×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

危険な国・安全な国

一言に外国と言っても、比較的安全な国もあれば、治安的に危険な国もあり、そのような国に行く場合はより一層注意が必要になります。
では、何を基準に安全な国と危険な国を見分ければよいのでしょうか。
このコーナーでは危険な国にはどのようなリスクがあるのかや、情報収集の方法をご紹介したいと思います。




日本は世界から見ると、とても安全な国

日本は世界的にもとても安全な国で、日本より安全とされる国は数えるほどしかありませんし、その差もわずかです。ワイドショーやニュースで凶悪な事件の報道があったりしますが、世界ではもっと凶悪な事件がたくさん発生しています。

海外へ行く=日本にいるときよりも注意する というのが基本で、海外は安全な国と言われていても、治安は日本より悪いと思ってもらえればよいでしょう。


スリや置き引きなどはどの国でもある

観光客が日頃狙われているスリや置き引きが多い国が危険な国では?と勘違いされている方も多いと思いますが、そんなレベルの犯罪では、治安が悪いとは言いません。
特にスリや置き引きはヨーロッパで多発していますが、注意しようと呼びかけているだけで、海外安全情報で渡航注意になるような犯罪ではないということです。

スリや置き引きなどは、凶悪犯罪とはならいないので、比較的どこの国でも発生している事案です。



本当に危ない国は命の危険が伴う

ここで言う危ない国というのは、ケガをしたり、場合によっては命の危険が伴うようなことが多発している国のことを言います。また感染病などのリスクが伴うような場所も別の意味で危険な地域です。


戦争・紛争地域
危険度★★★★★
外務省なども退避勧告を出すような、戦争が勃発している地域。命の保証は全くないと言ってもいいくらい超危険

死亡率が高い感染病が流行っている地域
危険度★★★★
これらは長期化する心配はないものの、流行病はどこで発生するか見当がつかないため、以前から旅行を決めていた場所で、急に検討しなければならないケースもあります。危険度はかなり高いと言えます。

テロが発生している地域
危険度★★★
無差別テロなどが発生している国も危険と言えます。駅など多くの人が集まる公共の施設などでは十分注意する必要がありますね。

凶悪な強盗や殺人が多い地域
危険度★★★
強盗や殺人、誘拐などが多いなど、いわゆる犯罪発生率が高い国や、観光客を狙った凶悪事件が発生したりしている国です。退避情報はでていないものの、十分注意や渡航の検討などの情報が出ています。



外務省の海外安全ホームページを活用しよう

その国が危険かどうかを判断する目安として、外務省が提供している海外安全ホームページを活用します。

外務省海外安全ホームページ

上記のリンクのメインページに、国・地域別の渡航情報というのがありますので、地図をクリックすると各地域の詳細が確認できます。


上の地図を見ると中東やアフリカにオレンジや赤色が目立ちますね。地図上に危険度が色分けされていて、色が赤いほど危険ということになります。

 退避勧告
退避勧告が出ている地域を表しています。現状その国にいるようならすぐ出国し、行く予定がある方は渡航延期を呼びかけています。
海外旅行先が赤色だった場合は、残念ですが旅行は一旦中止したほうがいいでしょう。

 渡航延期をお勧め
赤ほどではないものの、とても危険な地域に変わりありません。あまりその国に詳しくないなど、海外旅行初心者の方ほど危険が伴いますので、こちらも渡航はやめておいた方が賢明です。

 渡航の是非の検討
強く推奨はしないが、迷っているならやめておいたほうがいい程度の危険度。その国に何度も訪れており、危ない場所などを熟知しているようなら、行くという選択肢もありますが、初心者の海外旅行ではリスクも覚悟の上で渡航する必要があります。

 十分注意
渡航には十分注意するように勧告している場所。海外旅行初心者でも渡航は差支えないが、行動などは十分注意する必要があります。変な場所に行ったり、夜間は出歩かないなどするといいでしょう。

このように危険に応じて4段階にわかれています。一般的にツアーなどで訪れる場所は赤やオレンジといった場所は少ないですが、個人旅行をする場合は注意してください。また、危ない地域は海外旅行保険に加入できない国もあります。



その国でどのような危険情報が出ているか把握する

外務省の海外安全ホームページでは、単に危険度だけでなく、どのような問題で危険になっているのかも知ることができます。
かなり具体的な内容まで載っていますので、その国でどういった点に注意したらよいのかを把握するためにも、詳細情報までしっかりチェックしておきましょう。



赤やオレンジの地域は旅行を控える

海外旅行で許容範囲と言えるなら、私は黄色(十分注意)までだと考えています。赤の地域はもちろんですが、オレンジ色の地域でも場合によってはかなり危険と考えていますので、旅行を計画する前に行きたい国に危険情報が出ていないかどうか十分チェックしてみてください。

旅行日までは最低週1回はチェックするようにし、新たに渡航情報が新しくなっていないか確認してみましょう。

急な情報ではテレビやニュースの方が早い場合もありますので、その国の情報は旅行日までしっかり把握しておくといいですね。特に地震や台風・洪水などの災害や感染病などは急に発生したりするので、油断は禁物です。



安全な国・危険な国のまとめ

日本と比べると外国は安全面では劣る
スリや置き引きなどの軽犯罪は危ない内に入らない
本当に危ない国はケガをしたり命の危険が伴う
海外旅行先を決める前に、外務省の海外安全ホームページを確認
赤やオレンジ色の地域はいかないようにするのが賢明

旅行会社のツアーで行くような国は、それほど危険な地域はないのが一般的です。しかし比較的安全な国でも、時期によってはデモや抗議活動など、荒れていることも考えられます。行き先を決める前にその国の治安などをしっかり確認し、危ないようなら中止する勇気も大切です。






盗難被害が多い国
海外旅行で多いトラブルの1つにスリや置き引きの盗難被害があります。盗難って発展途上国の方が多いと思ってませんか?実はヨーロッパなどで多発しているんです。

事件や事故に巻き込まれないために
最近では日本人観光客が海外でケガをしたり死亡したりするニュースを耳にします。いくら安全な国とはいえスポット的には危ない場所が存在します。

盗難をされないために
盗難されない一番の対策は、カモにされないことです。しっかりガードしている姿をアピールしておけば、相手に狙われることもありません。ガード方法についてご紹介します。

海外旅行保険とは
海外旅行保険は海外旅行で万が一トラブルがあった際に保険金が支払われます。海外ではちょっと入院しただけでも多額の医療費が請求される場合があるので是非加入しましょう。

海外旅行保険はどんな補償がある?
病気やケガ以外でも、内容によってさまざまな補償を受けられます。どんな補償を受けることができるのかご紹介いたします。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒