さ、丈夫さ、見た目など、どれを重視するかによって変わってきますが、それぞれの材質にはメリットやデメリットがあります。
このコーナーでは、スーツケースの材質の解説とともに、それぞれの特徴をご紹介していきたいと思います。



大きくはハードタイプとソフトタイプの2つにわかれる

スーツケースの材質にはさまざまな種類がありますが、まずは大きくハードタイプとソフトタイプの2つにわかれます。

ハードタイプとはその名のとおり硬い素材でできているスーツケースのことを言い、強度や耐久性、防水性、防犯性が優れています。
ソフトタイプとは柔らかい素材でできているスーツケースのことで、安価、軽量、拡張性などが優れています。

日本人はハードケースが好まれやすい傾向ですが、海外ではソフトケースも人気があります。


ハードタイプのスーツケース

ハードタイプは、ケース表面やフレームなどが硬い素材でてきているスーツケースです。日本では旅行用として最も多く出回っているスーツケースの1つで、色やデザイン、大きさなどたくさんの種類が発売されています。

ABS樹脂
一昔前のハードケースの素材としては主流だった素材。ABSと呼ばれる強化プラスチックで作られており、強度や剛性に優れています。表面は硬くてへこむことはまずなく、中身の保護という面では最も安心できる素材といえます。しかし重くなるというのが欠点です。




ポリカーボネート
現在では主流の素材で、ABS樹脂よりも強度や柔軟性が高いのが特徴です。またABS樹脂に比べるとかなり軽量化できるため、大型のスーツケースでも軽くて扱いやすいのもメリットです。素材が薄いため、表面はベコベコ簡単にへこみます(へこんでも戻ります)。ですから中身の保護力に対しては、ABS樹脂には劣ります。また価格が高いのが欠点です。


ABS+ポリカーボネート混合樹脂
ABSとポリカーボネートの混合樹脂で作られているスーツケースで、強度、重さのバランスがよく、手頃な値段で買うことができます。現在最も主流となっているタイプのスーツケースです。






アルミニウム合金
素材がアルミニウムでできているタイプのスーツケースです。スーツケース型のようなものもあれば、お金を入れるような(いわゆるジュラルミンケース)箱型のようなものまでさまざまです。強度や耐久性は抜群で、長寿命なため長く使えて安心です。しかしABS樹脂よりも重く、価格もかなり高額になるので、手軽な海外旅行としてはあまりおすすめできません。


外観で判断するのは難しいですが、ABS樹脂はかなり表面が硬くて肉厚な印象です。純ポリカーボネートは、薄くて表面がペコペコ。ABS混合樹脂は割合のよって変わってきます。
買う前に商品の仕様書をよく確認するといいでしょう。



ソフトタイプのスーツケース

ソフトタイプは、ケース表面が柔らかい素材でできているスーツケースです。ソフトケースは強度がないと思われがちですが、割れたりしないので、ハードケースよりも強いとも言われています。

ソフトタイプの素材は、一般的にナイロンを使用していますので、ハードケースのように極端に重さや強度が変わることはありません。

メリットとしては、まず軽さがあげられます。同サイズであればABS樹脂よりも軽く、ポリカーボネートとおぼ同じくらいです。更に表面に複数のポケットやチャックがあるので、ちょっとしたものを入れておいたりできるのが便利ですね。また柔軟性があるので、多少荷物を詰め込める(ケースがパンパンに膨らむ)ことができるのもいいですよね。定格50Lでも、60Lくらいは無理やり入るかもしれません(笑)

逆にデメリットとしては、刃物などで破壊できるので、防犯の観点からハードケースに比べると劣ってしまうことがあげられます。また防水性が弱いので、雨などには注意する必要もあります。更に外部からの衝撃がモロに伝わるので、ハードケース以上に中身の防御を慎重にする必要があります。

日本人には敬遠されがちなソフトケースですが、外国では逆にソフトケースの方が流通しています。



フレームはアルミやマグネシウムが主流

ハードタイプのスーツケースのフレームは、以前はスチールが主流だったものの、現在ではアルミやマグネシウム製のものが主流です。アルミもマグネシウムも強度はさほど変わりませんが、マグネシウムの方が軽量性に優れているので、高級タイプに採用されています。





開閉はファスナーかフレームロックか

スーツケースの開閉は、チャックになっているファスナータイプか、フレームごとロックするタイプの2種類があります。ハードケースは多くがフレームロックで、ソフトケースはファスナータイプが多いですね。
一般的にはフレームロックタイプの方が強度は強いですが、一度変形してしまうとフタが閉まらなくなるというデメリットがあります。
ファスナータイプは軽くて安価、変形の心配もないですが、開閉がワンタッチでできず少し面倒です。また雨が染み込んだりする危険性もあります。

 

ハードタイプのスーツケースでも、中型までのものを中心にファスナータイプも多く発売されていますので、使い勝手に合わせて選んでみてください。



結局どちらがいいの?

これは難しい所ですが、どちらも一長一短がありますので、好みで選ぶしかありません。日本人が買う傾向としてはハードタイプの方が人気があるようですが、SやMサイズを中心にお洒落で可愛らしいソフトケースも多くあるため、女性の方はソフトを選ぶ人も多いようです。

 主な素材別特性一覧表(一般的なもの)

強度⇒衝撃や圧力などに対する本体強度
中身⇒中身の保護力
寿命⇒耐久性
軽さ⇒持ち運びのしやすさ
価格⇒値段の安さ

強度ではアルミ合金や100%ポリカーボネート製が若干高いですが、それほど素材によって大きな差はありません。
へこまない素材のABS樹脂やアルミ合金であれば、外圧から中身を保護するので、つぶれたら困るものを入れておくのに適しています。ポリカーボネートやソフトケースはへこんで衝撃を吸収するので、外圧はモロに中に伝わりますね。
長く使えるといえばアルミ合金ですが、樹脂製でも値段の高いものは高寿命なものが多いです。
軽さはソフトケースやポリカーボネートに軍配が上がります。価格はアルミ合金やポリカーボネートが高いですが、これはピンからキリまであるので一概には言えません。

※これは一般的なもので評価しています。スーツケースは価格差によって強度や軽さの差が大きく出ます。購入するスーツケースによってはこの限りではないので、どうぞ目安程度にお考えください。



スーツケースの素材まとめ

大きくハードケースとソフトケースにわかれる
ハードケースの主流はポリカーボネートとABSの混合樹脂
素材にもそれぞれの長所や短所がある
日本人に人気があるのはハードケース


海外旅行で初めてスーツケースを買われるのであれば、ハードケースが安心かと思います。予算や長所短所を見ながら素材選びをしてみてください。






旅行カバンの種類
海外旅行にはスーツケースが一般的ですが、用途によってはボストンバッグやバックパックなどを選ぶ場合もあります。それぞれのメリットやデメリットなどをご紹介いたします。

スーツケースの大きさ
スーツケースにも用途や滞在日数に応じてさまざまな大きさのものが出ています。あまり小さいものを選びすぎると荷物やお土産が入らないことも・・・

機内へ持込めるサイズ
スーツケースでも一定のサイズ以下であれば機内へそのまま持ち込むことができます。機内へ持込めるサイズや注意点などをご紹介。

預けられる荷物制限
チェックインカウンターで預ける荷物といっても、量や重さには制限があります。よく知らないまま預けてしまうと余計な追加料金がかかったりますので注意してください。

おすすめ盗難対策グッズ
盗難対策アイテムを併用することで、防犯力は一気に高まります。自分も注意することも大切ですが、このようなアイテムを使ってさらに盗難を防止しましょう。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒