×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

パスポート

パスポートは海外旅行をする上で必須のアイテムです。空港や港で忘れると出国することができないほか、海外で紛失すると再発行されるまで日本に帰れなくなります。

パスポートは欲しいと思ってもその日のうちにもらえるものではありません。海外旅行が決まったら何より先にパスポートの申請を行い、早めにパスポートを入手するようにしてください。




パスポートってどんな役割があるの?

パスポートは海外であなたの身分を証明する唯一のアイテムです。パスポートがなければいくら自分が「日本人です」と主張しても、状況によっては信じてくれないかもしれません。パスポートは自分の分身と思ってよいほど大切なものですから、たかがパスポートと思わずに大切に持っているようにしてください。海外旅行でパスポートを使うシーンは、主に以下のような状況があります。

入出国の手続き
空港や港、国境での入出国審査の手続きの際には必ず提出し、入出国スタンプを押してもらいます。

ホテルでのチェックイン時
ホテルでチェックインする際にも身分を証明する意味で、パスポートの提示を求められる場合があります。

職務質問時
滅多にないですが、旅行中は現地警察などから職務質問を受ける場合もありますので、ホテルに置きっぱなしなどにせず、移動中も持ち歩くようにしてください。



パスポートを入手しよう

パスポートは外務省が発行し、申請することで発行してもらえます。必要なものとしては申請書類・戸籍謄本・住民票・証明写真・本人確認書類などが必要になります。

各都道府県に申請の窓口がいくつか設けられていますので、そこへ必要なものを持ち込んで申請します。

パスポートは赤い10年用と、青い5年用の2種類があり、それぞれ有効期限が違います。10年用は20歳以上の人しか申請できないので注意してください。

   

手数料は10年用で16000円、5年用で6000円〜11000円(年齢により異なる)で、現金ではなく収入印紙と収入証紙で支払う必要があります。

申請から発行までスムーズにいけば、だいたい1週間〜10日程度で発行してもらえます。

詳しくは下記のサイトでもご案内していますので、ご確認ください。

外務省:パスポートの申請から受領まで

外務省:各都道府県のパスポート申請窓口一覧



パスポートの有効期限を確認しよう

パスポートを以前に作った方も油断は禁物です。パスポートには有効期限があり、赤いパスポートは10年、青は5年になっています。

パスポートの有効期限の確認をうっかり忘れ、期限切れになっていたのを知らずに空港で指摘され、海外へ行けなかったという最悪のケースも考えられますので、有効期限の確認はしっかり行いましょう。


パスポートの最後のページの赤枠欄を確認してみてください。


有効期限満了日を確認します。写真の場合は2015年4月14日になっています。海外旅行に行く日はもちろん、帰ってくる日よりも有効期限が長くなっていないといけません。何かあるといけないので、ギリギリな場合は更新手続きをしておくとよいでしょう。


パスポートの有効期限が切れていたら

パスポートの有効期限が切れていたら、そのパスポートは使えませんので、再度新規発行の手続きを行います。手続き方法は初めてパスポートを発行してもらう方法と同じです。

海外旅行当日になってから期限切れに気が付いても手遅れですので、期限の確認は必ず行ってください。



パスポートの有効期限が残り1年未満なら更新も可能

パスポートの有効期限が残り1年を切っている場合は、新しいパスポートに切り替え(更新)申請することができます。費用は同じですが、戸籍謄本などの書類の提出が免除されます。

申請期間中はパスポートを預けることになるので、その間は海外へ行くことができません。注意してください。



海外旅行中もパスポートは紛失しないように

海外旅行中にパスポートをいれたカバンごと盗難や紛失に遭ってしまい、とても辛い思いをしたという苦労話をよく聞きます。海外旅行中にパスポートを失くしてしまうと、その国の領事館や大使館でパスポートを再発行してもらうまで、日本へ帰ることもできません。
現地の警察へ行ったり、申請書類を作ったりと、海外旅行どころではなくなってしまうので、パスポートは肌身離さず携帯してください。



パスポートまとめ

パスポートは旅行中必ず携帯する
パスポートの有効期限にも注意する
有効期限が近いようなら早めに切り替え申請をする。


以上3つを守っていただければ、海外旅行も慌てる必要はありません。パスポートはあなたの身分を証明するものです。失くさないように注意してください。





現地でパスポートをなくしたら?
なくすと大変なパスポート。でも海外で盗難にあったりしてパスポートをなくしてしまった場合どうすればいいのでしょうか? パスポートを紛失した際の流れなどをご紹介。

盗難をされないために
盗難されない一番の対策は、カモにされないことです。しっかりガードしている姿をアピールしておけば、相手に狙われることもありません。ガード方法についてご紹介します。

重要書類の準備
普通はお世話になることはない重要書類も、パスポートを紛失したりした時などに重宝します。万が一に備えて重要書類は必ず海外旅行に持っていくようにしましょう。

海外旅行保険とは
海外旅行保険は海外旅行で万が一トラブルがあった際に保険金が支払われます。海外ではちょっと入院しただけでも多額の医療費が請求される場合があるので是非加入しましょう。

海外旅行保険はどんな補償がある?
病気やケガ以外でも、内容によってさまざまな補償を受けられます。どんな補償を受けることができるのかご紹介いたします。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒