×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

格安航空券の注意点

飛行機に乗る際のチケットとして最も手軽に入手できるのが格安航空券です。名前もしっかり浸透して、現在では多くの人が格安航空券を探してチケットを購入しているのではないでしょうか。
確かに格安航空券は安くて手軽に海外旅行に行ける反面、注意点やデメリットもあります。
ここでは格安航空券を買って失敗したいためのアドバイスをご紹介いたします。




格安航空券は旅行会社用のバラ売りチケット

航空会社が旅行会社向けに安いチケットを卸していたものを、個人が買えるようにバラ売りしたのが格安航空券と言われるもので、正規航空券と比べると大幅に割引されているのが特徴です。

格安航空券が登場する前は、安い値段で自由に航空券を買うことができず、ツアーなどに参加するしかなかったのですが、チケットだけ購入することができるようになってからは海外旅行が身近になったとも言えますね。

しかし、もともとは旅行会社のツアー用の安いチケットなので、さまざなまデメリットも存在します。それを知らずに「ただ安いから」と安易に飛びつくと失敗することもあるので注意しましょう。



格安航空券は日程が変えられないものが多い

格安航空券はツアー用のチケットのため、基本的に日程が変えられないものが多いのが特徴です。つまり行きと帰りの日と便を決定したら、もうその便に乗るしかないという意味です。

  

後から「ちょっとこの日が用事が出来たので、日付を変えよう」と思っても変えられません。
無理やり変えるなら、一旦キャンセル扱い(もちろん払い戻しはできないので、払った代金はパー)にして、新たに航空券を買う必要があります。このように日程がカッチリ決まっている格安航空券のことをFIX(フィックス)航空券とも言います。

逆に後から日程を変えることができる(といっても復路だけ)格安航空券もあり、一般的には所定の手数料を払えば帰りの便だけ変更できるチケットもあります。このようなチケットをOPENチケット、またはFIX/OPENチケットと言います。
日程を変えられるのでもしものとき便利ですが、FIXチケットに比べるとやや価格が高いのがネックですね。

格安航空券を買う前に、買うチケットがどんな種類のチケットかを十分確認して、キャンセルや日程変更をする際のリスクなどを把握するようにしてください。



格安航空券はシーズンとオフシーズンの変動幅が大きい

格安航空券の割引率は便や季節によって大きく変動します。正規航空券の90%引きなどになっているとても安いチケットもあれば、50%程度とかなり高めになっている航空券もあります。

旅行会社のツアー料金が高くなる週末など(目的によっては平日)は値段が高くなりますし、観光客が多く訪れるようなシーズンであれば、その目的地へのチケット代は高くなります。

ですから、お盆やゴールデンウイークなどはたくさんの人が飛行機に乗るので、格安航空券といえどもそれほど安くないのが現実ですね。下手をすると航空会社が販売している正規割引航空券よりも高くなるという逆転現象が起きる可能性もあります。

オフシーズンや人気のない便では、かなり安いチケットがあることも多いので、連休を避けたりすれば、お買い得なチケットも多いことは確かです。

「値段がやけに高いなあ」と思ったら、すぐ買わずにいろんな航空会社のチケットなどと比べてみるといいですね。



格安航空券はマイルが貯まらない

格安航空券のお客さんと言えば、言い方が悪いですが、要は一番下っ端のお客さんです。飛行機に乗ってしまえば接客の扱いなどで区別されることはありませんが、見えない部分の待遇面が変わってきます。
その1つのマイルの貯まり方があります。格安航空券はマイルが貯まりにくくなっており、距離の50%程度が相場です。しかし航空券によっては0%と、全くマイル加算がないものもあるので、せっかくマイルカードがあっても格安航空券ではほとんど貯まらないのも現状ですね。

まあ価格もそれだけ安いので、それほど特典も付かないと思ってもらえばいいでしょう。



乗り遅れた場合の情状酌量措置がない場合も

道路が渋滞したり、寝坊したりして故意ではない遅刻が生じ、予約していた飛行機に乗れなかった場合は大変ですよね。

格安航空券を買った場合でも、ほとんどのケースでは、次の便に乗せてもらえたという話を聞きます。しかし稀に海外の航空会社などでは、「もうだめです、新しく航空券を買ってください」と言われたケースもあるようです。

 

一般的に便の変更ができない格安航空券は乗り遅れとただの紙切れになるのですが、過失による乗り遅れに対しては各航空会社の寛大な措置により乗せてもらえることが多いです。
しかし、「無理です」と突っぱねられたという話もよく聞きますので、とくに格安航空券のFIXチケットを購入した方は、乗り遅れないように注意してください。

また、最近ではあまりなくなりましたが、オーバーブッキングにより乗れない


格安航空券を買う前に

格安航空券を買う前に是非一度、以下のことだけ注意してもらい、すこしでも引っかかる場合は、違うチケットの購入も考えてみましょう。

100%その日程で旅行ができるかどうか
「後で日程変えるかも」という不安が少しでもあれば、格安航空券の購入を控えるか、日程が変えられるOPENチケットを購入しましょう。

大型連休やお盆などの繁忙期かどうか
格安航空券はオンシーズンにはとても高くなる傾向にあります。相場はありますがあまりにも高い場合は、航空会社の正規割引航空券と比べてみてください。

マイルを貯めているかどうか
マイルをしっかり貯めたい方は、購入の前にマイル加算がどれくらいなのか確認してみましょう。安くて飛びつくとマイルが0%ということも



格安航空券の注意点まとめ

格安航空券は安さと引き換えにさまざまな制約がある
格安航空券は後から日程を変えられないものが多い
格安航空券は価格の変動差が激しい
格安航空券はマイルが貯まりにくい
ぐずったり泣いたりしないように、おもちゃなども忘れずに

安くて海外旅行がとても身近になった格安航空券ですが、安い故にさまざまなデメリットも存在します。格安航空券の特性を知ったうえで購入できれば最高ですので、用途や予算と上手に相談しながら購入してください。






飛行機に乗り遅れたら
便や座席が決まっている飛行機、電車のように駆け込み乗車は基本的に不可能です。では寝坊や渋滞などで飛行機に乗り遅れたらどうすればいいのでしょうか?

航空券の種類
航空券にもさまざまな種類があるのをご存知ですか? 高い航空券ほど融通がきき、安い航空券ほど制約が多いといった特徴があります。

航空券はどこで買える?
以前は航空券といえば、旅行代理店の窓口や航空会社で買うのが一般的でしたが、最近ではインターネット上で買うのが主流になってきました。

航空券の価格変動について
割引航空券や格安航空券は季節や時間によってチケットの値段が激しく変化します。どういった理由で価格が変動するのでしょうか?

航空券の価格の内訳
航空券には単にチケット代だけではなく、さまざまな諸費用が加算されています。特に燃油サーチャージのウエイトが大きく、航空券が高くなる要因の1つになっています。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒