海外旅行の注意点と持ち物ガイド

海外旅行でパスポートを失くしたら

海外旅行中にパスポートを紛失したり、バッグごと盗難に遭い、パスポートも一緒に盗られてしまったという話をよく聞きます。
不幸にして海外旅行中にパスポート失くしてしまったら、どうすればいいのでしょうか?
ここでは海外旅行中にパスポートを失くした時の対処法と再申請についてご紹介しましょう。



そもそもパスポートは別管理しておくことが大切

失くした時の話をする前に、失くさないようにする方法をご紹介します。はっきり言っておきますが、海外でパスポートを失くすと「めちゃくちゃ辛い」です。
警察署へ紛失や盗難の届を出し、大使館へ行って再発行の手続きをするなど、とても面倒です。それに東南アジアなどではパスポートを盗まれるケースが結構多いため、そのような観光客は「マヌケ扱い」されます。

一番多いのは財布などと一緒に同じカバンにパスポートを入れているケースで、カバンごと盗られると貴重品が全滅…笑いごとでは済みませんね。

パスポートだけはセキュリティポーチなどに入れて、服の内側に首から下げておくことが大切です。これなら万が一財布やバッグを盗られても、パスポートは無事ということになります。



パスポートを失くしたらまずは警察署へ

不幸にして海外でパスポートを失くしたら、慌てても仕方ありません。パスポートを失くすとあなたの身分が外国で証明することもできなくなりますし、帰国することもできなくなります。

ツアーに参加していても、そこでツアーを中止し別行動で手続きを行わなけばいけません。もう海外旅行どころではないですね。

紛失・盗難にしても、とりあえず最寄りの警察署へ行きましょう。警察署によっては、「ここでは取り扱っていない」と言われ、大きな警察や観光警察などを紹介されるケースもあります。
日本語は通じないので、言葉がわからなければ身振り手振りで説明するしかありませんが、パスポートを盗難(紛失)したことを伝え、警察署で盗難(紛失)証明書をもらう。この証明書がないと再申請できないので必ずもらってください。




とりあえず帰るだけなら渡航書を発行してもらう

パスポートを紛失して再発行してもらう際、2つの選択肢があります。1つはパスポートの再申請(新規申請)で、もう1つは帰国のための渡航書の発行です。

海外でパスポートを失くしたら、パスポートをもう1度現地で発行してもらわないと帰れないと思っている方が多いと思いますが、実はそうではありません。

帰国のための渡航書というものを大使館で発行してもらうと、パスポートがなくてもとりあえず日本へ帰ることができます。パスポートの再申請となると、発給まで1週間程度かかりますので、その間は現地でずっと待っていないといけません。
この後もさまざまな国へ回りたいというのであれば、パスポート取得しか道はありませんが、とりあえず日本へ帰るのであれば、渡航書だけ発行してもらうほうが楽です。

渡航書の発行には、以下のようなものが必要です。

・現地警察の盗難(紛失)証明書
・戸籍謄本か戸籍妙本
・パスポート用規格の証明写真2枚
・帰りの航空券の予約票やeチケット控え
※手数料は現地通貨で3000円程度

以上の4つを現地の日本大使館へ持っていき、手続きを行えば渡航書を発行してもらえます。

日数は国によって違いがあるようですが、多くは当日か翌日には発行されるようです。

ここで問題となってくるのが、戸籍謄本や妙本の原本です。国内であれば役所に行けば発行可能ですが、海外ではそうはいきません。大使館でも戸籍謄本の発行はしていないので、家族などに日本から送ってもらうしか方法がありません。
以前は運転免許証でも良かったのですが、今の免許証は本籍地の記載がないため、受け付けてもらえない場合もあるようです。
このため、万一海外でパスポートを失くした場合に備えて、戸籍謄本は1枚持っていった方がよいでしょう。6ヶ月以内に取得したものが有効なので、以前のものを使いまわさないように注意してください。

また、パスポート用の証明写真も現地で撮ることは可能ですが、海外では規格が微妙に違うため、何度も撮り直しを要求される場合があります。こちらも写真屋さんへ行って、現地の言葉で何度も説明しないといけませんので、できれば日本から証明写真を持っていったほうがよいでしょう。

帰国のための渡航書は、日本へ帰るだけのための1回きりの使い捨てです。再度海外へ行くには、日本でパスポートの新規発行手続きを行ってください。

※帰国のための渡航書は有効期限(通常数日〜10日程度)があるので、有効期限内に日本へ帰るようにしてください。



時間はかかるがパスポートの取得も可能

旅行中違う国へも経由したい場合などでは、パスポートの取得も可能です。一般的には1週間程度かかり、手数料も現地通貨で5年用なら11000円、10年用なら16000円がかかります。

必要な書類は渡航書と同じと思ってもらえればよいでしょう。

短期的な海外旅行であれば、とりあえず帰国のための渡航書を発行してもらうのが一般的ですが、さらに海外旅行を続ける場合はパスポートの新規申請をしておきましょう。



大使館の場所・警察の場所などは事前にチェックを

パスポートを失くすと、現地の大使館(領事館)と現地警察は必ずお世話になります。旅行中は最寄りの大使館や警察の場所などをチェックしておくとよいでしょう。
旅行先によっては大使館がとても遠い場所にあり、移動だけで長い時間がかかるというケースもあります。

タイなどの東南アジアでは、日本人の盗難被害も多発しているため、警察や大使館でも専門の窓口がある場合もあります。



海外旅行保険はパスポート紛失時にも有利

海外旅行保険に入っておけば、パスポート申請にかかる費用や滞在費などを保障してくれるプランもあります。
旅行地から大使館まで遠い場合は、移動の旅費もバカになりませんし、発行までに日数がかかる場合は、現地でホテルなども急きょ予約しなくてはなりません。
わずかな掛け金でこのような費用を保証してくれますので、海外旅行保険には是非加入しておきましょう。



海外旅行で両替をするタイミングまとめ

パスポートは失くすと大変なので、必ず別保管する
パスポートを失くしたら、まずは現地警察で証明書の発行を
日本へ帰るだけなら「帰国のための渡航書」を発行してもらう
さらに海外旅行を続けたいならパスポートの新規発行をする
戸籍謄本と証明写真は日本から持っていくのがベスト
事前に大使館や警察の場所をチェックしておく
万一のために海外旅行保険に入っておくとよい


パスポートを現地で失くすと、肉体的・精神的にとても疲れます。せっかくの海外旅行が水の泡です。こうならないためにもパスポートだけはしっかり保管しましょう。また最悪失くした場合にも備えて、準備品や手続きの流れなどはひととおりチェックしておくことをおすすめします。






盗難をされないために
盗難されない一番の対策は、カモにされないことです。しっかりガードしている姿をアピールしておけば、相手に狙われることもありません。ガード方法についてご紹介します。

パスポートの準備
パスポートは忘れると海外に行けないほか、海外でなくすと日本に帰ってこれません。有効期限にも注意してください。

重要書類の準備
普通はお世話になることはない重要書類も、パスポートを紛失したりした時などに重宝します。万が一に備えて重要書類は必ず海外旅行に持っていくようにしましょう。

具体的な犯行手口
防犯対策はまず相手の手口を知ることです。知らない間に盗られることはもちろん、わざと相手の注意そらして盗む手口などさまざまです。

海外旅行保険はどんな補償がある?
病気やケガ以外でも、内容によってさまざまな補償を受けられます。どんな補償を受けることができるのかご紹介いたします。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒