海外旅行の注意点と持ち物ガイド

飛行機での預け荷物の紛失について

みなさんはロストバゲージやディレイドバゲージという言葉をきいたことがありますか?
預けた荷物が何らかの原因で自分の手元に届かなくなることで、確率は低いものの、発生してしまうと大変なことになります。

航空会社に預けた荷物がなかなかコンベアから出てこずにヒヤヒヤしたことはありませんか?
ここでは飛行機での荷物の紛失や遅延についてご紹介いたします。



荷物がなくなる・遅くなる原因

荷物が行方不明になったり、自分が乗っていた飛行機に積まれずに遅れて到着するような原因はいくつかあります。

タグ付け違う飛行機に荷物が乗ってしまった
預け荷物は通常タグ(旅行カバンにつけるバーコード付きシール)で管理されています。誤った行先や便名などのタグが取り付けられると、間違えた飛行機に積まれてしまい、全く違う国や場所の空港に荷物が届いてしまうケース。

手作業によるヒューマンエラー
システムの故障などで、仕訳を手作業で行っている場合、人的ミスにより違う飛行機に乗ってしまうケース。

乗り継ぎ処理の不備
乗り継ぎがある場合に、うまく積み替えができなかったケースや、乗り換えの時間がとても短い場合になどに発生します。乗り継ぎに時間がなく、走った経験はないですか?人は間に合っても荷物は間に合わないことがあります。

不審物が疑われ、保安検査で引っかかった場合
早めに荷物を預けている場合は、出発までの時間の余裕もあるので、問題なければそのまま積み込まれますが、時間がなかったり、経由地の保安検査で引っかかったりすると、飛行機に積まれずに遅れる場合があります。

似たようなスーツケースを間違えてほかの人が持っていった
実際にはちゃんと到着空港に荷物が届いたにもかかわらず、スーツケースのデザインがそっくりだったりすると、違う人が間違えて持って行ってしまうケースがあります。



ロストバゲージとディレイドバゲージの違い

ロストバゲージは完全紛失(行方不明)
ロストバゲージとは、荷物が行方不明になり、見つからなくて紛失扱いになることを言います。中身は諦めるしかありません。

ディレイドバゲージは荷物の遅延
とりあえず空港で荷物が出てこなかったらロストバゲージ扱いになりますが、その後どこかで荷物が見つかって、遅れて届くことをディレイドバゲージと言います。ほとんど場合はどこかで荷物が見つかるので、ロストバゲージからディレイドバゲージに変化すると言えるでしょう。
ロストバゲージは航空会社が弁償しなければいけませんが、遅れについては基本的に航空会社の弁償対象外になります。ある程度は航空会社側も保証はしてくれますが、遅れたことに対する損害賠償などの請求はできません。

どちらにしてもその場で荷物が届かないので、旅行者からしてみれば大変ですね。旅行から帰ってきた帰国便ならともかく、旅行の出発便でロストすると、旅行どころではなくなってしまいます。



荷物がなくなる確率

荷物がなくなった(遅れた)という話は、遠いように見えて実はかなり身近なものでもあります。荷物のなくなる確率は国や航空会社によって大きく変わり、少ない航空会社では0.02%もあれば、多い所では2%近くになる場合も。
2%とえいば50回行けば1回当たる確率で、往復ならリスクは25分の1です。宝くじなどに比べるとはるかに高い確率ですから、他人事ではないですよね。
ほとんどの場合は後から見つかるケースで、実際にはディレイトバゲージ(荷物遅延)によるものです。完全に荷物が行方不明になる確率は更に低いです。

8〜9割の荷物は、たいていすぐに荷物が見つかり1〜2日以内に自分の所に戻ってきます。



コンベアから荷物が出てこなかったら

1.係員に事情を説明
いくら待ってもコンベアから荷物が出てこなかったら、すぐに近くの係員に事情を説明しましょう。奥を調べてくれたり、ほかのコンベアに荷物が混ざっていないか確認してくれるはずです。大きな国際空港であれば、カウンターがあると思うので、そこへ行って説明してください。

2.書類を作成
荷物を探しても見つからない場合は、空港に到着していない可能性があるので、紛失報告書を作成します。名前や連絡先、パスポートナンバーはもちろん、失くしたバッグの特徴やブランド、中身の詳細なども説明しなければなりません。

3.一旦空港を離れ、連絡を待つ
処理が終われば、一旦空港を離れます。帰国のときならそのまま自宅へ戻りましょう。海外旅行などで行きの空港の場合は、早く見つかることを祈って、とりあえず予約していたホテルなどに向かいましょう。見つかった場合は直ちに連絡をいれてもらうように念を押しておきます。特に出先の場合は荷物がないとどうしようもないので、催促電話を1日2回ほどしたほうがいいでしょう。言葉が通じなければホテルの人に代わりに電話してもらうのもいいですね。(チップははずみましょう)


4.発見の連絡
荷物が見つかったら発見の連絡があります。見つかっただけで、その空港にあるかは別問題ですので、その時にどこにあってどういう状態なのかも教えてくれます。

5.荷物が届く
空港が近い場合は取に行くこともできますが、自宅であれば宅急便などで送ってくれます。旅先で見つかったら空港へ取りに行きましょう。



旅先でロストバゲージしたら

帰りならともかく、これから海外旅行を楽しむ往路(行き)の飛行機でロストバゲージしたら大変ですよね。しかし海外旅行を中止するわけにもいきません。
だいたいロストバゲージの原因は他の飛行機に乗っちゃってるということが多いので、見つかったと連絡があっても、全然違う国であったり、地球の反対側だった・・・ということも。
多くの場合は「○○にありましたので、すぐこちらへ送り返してもらいます」となり、1.2日で持ち主の所へ戻ってきます。
しかし2〜3日の短期旅行なら、仮に戻ってきたとしても最終日とか「もう遅いわっ!」と叫びたくなりますね。

 

貴重品は手荷物として持っていると思うので、困るものと言えば着替えや衛生用品・生活用品などになってきます。
男性なら(少々OK)となるでしょうけど、女性なら化粧品や衣類がないとのはとても困りますね。

ロストバゲージの手続きをしたら、事情を航空会社に説明しましょう。「これから海外旅行なんですけど、着替えも何もないのでどうしたらいいですか?」と・・・
 

航空会社によっては「基本生活セット」をくれる場合もあります。洗面具やシャツなどがセットになったものです。また「見舞金」が出る航空会社もありますので、それで身の回りの生活用品を買ってもいいでしょう。
後から航空会社に請求できる可能性があったり、海外旅行保険に加入していると、身の回りのものを買った代金が保証されますので買ったレシートなどは保管しておくようにしてください。

詳しくは、ロストバゲージの補償についてもご参考ください。



荷物を紛失されないために

空港内部の作業員によるミスは不可抗力なのでどうすることもできませんが、自分でも荷物を紛失されないように注意する点がいくつかあります。

古いタグやシールは外しておく
よく以前の飛行機で使ったシールやタグや海外旅行カバンにベタベタ貼ったままにして「俺は海外にこんなに行っているのさ」を勲章のようにアピールしている輩がいますが、古いシールやタグは間違いの元になります。全て外すようにしましょう。勲章はスーツケースのボコボコ度(笑)で判断します。

チェックインカウンターでタグの確認を
チェックインが終わったらその場でタグの確認をします。名前・行先・便名がちゃんと合っているかどうかが重要になります。おかしいなと思ったらその場で聞き直すことも大切です。

真っ先に荷物受け取りコンベアへ
飛行機が到着し、入国検査が終わったら真っ先に荷物を受け取るコンベアの前に行き、出来れば出てくるところ付近でスタンバイしておきます。前で自分の荷物が出てくると同時に自分の荷物を取れば、他の人に間違って持っていかれる心配もありません。

荷物を手に取ったらとりあえずタグを確認
これは相手の荷物を間違って持っていかないかの確認ですが、人の荷物を持って行ってもロストバゲージに変わりはありません。思い込みで持ってしまうかもしれないので、荷物をコンベアから取り出したら、タグの名前が同じか確認しましょう。

判別しやすい荷物にする
例えば旅行カバンに目立つステッカーを貼る、カラフルな色のスーツケースベルトを使うなどして、世界に1つだけのスーツケース(オーバーですが)をコーディネートしましょう。こうすることで相手から間違えて持っていかれることを防ぎます。

最低限の着替えや生活品も手荷物へ入れておく
万一ロストバゲージになっても、とりあえず1〜2日は宿泊できる最低限度の旅行は可能なように、着替えや生活品などは手荷物に入れておくと安心ですね。ロストバゲージは突然予測できない時に発生しますから、普段から防衛対策は必要です。

高いものや思い出深いものは手荷物へ
可能性は低いものの、完全にロストバゲージ(行方不明)になるケースもあります。貴重品を預け入れることは少ないと思いますが、思い出の写真やアイテムなど、失くすと困るものは万が一に備えて手荷物に入れておくとよいですね。

海外旅行保険に入っておく
厳密に言うと、どんな理由にせよ荷物の遅れは航空会社の免責になっているため、どれだけ文句を言っても損害賠償などは請求できません。(失くしたロストバゲージは別)こんな時のために海外旅行保険に入っておくとよいでしょう。



飛行機での預け荷物の紛失まとめ

荷物がなくなる原因は実にさまざま
ほとんど場合はディレイドバゲージといって、後から荷物が見つかる
コンベアから荷物が出てこなかったらすぐ係員に相談する
往路で荷物がなくなったら、身の回りの品だけでも買う
自分でできる紛失対策もあるので、しっかりと確認しておく


手荷物の紛失は他人事のようですが、実はかなり身近に起きています。輸送過程での紛失は防げませんが、自分でも注意できる点も多くあります。いざという時焦らないように、対処法をしっかり確認しておきましょう。






ロストバゲージの補償
ロストバゲージ(荷物の紛失)をされた場合、航空会社からどんな補償をしてもらえるのでしょうか?結論は大した補償はないので、貴重品を入れないことが大切です。

国のルールを知っておこう
いくら自分は観光客とはいえ、渡航先のルールやタブーは最低限知っておく必要があります。特に宗教関係の施設や場所へ行く場合は注意しましょう。服装や行動には気をつけて。

海外旅行保険とは
海外旅行保険は海外旅行で万が一トラブルがあった際に保険金が支払われます。海外ではちょっと入院しただけでも多額の医療費が請求される場合があるので是非加入しましょう。

海外旅行保険はどんな補償がある?
病気やケガ以外でも、内容によってさまざまな補償を受けられます。どんな補償を受けることができるのかご紹介いたします。

旅行カバンの種類
海外旅行にはスーツケースが一般的ですが、用途によってはボストンバッグやバックパックなどを選ぶ場合もあります。それぞれのメリットやデメリットなどをご紹介いたします。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒