×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

飛行機内での過ごし方

はじめて飛行機に乗る際、要領がわからない上にどうやって過ごしたらよいかよくわからないですよね。
1〜2時間程度のフライトであれば、あっという間に着いてしまいますが、長時間のフライトであれば、飛行機内の過ごし方一つで快適にも、不快にもなります。
ここでは飛行機内での過ごし方についてご紹介させていただきます。




飛行機内では何をする?

数時間のフライトであれば、離陸後飲み物のサービス、機内食のサービスなどを楽しんでいる間に飛行機が到着してしまいますので、それほどくつろいでいる時間はありません。
しかし、長時間のフライトでは、食事以外の時間をどうやって過ごすのかが課題になってきます。
はっきり言って、何もないととてもヒマです。窓側の席に座って空を眺めてもいいのですが、列車の車窓と違ってずっと空なので、しばらくすると飽きてしまいますね。
フライト時間が10時間だった場合、単純計算で朝の7時〜夕方の6時までです。自分の家にいる場合、朝から夕方までずっと何もせずに椅子に座っているのは苦痛ですよね。

飛行機内での過ごし方は以下のようなものがあります。

・持ってきた本や雑誌を見る
・パーソナルモニターで映画や番組を楽しむ
・スマホやタブレット・携帯ゲーム機でゲームを楽しむ
・音楽を聴く
・寝る
・酒で一杯やりながら過ごす


ほかにも「自分はこういう楽しみ方で過ごす」というこだわりがあれば全く問題ないのですが、要は楽しければどんな過ごし方でもいいのです。周りに迷惑をかけない程度に楽しんでください。


持ってきた本や雑誌を見る

座席にも機内誌やちょっとした雑誌のようなものはありますが、自分に興味のない内容のものなら、ペラペラっとめくって終わってしまいますね。
自分で用意した本や雑誌などがあれば、それを見ながら機内で過ごすことができます。
夜間照明が暗くなった場合でも、座席には個人用の照明があるので、周りに迷惑をかけずに本を読むことができます。
では、どのような本がおすすめかということになりますが、海外旅行へ行くのであれば、行きの飛行機の中では旅行本やガイドブックを眺めるのがいいかと思います。回る観光地の歴史や由来などの予備知識を磨くには最高の時間と言えますね。
そういうのはしっかり下調べ済み・・・という方は小説や物語などがおすすめですね。1〜2時間で読めてしまう短編物がいいですが、これを機会に長編物にチャレンジしてみてもいいかもしれません。

ただ、あまり連続して読むと目の疲れや頭痛の原因となりますので、休みながら読書されるといいかと思います。



パーソナルモニターで映画や番組を楽しむ

長距離の飛行機ですと、エコノミークラスでも座席に個人モニターがついているケースもあります。映画や音楽などさまざまなジャンルが提供されていますので、ちょっとした暇つぶしにはいいかもしれません。
しかし、海外の航空会社の場合は、英語やその国の言語での場合が多いので、言葉がわからないとちょっと厳しい場合もあるようです。更に機体が古い場合はコンテンツがショボかったり、時には故障して使えないなんてトラブルもあるようですので、過度な期待は禁物かもしれません。

JALやANAなど、日系航空会社では、飛行機によってはとても快適なパーソナルモニターを搭載していますので、十分楽しめるかと思います。

そのほかにも飛行機の現在位置や高度、速度なども見ることができるので、どのあたりを飛んでいるのかを確認するのも便利です。



ゲームを楽しむ

以前は任天堂DSやPSP・Vitaなどの携帯ゲーム機を持ち込んでゲームをするようなスタイルが一般的でしたが、現在ではスマートフォンやタブレットでゲームを楽しむ方も増えてきましたね。

ただ、注意してもらいたいのは、スマホのオンラインゲーム(○ズドラ・○ンストなど)は、常にデータ通信のやり取りをしているため、飛行機内ではできません。よくあるスタミナが回復しないと進められないようなゲームはそれに当たりますね。
ですから、現在のスマホゲームは大半がそのような形態になっているので、飛行機内ではほとんど遊べないといっても過言ではありません。

一度ダウンロードしてしまえば、通信をしなくても遊べるようなタイプのゲームを探してみてください。

それに対して携帯ゲーム機は通信なしでも遊べるものが多いので、それらを活用してもいいでしょう。

スマホや携帯ゲーム機の電源を入れる場合は、通信機能はOFFにして、機内モードなどの設定にしておきましょう。



音楽を聴く

スマートフォンやタブレット、携帯音楽プレーヤーでお気に入りの音楽を聴きながら過ごすのもいいですよね。

飛行機内はエンジン音などの雑音が大きいため、ついついヘッドホンのボリュームを上げすぎになってしまいます。
音量の上げすぎは周りの迷惑になったり、重要なアナウンスを聞き逃したりするので、程よい音量で聞くようにしてください。



寝る

寝るのは最も手軽な時間の潰し方と言えますね。(笑)
確かに現地に到着する前に寝ておくことは体力回復にもなりますし、時差があって到着時間が朝などいいう場合は、逆に寝ておいた方が時差ボケ防止にもなります。

「自分はどこでも寝れる」と自信のある方は別として、背もたれもほとんど倒せないエコノミークラスで熟睡するのは至難の業と言えますね。逆に変な体勢で中途半端に寝てしまうと、頭痛や肩こり、寝違えの原因になります。

安眠グッズとしては、耳栓にアイマスク、携帯用のネックピロー(首枕)などがあると便利です。特にネックピローは、寝ている時も首がカックンしないので快適に眠れます。

ぐっすり寝れれば、あっという間に目的地かもしれませんね。



酒で一杯やりながら過ごす

最近ではエコノミークラスでも、無料で多くの種類のお酒を提供してくれる航空会社もあるようです。お酒とツマミでチビチビやりながら、映画や番組を楽しんでもいいかと思います。
しかし、飲み過ぎは禁物。ホテルの部屋ではなく、到着したら歩いて出なくてはいけません。ベロンベロンに酔っぱらったり、歩けないほど飲むのは周りにも迷惑がかかるので、注意しましょう。
また、普段から酒癖が悪い方は、トラブルの原因となりますので、たしなむ程度の量にしておきましょう。



飛行機内での過ごし方まとめ

機内での過ごし方は楽しければそれでいい
周りに迷惑をかけないような楽しみ方を
現地のガイドブックを読んだり、小説にもチャレンジしてみよう
日系の飛行機ならパーソナルモニターをフルに使うのもアリ
通信型のスマホゲームは遊べない場合が多いので注意
ヘッドホンからシャカシャカ音が漏れるほどの音量はマナー違反
寝るときは首や頭が痛くならないような工夫を
お酒は味わいを楽しむ程度、飲み過ぎは厳禁

基本は自分の好きなスタイルで機内の暇つぶしができれば最高です。ご紹介した以外にも楽しむ方法はいくつかあると思います。しかし、大事なのは周りに迷惑をかけてないということです。マナーを守って楽しく機内で過ごす方法を見つけてみてくださいね。






飛行機内での授乳やオムツ替え
長時間のフライトの場合、機内で授乳やオムツを替えなければなりません。しかし狭い機内でどうすればよいのでしょうか?

飛行機に乗り遅れたら
便や座席が決まっている飛行機、電車のように駆け込み乗車は基本的に不可能です。では寝坊や渋滞などで飛行機に乗り遅れたらどうすればいいのでしょうか?

海外旅行の時差ぼけ対策
時差が大きい地域へ行くと時差ほけになりやすくなります。日中眠かったり、夜眠れなかったり、とても辛いですよね。時差ボケを軽減するためのポイントなどをご紹介。

妊婦の海外旅行について
妊娠したら海外旅行に行ってもいいの? このような質問がネット上でもたくさん出回っていますよね。できれば控えた方がよいですが、どうしても行く場合のポイントについてご紹介。

海外旅行の持ち物リスト
海外旅行に必要な持ち物のリストです。しっかり準備したつもりでも、思わぬものを忘れているかも… もう一度チェックしてみましょう。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒