海外旅行の注意点と持ち物ガイド

乗り継ぎで免税品を没収される?

よく「乗り継ぎ空港で、免税店で買ったお酒や化粧品を没収された!」という話を聞きます。にわかに信じがたい話ですが、実は本当の話です。
では、なぜ乗り継ぎ空港でそのようなケースがおきてしまうのでしょうか。ここでは乗り継ぎ地で没収されてしまう理由や、免税品を買うための注意点をご紹介いたします。



没収される理由は「液体」にある

飛行機に乗る際、液体の持ち込みには制限があります。テロや事故防止のために、2007年より大量の液体は機内に持ち込めないようになりました。

それはジュースであっても、化粧水であっても、ただの水でも規制がかかり、100ml以以下の容器に入れなければなりません。

しかし、出国手続きが終わり、空港の待合ロビー内にあるお店では、液体を買うことができます。空港ロビーのお店には危ない液体は売ってないので、売店で買ったものはそのまま飛行機に持ち込んでもよいというわけですね。

待合ロビーには免税店もたくさんあり、お酒や化粧品なども買うことができます。
もちろん直行便の場合は、ここの空港で買ったものを飛行機に持ち込んでも、到着するのは目的地の空港ですから、そのまま荷物を持って入国検査を受けるだけです。

ところが、乗り継ぎの場合は経由空港で一旦荷物を持って降りなければなりません。そこでもう一度手荷物検査が待っているわけですね。この手荷物検査で液体は持ち込めないことになっているので、トラブルになるわけです。



なぜ乗り継ぎなのに手荷物検査でひっかかるのか?

なぜ自分は乗り継ぎなのに、もう一度手荷物検査をしなければならないのでしょうか?これはその国のルールが適用されているためで、たとえ乗り継ぎであっても、そこから初めて乗るお客さんと同じように手荷物検査を受けなければならないからです。

「これは免税店で買ったものだ!」と言っても聞いてくれません。その国とっては液体の出どころはどうでもよく、単に「安全上液体はいかなる理由があっても持ち込めません」というだけです。

没収というよりは、「持ち込めないので捨てるか買った場所で返品するかどちらかにしてください」と言われます。もちろん前の空港に戻ることはできないので、捨てるしかないわけですね。



液体は最後の乗り継ぎ地の免税店で買う

例えば、パリから仁川(韓国)を経由して日本へ戻ってくる場合、パリの免税店で液体を買うと韓国の手荷物検査で没収されます。ですから最後の乗り継ぎ地である韓国の免税店で買っておけば、次は日本に到着ですから没収されずに済みますね。

このように最後の経由地の免税店で液体などのお土産を買えば問題ありません。しかし、品ぞろえが豊富なパリの免税店でどうしても買いたい、というのであれば、直行便の飛行機を選ぶしかありませんね。



行き先によっては免税店側から「売れない」というケースも

このようなトラブルを防止するために、お酒・化粧品・香水などを買う場合、一般的には航空券を見せるようなシステムになっており、乗り継ぎ便だった場合は、免税店側から「経由地で廃棄しなければならいので売れません」と案内されることもあるようです。

もちろん100%ではないので、過度な信用はせず。逆に「このようなチケットなのですが、没収される可能性はありますか?」と確認したほうがよいでしょう。せっかく高いお酒や化粧品などを買っても、乗り継ぎ地で没収となったら元も子もありませんよね。



乗り継ぎでも没収されないケースもある

乗り継ぎ便であっても、没収されないケースがあります。

乗り継ぎ空港で一旦預け荷物を受け取る場合
本来はチェックインカウンターで預けた荷物は、最終到着地の空港で受け取りますが、行き先(特にアメリカ)によっては乗り継ぎ空港で一旦預け荷物を受け取るケースもあります。
このようなケースでは、出発空港で買った免税品をスーツケースの中に入れることができますね。再度荷物を預けてから手荷物検査を受ければOKです。自分の乗るルートの預け荷物のルールを確認しておきましょう。

ヨーロッパでは開封しないのを条件に購入が可能な場合も
ヨーロッパ(EU)圏内であれば、乗り継ぎ便であっても最初の空港の免税店で液体の免税品を買えるケースがあります。例えば、ロンドンからフランクフルトを経由して日本へ帰るような場合では、ロンドン⇒フランクフルトは同じEU圏内ですので、特別なルールが適用されます。
到着地まで開封をしないというのを条件とし、ロンドンの免税店で買った液体を透明の袋に入れてパッキングしてくれます。レシートや領収書も袋に貼り付けます。この状態ならフランクフルトの手荷物検査で没収されることはなく、そのまま日本へ持ち帰ることができます。
しかし対応していない航空会社もあるようなので、年のため確認してください。
また逆は認められません。日本で買った免税品をロンドンへ持っていく場合は、間違いなくフランクフルトの手荷物検査で取り上げられます。どうしても日本の免税店でお酒などを買いたい場合は、直行便を選択してください。



現地の免税品を買いたいなら直行便を選ぼう

乗り継ぎがあってしまうと基本的には乗り継ぎ地の免税店でしか、お酒や化粧品などといった液体は買えなくなります。しかし乗り継ぎ地の空港がしょぼいと思ったような免税品がなかったりしますよね。

現地の空港の免税品を買いたい、または出発時に日本の免税店を利用してお酒や香水、化粧品などを買いたい場合は直行便を選ぶようにしてください。



乗り継ぎで免税品を没収される?まとめ

乗り継ぎの場合は経由地の持ち物検査で液体はNG
行きの免税店で買ったと言い張っても聞いてくれない
乗り継ぎの場合は最後の空港の免税店で液体を買う
免税店によっては「売れない」と案内される場合も
アメリカやヨーロッパなど、一部は持ち込みが可能な場合もある
安心して免税品を買うなら直行便にする

直行便の場合は全く問題ないので、心行くまで免税品を買ってください。乗り継ぎがある場合は、さまざまなケースが考えれますので、安易に出発地の免税店で液体を買うのは避けましょう。その場合は最終経由地の免税店を利用するようにしてください。






ショッピングの注意点
海外旅行での楽しみの1つにショッピングがありますが、トラブルなども多発しています。海外でショッピングをする際の注意点を集めてみました。

免税店って本当にお得?
免税店は安い安いとみんなが言っていますが、本当にお得なんでしょうか? 確かにモノによってはお得な物もありますが、高い買い物の場合はよく考えて利用しましょう。

免税の範囲
免税の範囲にも限度があり、いくらでも日本に持ち込める訳ではありません。免税範囲を超えた場合はちゃんと申告して税金を払うようにしましょう。

上手な値切り方
海外の露店や市場などでは、店主と値引き交渉をするのも楽しいものです。観光客向けのぼったくりも横行しているので、ここでは値切りの極意をご紹介します。

機内へ持込めるサイズ
スーツケースでも一定のサイズ以下であれば機内へそのまま持ち込むことができます。機内へ持込めるサイズや注意点などをご紹介。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒