×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

海外旅行の生活・衛生用品の準備

海外旅行を快適に過ごす上で、生活や衛生用品を準備することはとても大切です。
荷物の関係上現地で調達することもできますが、できるだけ自分に合ったものを日本から持っていくのが望ましいと言えます。
ここでは海外旅行で必要な生活用品・衛生用品についてご紹介いたします。




生活用品・衛生用品を準備しよう

海外旅行で必要な生活用品や衛生用品はどのようなものがあるのでしょうか。1つずつ説明いたします。日本のホテルでは、当たり前のように揃っているアメニティ用品が、海外のホテルではなかったりします。特に洗面所で使うグッズは日本から持っていくようにしましょう。

タオル
旅行中汗を拭いたりする時にも使えますが、ホテルのお風呂場などでも重宝します。2枚程度薄手のものを準備しましょう。

ハンカチ
ハンカチも手を拭いたり、ちょっとした汗を拭いたりするのに役立ちます。2〜3枚は必ず準備してください。


ポケットティッシュ
何かと使う機会が多いと思うポケットティッシュ。一部途上国や地方では、公衆トイレに紙が置いていない所もあるので、多めにあると安心です。帰りの荷物が気になったら、現地で捨てることも可能なので、必ず準備してください。

ウェットティッシュ
おしぼり替わりとしてや、便座を拭いたりなどなどさまざまなシーンで使えます。ポケットティッシュのような携帯用がおすすめです。

マスク・リップクリーム
渡航先によってはホコリっぽい環境(特に中国など)の場合があります。また飛行機内などは密閉されている上に乾燥し、他のお客さんから吐き出されたウイルスも蔓延しています。使い捨てマスクをいくつか用意しておきましょう。口の乾燥防止にリップクリームもあると便利です。

歯ブラシ・歯磨き粉・クシ
歯ブラシや歯磨き粉、クシなどは、日本のホテルや旅館では当たり前のように置いてありますが、海外では置いていない所も多くあります。海外の場合は使い慣れたものを持っていった方がよいでしょう。

シャンプー・コンディショナー
海外のホテルでも、シャンプーやコンディショナー、石鹸などのお風呂用品は揃っています。しかしタイプが日本とは異なるので、肌に合わないなど気になる方は使い慣れたものを小分けして持っていくとよいでしょう。

カミソリ・シェーバー
日本では当たり前のように置いてあるT字カミソリなども、海外ではほとんど置いていません。髭剃り用品は日本から持ち込みましょう。

整髪料
小さい携帯タイプのものが望ましいですが、小分けしたボトルなどに入れておいてもよいと思います。スプレータイプのものは飛行機に載せられないので注意してください。

生理用品
旅行中の疲れやストレスから、急に来る場合も考えられます。予定日に関係なく持っていった方がよいでしょう。現地ではすぐに買えない場合もあり、服など汚してしまうと替えがなく大変です。

化粧品
使い慣れたものを持って行ってください。飛行機の機内へ持ち込む場合は、100mlを超える容器は持ち込めません、スプレータイプは機内・預入両方ダメで、空港で捨てるハメになります。

日焼け止め
ハワイやグアムなど、熱帯地方へ旅行に行くにはもちろん必要ですが、それ以外でも場所によっては日差しが強い場合があるので、日焼け止めは必ず準備しましょう。

コンタクトレンズ洗浄液
コンタクトレンズをしている方は、保存容器を含め、洗浄液や保存液なども忘れないようにしてください。

耳かき・爪切り用具
短期旅行の場合は必要ありませんが、1週間を超えるような長期旅行の場合は、ネイルケア用品や耳かきなどの携帯セットがあると便利でしょう。



できるだけ携帯タイプのものを準備しよう

衣服の比べれば場所を取らない生活用品といえども、あれこれ準備すると、かなりの量になりますね。普段家で使っているものをそのまま持って行っても問題はないものの、必要以上の量だったりすると重いだけです。

化粧品やシャンプーなどは、使う分だけ小さいボトルなどに入れて持っていくようにします。宿泊日数分だけ準備すれば無駄もなく、軽くて済みます。

使い捨て・少容量を基本とし、できるだけ携帯しやすい大きさにして準備してみてください。



現地で捨てることも考えよう

帰りはお土産などを中心に買うことになり、行き以上に荷物が増えるものです。生活用品や衛生用品は、使い捨てタイプのものにすると、帰りは現地に置いてくることも可能です。

例えば、シャンプーやコンディショナーは使い切りタイプのミニボトルを選んだり、100円ショップに売っているボトルなどに入れ替えておけば、帰りはボトルごと捨てることも可能です。

化粧品や整髪料なども同じことが言えるので、液体のものは現地で使い切る量を調整して準備するのも賢い方法です。

帰りはこれらがなくなるだけでも荷物のスペースが確保できることでしょう。



現地調達は最終手段にしよう

忘れたり足りなくなったら「現地で買えばいいや」と、楽観的に考えている方も多いと思いますが、想像している以上に現地で調達するのは面倒です。
ツアーであれば自分勝手に行動できませんし、自由時間になる夜間では、多くのお店が閉まっている可能性もあります。

また、文字が読めなければどんな効果や効能があるかわかりませんし、言葉が通じないと店員に聞くことすら困難です。

現地調達は最終手段と考え、できるだけ日本から持ってくることを心がけるようにしてください。



生活用品・衛生用品の準備まとめ

海外のホテルでは、アメニティグッズが充実していない
生活・衛生用品は1つでも忘れると大変不便
普段使い慣れたものを持っていくとよい
液体関係は使う分だけ小分けして持っていく
使い終わったら容器ごと捨てられるようにする
現地での調達は最終手段として考える


海外ではハイクラスのホテルでも、アメニティグッズがしょぼい場合もあり、洗面用具は日本から持っていくか、現地のホテルの装備を確認しておいてください。液体は使う分だけ小分けし、使い終わったら現地で捨てられるようにしておくと便利です。






海外旅行の持ち物リスト
海外旅行に必要な持ち物のリストです。しっかり準備したつもりでも、思わぬものを忘れているかも… もう一度チェックしてみましょう。

衣類や着替えの準備
スーツケースも無限に入るわけではなく、あれもこれもと持っていくとかなりの量になってしまします。旅行先や季節・用途などに合わせて賢く服を選んでください。

靴の準備
外見だけで靴を選ぶと海外旅行で大変な思いをすることも・・・ 確かにお洒落も大切ですが、履きなれた靴や、疲れにくい靴を選ぶことが大切です。

飛行機内での過ごし方
長時間のフライト。あなたはどうやって飛行機の中で過ごしますか? 飛行機内で退屈しない過ごし方やコツをご紹介。

スーツケースの大きさ
スーツケースにも用途や滞在日数に応じてさまざまな大きさのものが出ています。あまり小さいものを選びすぎると荷物やお土産が入らないことも・・・

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒