×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

妊娠中の海外旅行について

妊娠中の海外旅行って行ってもよいのでしょうか。ずいぶん前から海外旅行を予約していたのに、つい最近妊娠がわかったなど、旅行をどうしようか迷ってる方も多いと思います。
ここでは妊娠中の海外旅行についてや、注意点などをご紹介したいと思います。





妊娠したら海外旅行は控えましょう

妊娠中の海外旅行については賛否両論です。「私は行った!大丈夫だった!」という人もいれば、「海外なんてとんでもない、家でゆっくり過ごします」という人も・・・
口コミや質問サイトでも「妊婦は海外旅行に行ってもいいですか?」という質問に対して「Yes派」と「No派」が激しくバトルしていますね。

YES派を否定するわけではないですが、私の場合、妊娠したら海外旅行はやめておいた方がいいと思います。いくら母体を気遣ってプランを組んだとしても、海外旅行は疲れます。疲れてストレスが溜まれば、流産や胎児異常の可能性は否定できません。

ほとんどの人が海外に行っても問題はありません、でも一掴みの人たちが、帰国後、または旅行中に流産してしまったというのも事実です。

海外は子供が大きくなってから一緒に行くという楽しみに取っておきましょう。海外に行く分を国内の旅行に使うというのも手ですね。温泉や旅館などでゆったり過ごすほうがリラックスできるはずです。



どうしても行く場合は妊娠4ヶ月〜6ヶ月くらいがベスト

例えばできちゃった婚でハネムーンに行く場合など、どうしても妊娠中に海外旅行に行っておかなければならないケースもあると思います。子供ができたらある程度大きくなるまで海外旅行なんて行けませんからね。

妊娠安定期に入る5ヶ月頃になると、つわりもおさまり、お腹もあまり大きくなく動きやすいので、どうしても海外旅行に行くというのであれば、妊娠4ヶ月〜6ヶ月頃がよいでしょう。



妊婦が海外旅行へ行く際の注意点

どうしても行く場合は、妊娠5〜6ヶ月くらいがベストですが、医者や体調と相談して決めることも大切です。すでに日程が決まっている場合は、その日がベストコンディションになるように調整しましょう。

長時間のフライトは避ける
長時間の飛行機は妊婦にとってストレスがたまりやすくおすすめできません。長くても4〜5時間で到着できる範囲の場所がおすすめですね。ヨーロッパやアメリカなどは12時間近くかかりますから、どうしても行くのであればビジネスクラスなどゆったりできる席を確保するといいですね。

エコノミークラス症候群に注意
妊婦は一般の人と比べると、エコノミークラス症候群になりやすいと言われています。頻繁に飛行機内では立ち上がるなりストレッチをするなり、体を動かすようにしましょう。

ハードな旅行プランは避ける
海外旅行となると、あちこち行ってみたいというのが本音ですが、できるだけゆったりできるような旅行プランにします。リゾートホテルなど、ホテル内の施設だけでも十分楽しめるような宿を選んだり、移動距離が少なくて済むようなツアーにするなど、できるだけ体の負担が少ないような予定を立てることが大切です。最近では妊婦用のツアーなどもあるようです。






妊娠8ヶ月以降は早産の可能性もある

法律上は妊娠36週(妊娠9ヶ月)までなら医師の診断書がなくても飛行機に乗ることができます。
しかし、だんだんお腹が大きくなってくるにつれて、早産などのリスクもあり、普段日本で生活していても注意しなければならない時期となってきます。

妊娠8ヶ月以降に飛行機に乗って海外旅行に行くのは、はっきり言って無謀行為といえるので、緊急事態をのぞき、飛行機に乗るのは7ヶ月くらいまでを目安に考えましょう。

ちなみにアメリカで早産となり、手術に入院になった場合、数千万円かかる可能性もあります。



海外へ行く際は必ず医師に相談しましょう

妊娠3ヶ月であろうと、7ヶ月であろうと妊婦には変わりありません。海外旅行を計画する際は、必ず産婦人科の医師と相談するようにしてください。

医者も「絶対大丈夫」とは言わないはずですし、できればやめた方がよいというはずです(まあ例外もあると思いますが)
しかし内緒で勝手に行くのだけはやめておきましょう。医者からも行ってもよい時期というのを教えてもらえるはずです。



妊婦は海外旅行保険の適用外になる場合も

妊婦は海外旅行保険の適用外になるケースも多くあります。海外で切迫早産になり、手術に入院なんてことになると、とんでもない額の治療費を請求される場合があります。
極端な例ですが、妊婦がハワイ旅行中に破水出産し、1億円超の治療費を請求されたというケースもあったようです。

一部の保険に関しては、妊娠22週までなら保険適用になるプランもあるようですが、ほとんどの保険は海外で生むと実費対応になります。ヨーロッパやアメリカなどではびっくりするほど高額なので、注意してください。




妊娠中の海外旅行についてまとめ

リスクを考えると妊娠したら海外旅行は控えた方がよい
どうしても行くのなら妊娠4ヶ月〜6ヶ月くらいがよい
長時間のフライトは避け、妊婦に合わせたプランを立てること
妊娠8ヶ月以降は絶対にやめておこう
海外旅行は医師と相談する
海外旅行保険の適用外となるので、高額治療費覚悟で

安定期である4〜6ヶ月でも、ノーリスクで行けるとは限りません。キャンセルできるのであれば妊婦の海外旅行は控えたほうがいいでしょう。どうしても行く場合は妊婦の体調に合わせながら無理のないプランを立てることが大切です。保険など金銭的なリスクも伴いますので、十分理解した上で海外旅行を楽しんでください。






赤ちゃんはいつから飛行機に乗れる?
厳密には生後8日目から乗ることができますが、生まれたての赤ちゃんは免疫力が低いので、最低1ヶ月は置いた方がいいでしょう。そのほか注意点などをご紹介。

赤ちゃん連れで飛行機に乗る持ち物
赤ちゃんを連れて飛行機に乗る場合、どんなものを準備すればよいのでしょうか。オムツや着替えはもちろん、飽きさせないようなグッズを準備するのも大切です。

飛行機内での過ごし方
長時間のフライト。あなたはどうやって飛行機の中で過ごしますか? 飛行機内で退屈しない過ごし方やコツをご紹介。

海外旅行保険とは
海外旅行保険は海外旅行で万が一トラブルがあった際に保険金が支払われます。海外ではちょっと入院しただけでも多額の医療費が請求される場合があるので是非加入しましょう。

海外旅行保険はどんな補償がある?
病気やケガ以外でも、内容によってさまざまな補償を受けられます。どんな補償を受けることができるのかご紹介いたします。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒