×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

プレミアムエコノミークラスについて

飛行機の座席の種類としては、ファースト・ビジネス・エコノミーの3つが種類でしたが、プレミアムエコノミークラスというのを耳にしたことはないですか?
直訳すると「高級な」という意味になりますが、今回はこのプレミアムエコノミーについてご紹介したいと思います。



最近話題のプレミアムエコノミーって何?

最近ではビジネスクラスとエコノミークラスの差別化が大きく、ビジネスクラスではシートが大きくなり、フルフラットになる座席も増えてきました。サービスや座席の差が大きくなる分、価格差も大きくなり、一般の人がビジネスクラスにアップグレードには、かなりの費用がかかるため、なかなか手が出せないですよね。

そこで、エコノミークラスとビジネスクラスの中間にあたるクラス(どちらかといえばエコノミー寄りにはなりますが・・・)として、プレミアムエコノミーというクラスを設ける航空会社が増えてきました。

航空会社によって呼び名が違うことがあり、エコノミープラスやエリートクラス・エグゼクティブエコノミーなどと呼ばれることがあります。



エコノミーとプレミアムエコノミーの違い


座席の幅とピッチの広さ
航空会社によってはプレミアムエコノミー専用の座席を準備していることがあり、専用座席は一般的なエコノミークラスと比べると幅広になっていることが多いです。また以前使用していたビジネスクラスのシートを流用したりするなど、かなりゆったりと座ることができますね。
一部エコノミークラスの椅子をそのまま使っている航空会社もあるようですが、前後のピッチ幅が10cm前後開いているため、かなり開放感があります。シートを倒しても周りにそれほど迷惑がかからないのがいいですね。

特別なサービス
機内食はエコノミーとほぼ同等ですが、無料のドリンクの種類が増えたり、軽食がアップグレードされているなどがあります。

小物類のアメニティグッズが豊富
アイマスクや耳栓、歯磨きセットといったものがもらえることが多い。

エンターテイメントが豊富
飛行機によっては個人用のディスプレイが搭載されており、音楽を聴いたり、映画を見たりなど画面でさまざまなエンターテイメントが楽しめるようになっている。個人用の電源や電話がある飛行機もあります。

専用のチェックインカウンターやラウンジがある場合も
航空会社によっては専用のチェックインカウンターやラウンジがある場合があります。出発までも快適に過ごせそうですね。

預け荷物の容量が多い
エコノミーの場合、預け手荷物は23kgで1個までなどと決まっているが、プレミアムエコノミーは制限が緩い場合があります。

優先搭乗ができる場合も
ファースト・ビジネスと並んで優先搭乗ができる場合があります。エコノミーの連中を尻目に優先搭乗する優越感はたまらないですね。



価格差はどれくらい

プレミアムエコノミーは、そもそもエコノミーの正規航空券を買った人がアップグレードするための座席とも言えるので、普段から格安航空券で飛行機に乗っている人から見ると、格段に高いと感じるかもしれません。
シーズンや航空会社・便によって違いはあるものの、一般的にはエコノミークラスの格安航空券1.5倍〜3倍程度の価格になっているようです。しかし、季節によってはプレミアムエコノミー自体の格安航空券も発売されているため、運次第ではかなりお得に手に入れることができる可能性があります。

いくらビジネスクラスに比べると安いといっても、格安航空券のエコノミークラス+1.2万円で乗れるようなクラスでないので、「とにかく安い方法がいい」という方にとっては、どちらにしても高い席であることには変わりはないです・



プレミアムエコノミークラスまとめ

エコノミーとビジネスの中間的なグレードの座席
座席が広かったり、前後がゆったりしているので快適
食事や飲み物・エンターテイメントが充実している
優先搭乗や専用ラウンジなど、空港内も快適
格安航空券派から見るとそれでも価格はかなり高い
季節によっては安いエコノミークラスが見つかるかも


プレミアムエコノミークラスは、さまざまな点でエコノミークラスと差別化されているので、快適に機内を過ごすことができそうです。とはいうものの、一般的な格安航空券の値段と比べると倍近い価格設定になっているため、価格重視で行かれる方は敷居が高いかもしれません。
ビジネスクラスまでは手が届かないけれど、ゆったり過ごしたいという方にはおすすめのクラスですね。






エコノミークラスについて
一般庶民が最もお世話になるエコノミークラス。座席やサービス、料理などはどのようなものなのでしょうか。

ビジネスクラスについて
ゆったり快適に空の旅を過ごすには、やはりビジネスクラスが最適と言えますね。価格は高いですがくつろげる座席に行き届いたサービスが特長です。

ファーストクラスについて
安く海外旅行を楽しみたい方には無縁のクラスですが、死ぬまでに一度は乗ってみたいですよね。ビジネスクラスを更に磨き上げたサービスや料理が楽しめます。

航空券の種類
航空券にもさまざまな種類があるのをご存知ですか? 高い航空券ほど融通がきき、安い航空券ほど制約が多いといった特徴があります。

格安航空券の注意点
現在ではすっかり浸透した格安航空券ですが、価格がとても安い反面、多くの制約があります。値段だけで購入してしまうと、後で後悔するハメに・・・ よく注意しましょう。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒