海外旅行の注意点と持ち物ガイド

ホテルのオーバーブッキングについて

海外ではちゃんとホテルの予約をしたにもかかわらず「満室です」と言われるケースがあります。
なぜ予約したのに満席になってしまうのか?これは海外のホテルの予約事情が絡んでいます。ここでは、ホテルのオーバーブッキングの仕組みや回避方法についてご紹介したいと思います。





オーバーブッキングってどういう意味

オーバーブッキング(ダブルブッキング)とは日本語で過剰予約という意味です。例えば、本来100室しかないホテルに、110件の予約を取るということになりますね。
「じゃあ10組は絶対に泊まれないでしょ?」という疑問がでてきますが、まさにその通りで、110件予約した人が全員ホテルに来たら、おっしゃる通り10組は泊まれなくなります。

日本では信用の問題もあるため、あまりこのような予約形態をしているホテルや旅館は少ないですが、海外ではごく一般的な予約方法です。



ホテル側は予約のキャンセルを見越して多めに予約を取る

ホテルを運営していると、少なくと何件かは当日に宿泊をキャンセルする、いわゆるドタキャン(土壇場になってキャンセル)があります。
100室あるホテルに100件の予約を取っていては、当日になって10件キャンセルがあった場合、90室となってしまい、10室が遊んでしまいます。せっかくお客さんのために部屋を空けておいたのに、キャンセルされたら10部屋が無駄になってしまいますね。

そこで、あらかじめキャンセルするだろうと思われる分を見越して多めに予約を取ります。普段からドタキャンが10件程度出ているホテルであれば、110件予約を取っておけば、仮に10件キャンセルが出たとしても、110-10=100となり、満室でホテルが回せるわけです。



見込みに対してキャンセル数が少ないと泊まれなくなる

しかし、キャンセルというのは変動しますから、10件キャンセルがあるだろうと予測したのに15件キャンセルがあったり、5件しかキャンセルがなかったりしますよね。
キャンセル分が多い場合は、空き室が増えるだけなので私たち宿泊客にとっては特に問題がないですが、キャンセル数が少なかった場合は客室がなくなって泊まれなくなります。これがオーバーブッキングと言われるもので、予約をしているのに部屋がないという状態になります。



既宿泊客に連泊されて部屋がなくなるケースも

例えば、天候が悪化して飛行機が飛ばなくなってしまった場合などは、既に泊まっているお客さんが追加で連泊されることもあります。そうなると部屋が足りなくなるので、実質オーバーブッキングと同じような状況が起きます。



オーバーブッキングは契約違反ではない

オーバーブッキングは世界的にも認められている免責事項となっているため、仮にホテル側から「満室なので今日は泊まれません」と言われても、ブツブツ文句を言ってもいいかもしれませんが、「誠意を見せろ!」「補償しろ」と言っても裁判では勝てません。
ホテル側の利益を守るという観点から、オーバーブッキングは合法で認められているのです。

ホテル以外でも、国際線の飛行機でも同じような方式が採用されています。



オーバーブッキングなら野宿?

今までの話を聞いていると、「じゃあ仮にオーバーブッキングで泊まれませんと言われたら、外にたたき出されて野宿なの?」と思われがちですが、実はそうではありません。
近くの同グレードのホテルへ案内されるのが一般的です。そこまでの足代(タクシー代)などはホテル側が負担してくれるのが一般的です。せっかくここのホテルがいいと聞いて来たのに…と思っている人も多いとは思いますかが、諦めて代替ホテルへ行きましょう。

部屋はあるものの、部屋のグレードが下がってしまったすることもあります。この場合は差額が返金されたり、ミールクーポンなどで補償してもらえます。また、しょぼい低グレードのホテルしかない場合でも、差額を補償してもらえる場合があります。



オーバーブッキングに引っかからないために

オーバーブッキングで満室です。と言われないためにはどうすればいいのでしょうか?ここでは引っかからないためのコツをご紹介します。

早めのチェックイン
これが一番ですね。チェックインさえしてしまえば、後のことは知ったこっちゃありません。とにかくまだ部屋が埋まらない早めの時間帯にチェックインしてしまえば、満室と言われる可能性は極めて低くなります。

遅くなりそうなら電話しておく
予定のチェックイン時間を遅れそうな場合や、そもそもチェックインの時間が遅い場合は、ホテルに電話を入れて「必ず泊まるので部屋を空けておいてください」と念を押しておくといいでしょう。予定チェックイン時間を遅れると、キャンセル扱いとされ、弾かれる可能性が高くなります。英語など言葉は大変ですが、電話1本いれておくだけでかなり違います。

身なりを整えて
噂レベルですが、ホテル側が明らかなオーバーブッキング状態となっている場合は、身なりのよい客を優先して泊めるようです。Tシャツにジーンズでチャラチャしたような格好でチェックインすると、「コイツなら違うホテルへ飛ばしても問題ないだろう」と思われ、弾かれる可能性があります。

個人的に予約した場合は要注意
旅行会社のツアー客などや、団体旅行などでは、1組だけホテルを変えたりすると後々ややこしいため、ツアー客に対してはあまりオーバーブッキングで飛ばされることはないようです。
個人で予約した場合の方が、飛ばされる可能性が高いそうなので、個人で予約した方ほど、早めにチェックインするなど対策をしておきましょう。



オーバーブッキングと言われたら?

不幸にしてオーバーブッキングだと言われたら、仕方がないのでフロントスタッフと交渉する形になります。

怒ったり・怒鳴りつけるのは逆効果
前述しましたが、オーバーブッキングはホテル側の免責となっているため、ホテル側に謝罪の気持ちはあっても、金銭的な補償はありません。日本ではありえないことですが、怒鳴ったりするのは逆効果です。相手から「なんだコイツは?」と思われると、後の交渉もスムーズにいかなくなります。

何とか泊まりたいをアピールする
旅行雑誌やネットの記事などを見せたりして、「本当にこのホテルが楽しみで来たのに、何とかならないのか」など言って、自分はどれほどこのホテルを楽しみにしていたかをアピールするのも大切です。場合によってはアップグレードされた部屋に案内される可能性もあります。

近くの同グレードのホテルを探してもらう
部屋がどうしても確保できない場合は、仕方がないので近くの同グレードホテルを探してもらいます。ホテルを替わるのを「トランスファー」と呼びますが、条件がよければ上グレードのホテルに案内されることもあります。いくつか候補を出してくると思うので、ホテル名がわかったらその場で情報や口コミなどを調べてみてもいいですね。

交通費や通信費などの請求
基本的にオーバーブッキングによる損害賠償や慰謝料はありません。精神的苦痛を与えたのでお金ちょうだいと言っても出てきません。しかし、そのホテルまでの交通費や、電話やネットを使った際の通信費は支給してもらることがあります。そのほか、タクシー無料券やバス無料券、ツアー無料券など、ホテル側でもある程度の誠意を見せてくれることもあります。
具体的な金額になる部分ですので、もらえる部分はしっかり主張してもらうようにしましょう。



ホテルのオーバーブッキングについてのまとめ

オーバーブッキングとは部屋数以上の予約を取ることを言う
海外のホテルではオーバーブッキングが一般的
オーバーブッキングは免責になっているので、金銭的補償は一切ない
オーバーブッキングになると近くの同グレードのホテルへ案内される
オーバーブッキングと言われないために対策も必要
交渉次第では条件がよくなったりする場合もあり

日本ではありえないオーバーブッキングですが、海外では遭遇するケースも多いようです。対策としては早めにチェックインすることが大事ですが、100%回避はできませんので、相手とうまく交渉する必要もあります。







飛行機のオーバーブッキング
国際線の飛行機では、しっかり予約をしてあるにもかかわらず「満席です」と言われる場合があります。飛行機のオーバーブッキングとはどのようなことなのでしょうか?

海外旅行保険とは
海外旅行保険は海外旅行で万が一トラブルがあった際に保険金が支払われます。海外ではちょっと入院しただけでも多額の医療費が請求される場合があるので是非加入しましょう。

預け荷物の紛失について
チェックインカウンターで預けた荷物が、目的地の空港に届かなりトラブルは少ないながらもあるようです。原因はさまざまですが、なくなったらどうすればいいのでしょうか?

ホテルのチップの支払い
海外旅行では必ずお世話になるホテル、さまざまなシーンでチップを支払いますが、具体的な例をあげてご紹介いたします。

海外旅行の持ち物リスト
海外旅行に必要な持ち物のリストです。しっかり準備したつもりでも、思わぬものを忘れているかも… もう一度チェックしてみましょう。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒