×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

ロストバゲージの補償について

飛行機の預け荷物がどこかへ行ってしまい、完全に紛失してしまうと、ロストバゲージ扱いになります。
もし荷物が見つからなかったら、航空会社はどんな補償をしてくれるのでしょうか。

ここではロストバゲージの補償についてご紹介いたします。




ディレイトバゲージは原則補償してもらえない

ディレイトバゲージとは、何らかの原因で人と荷物が一緒に到着せず、荷物だけ遅れて来てしまうことを言います。よほどのことがない限り、1〜2日以内に戻ってきますが、海外旅行に行く途中で荷物がなかったら、不便ですよね。
「楽しい旅行が台無しじゃないか!何とかしろっ!」と言っても、預け荷物の遅延による補償はないのが一般的で、たとえ遅れても最終的に利用者の手元に荷物が届けば、航空会社は一切の責任を負わないことが、約款上契約で決められています。

しかし、航空会社も「遅れたけど知りません〜」では、あまりにも酷いので、行きの海外旅行中であれば、歯ブラシや洗面具、下着、化粧品などを現地で調達した分は補償してくれたりします。「買い物して調達したいが、どこまで補償してくれのか」というのは、買い物をする前に聞いてみるといいでしょう。

逆に見舞金としてお金を渡されるケースもあり、「これで遅れた分の必要最低限のものを買ってください」ということになります。これも航空会社の裁量や、遅延した時間によって変わってきますが、2〜3日程度の遅延であれば、1人あたり100USドルくらいが相場なようです。



荷物をなくされたときの補償は?

荷物遅れとは違い、頑張って探してみたけれど結局見つからなかった場合は、完全なロストバゲージとなり、これは航空会社の責任になります。通常はなくなってから1〜2ヶ月経過し、どうしようもなくなると、航空会社から通知が来ます。

なくされたときの補償額ですが、どんなに高級なものが入っていたとしても、上限額は決まってます。上限額はワルソー条約やモントリオール条約などがあり、航空会社がどちらの条約に加入しているのかで変わってきます。

ワルソー条約では、1kgあたりおよそ3000円が限度(仮に30kgの荷物を預けていたとして、9万円が限度となります。
モントリオール条約では、荷物1つにき15万円前後(変動する)となり、ワルソー条約より条件はやや良い条約になっています。

上記のように上限額は決められてはいますが、ある程度は航空会社によって差があるので、各航空会社のルールによって決められます。



補償金額の計算方法

補償についてですが、これは自己申告制になります。しかし限度額が決まっているので、100万のアクセサリーを買ったのにと言っても、全額は戻ってきません。下記の要領で限度額までの金額が支払われます。

現地で新品のお土産や物を買った場合
レシートがあれば、額面のほぼ100%の金額を補償してもらえる。レシートがない場合は30%前後。

日用品や減価償却扱いになるので、額面の20〜30%程度
持っていった服や日用品のレシートがあれば提出してくださいと言われますが・・・「そんなもんあるかいっ!」と突っ込みたくなりますね。
仮にヴィトンの高級バッグやロレックスの腕時計が入れてあって、それらの合計が100万だったとします。「額面の20〜30%だから、30万円くらいは戻るのだろう」と思いますが、条約により上限は15万程度と決められていますから、たとえ1000万円のダイヤがなくなったとしても補償されません。
まあそのような貴重品を預け荷物に入れるアホもいないと思いますが・・・

あくまで自己申告制なので、昔かった服や日用品の値段なんていちいち覚えてないと思います。結局のところ、しっかり申請したところで、だいたいですが1荷物当たり10万円程度の補償額になるのが一般的です。お土産にかったレシートなどが残っていれば、その分をプラスしてもらえる感じですね。



高額補償を期待するなら海外旅行保険も使う

なくした航空会社がJALのように日本の航空会社ならまだしも、海外の航空会社であれば、最悪やり取りも英語になったりします。
どれだけ高く見積もっても、せいぜい10万円くらいしか戻ってこないので、あまり頑張っても意味がありません。

中には、高いお土産を買ったのに・・・や、いい服もたくさん持っていったのに・・・、と補償額に納得できない人も多いと思います。
海外旅行保険ではロストバゲージで、航空会社が補いきれなかった部分を補償してもらえる場合もあります。もちろん総額の計算になりますから、二重取りはできませんが、あまりに少ない補償額だった場合は、足りない分を保険で補えるケースもあります。
いざという時のために、海外旅行保険も強い味方となりますので、是非加入しておきましょう。




※海外旅行保険でも、加入プランによってはロストバゲージは対象外になることもありますので、事前にしっかり確認しておきましょう。



ロストバゲージの補償についてまとめ

荷物が遅れるディレイドバゲージは原則補償されない
補償の上限額は決まっており、航空会社によってばらつきがある
新品はレシートがないと、額面の100%補償がされない
生活品や中古品は二束三文、高級品と主張しても通らない
海外旅行保険によっては、補償を補うことも可能


荷物が完全に行方不明になるケースは非常に稀ですが、それでもなくなってしまうと大変です。しかし思ったほど補償されないケースもあるため、高いものや思い出深いものは必ず手荷物として客室へ持っていくようにしましょう。







盗難被害が多い国
海外旅行で多いトラブルの1つにスリや置き引きの盗難被害があります。盗難って発展途上国の方が多いと思ってませんか?実はヨーロッパなどで多発しているんです。

預け荷物の紛失について
チェックインカウンターで預けた荷物が、目的地の空港に届かなりトラブルは少ないながらもあるようです。原因はさまざまですが、なくなったらどうすればいいのでしょうか?

海外旅行保険はどんな補償がある?
病気やケガ以外でも、内容によってさまざまな補償を受けられます。どんな補償を受けることができるのかご紹介いたします。

海外旅行保険はどんなケースで補償される?
実際どんな場面で保険金が支払われるのでしょうか。ここでは具体例をあげながら、補償される内容をご紹介いたします。

乗り継ぎすると免税品を没収される?
お酒や化粧品など、液体の免税品は乗り継ぎ地の手荷物検査で没収されてしまいます。こうならないために免税品を買う場所には気をつけましょう。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒