×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

海外旅行で両替をするタイミング

海外旅行に行く際は、少なからず現地のお金も必要です。しかし、たいていの場合、日本円しかもってないので、どこかで両替しなくてはいけませんよね。

一般的には空港で両替する人が多いと思いますが、レートや手数料などを考えたことはありますか?ここでは海外旅行で両替するベストなタイミングなどをご紹介いたしましょう。



レートや手数料など、あまり考えずに両替してませんか?

海外旅行でも大きな買い物での支払いは、クレジットカードを使う方も多いと思います。しかし、現金を1円も持たずに旅行するのは、いくらなんでも無理と言えますね。
ちょっとした買い物やショッピングにも現金を使いますし、アメリカなどチップ文化が浸透している国へ行くなら、小銭の現金がかなり必要です。

そこで日本円を現地のお金に両替するわけですが、ほとんどの方が何気なしに空港で両替していると思います。しかし、両替するお金の種類によっては、とても損をしていることがあります。




米ドルとユーロは日本で両替しておこう

通貨には世界的に強い通貨と弱い通貨があります。強い通貨というのは社会的信用が高いので、手に入れておきたいものです。逆に弱い通貨というのは、あまり欲しい人が少ないというのが今の世の中です。

アメリカドルやユーロは世界的にも非常に強い通貨で、この通貨を欲しがっている国はたくさんあります。
日本円もかなり強い通貨ではあるのですが、ドルやユーロにはかないません。

一般的に弱い通貨から強い通貨に両替する場合、弱い国で替えると欲しい人が沢山いるので手数料が安くて済みます。

日本円より米ドルやユーロの方が強いので、日本で米ドルやユーロを欲しがる人はたくさんいます。そのため、あらかじめ日本で両替しておいたほうが手数料が安くてすみます。

逆にアメリカやヨーロッパについてから日本円をドルやユーロに替えようとしても、もちろん両替はしてくれますが、手数料が日本より高くなります。これは日本円はドルやユーロよりも弱く、欲しい人が少ないためです。

ですから、米ドルとユーロを両替する場合は、是非日本で両替を済ませておくとよいでしょう。



それ以外の通貨は現地で両替するとよい

日本円もどちかといえば、かなり強い通貨といえるので、米ドルやユーロ以外の通貨に両替する場合は、逆に現地へ行った方が安い手数料で両替できます。

逆に弱すぎる通貨は、現地へ行かないと両替できない場合もあります。例えばインドの通貨(ルピー)は、インドでないと両替できませんし、ルピーを日本へ持ち帰っても日本円に戻すこともできません。

日本でも両替できる主な旅行先の通貨としては、米ドルやユーロはもちろん、中国、韓国、台湾、香港、タイ、インドネシア、フィリピン、マレーシア、カナダ、オーストラリア、中東トルコ、イギリス、スイス、スウェーデンなどがあげられます。

米ドルやユーロ以外は現地で両替するといいでしょう。



日本でも小銭程度は両替しておこう

いくら手数料が高いからといっても、無一文で海外へ行くのは考え物です。現地に着いても両替所がすぐあればいいですが、なかったり閉まっていたりすれば、少し待たなければいけません。タクシーやバスに乗るのにもお金が要りますし、ちょっとした食事にも必要です。
現地の物価にもよりますが、千円〜数千円程度は両替しておくことをおすすめします。



現地で両替するのに安心なのは空港か銀行

現地で両替する場合、最も安心で手数料が安いのは銀行で両替をすることです。そんな時間もないし、面倒だというのであれば空港の両替所やホテルの両替所を使ってください。やや手数料は高めですが、変な所で両替するよりはマシです。

個人の両替所は、安心できる所であればいいのですが、観光客目当てに偽札を渡したり、抜かれて少なく渡されたりするトラブルもあるようです。現地のガイドなどに信頼ある場所を紹介してもらうのもいいですが、ガイドもグルの場合もあるので何とも言えませんね。



高額購入はクレジットカードを

どんな形にしても、現金を大量に持ち歩くのはあまりおすすめできません。途上国なら別として、先進国であればクレジットカードが使えるお店も多いので、特に高額購入はカードを使う方が防犯面からも安心です。

通貨によっては日本円に戻せない通貨もありますから、両替のし過ぎは禁物です。使う分を少しずつ両替するのが賢い方法と言えますね。



海外旅行で両替をするタイミングまとめ

米ドルやユーロは日本国内で両替する方が手数料が安い
それ以外の通貨は現地に到着してから両替するとよい
無一文は厳しいので少額は日本で両替をしておく
現地では銀行や空港・ホテルなどで両替しよう
怪しい個人の両替屋はリスクが伴うので要注意
両替は少しずつにし、クレジットカードなどと併用すること
通貨によっては日本円に戻せなくなるので要注意


少額は日本で両替しても構いませんが、まとまった額の場合は手数料でランチ1回分くらいの値段が変わってきます。大量の現金を現地で見せびらかすのも問題ですから、カードとうまく併用して使うようにしましょう。






現金とカード類の準備
海外旅行では欠かせない現金とカード、現金は便利な反面落としたり盗難に遭うと厄介です。クレジットカードやトラベラーズチェックなどを併用して賢く使いましょう。

具体的な犯行手口
防犯対策はまず相手の手口を知ることです。知らない間に盗られることはもちろん、わざと相手の注意そらして盗む手口などさまざまです。

上手な値切り方
海外の露店や市場などでは、店主と値引き交渉をするのも楽しいものです。観光客向けのぼったくりも横行しているので、ここでは値切りの極意をご紹介します。

なぜチップを払うの?
チップの習慣がない日本人にとって、本当に面倒ですよね。そもそもなぜ欧米ではチップを払わなければならないのでしょうか? そこにはちゃんと理由があります。

ショッピングの注意点
海外旅行での楽しみの1つにショッピングがありますが、トラブルなども多発しています。海外でショッピングをする際の注意点を集めてみました。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒