海外旅行の注意点と持ち物ガイド

海外旅行で写真を撮る際の注意点

海外旅行では日本と違う見慣れない景色に、ついついシャッターを切っていろんな場所を撮ってみたくなりますね。
しかし、海外では撮影が厳しく制限されている場所もあるので、うっかりが大変なことになる場合もあります。
ここではマナーも含めて海外旅行で写真を撮る際の注意点をご紹介いたします。




撮影禁止場所に気をつける

日本でも撮影禁止場所というのがありますが、それはほとんどが屋内や展示物など一部のものに限られます。
しかし海外では以外に屋外でも撮影禁止場所が多く、場合によっては写真を撮っただけで逮捕されるケースもあります。観光地などでは、撮影禁止マークなどが表記されているため、容易に判断がつきますが、街中ではそのようなマークがないため注意してください。以下のようなポイントは特に気をつけましょう。

軍事施設
海外の軍事施設は特に要注意で、例え外国人であっても下手をすると拘束・逮捕される場合があります。何気なく景色を撮っているつもりでも、偶然軍事施設が写っていたりしても、指摘を受ける場合があるので気をつけてください。日本の自衛隊の設備を撮るのとは訳が違いますので、興味本位で撮影しないようにしましょう。

警察署・政府の建物
軍事施設とまではいきませんが、警察署や政府管轄の建物などを撮影すると、スパイや犯罪者と間違われることもあります。こちらも注意しましょう。観光地化されている文化財級の建物であれば、政府の建物でも撮影が可能な場合もあります。

空港や駅・港など
空港や駅構内も場合によっては撮影を禁止している場合があります。記念的に1〜2枚撮るのならともかく、あちこち撮りまくっていると、警察や警備員に目を付けられる場合もあります。特に航空ファンや撮り鉄の方は要注意です。

国境付近
国境付近の建物は撮らないようにしましょう。入出国ゲートや橋なども注意してください。

交通機関
高速道路や橋梁なども、滑走路の代わりとなる場合があるので、あまり撮らない方がよいでしょう。

美術館・博物館などの撮影禁止箇
これは日本国内でも同じことが言えますが、一部の美術品や展示物などが撮影禁止になっていたり、場合によっては建物ごとNGという場合もあります。撮影OKでもフラッシュが禁止されていることもあるので、うっかり光らさないように注意してください。

寺院・教会・宗教施設
一般的に観光地化している施設は撮影OKの場合が多いですが、それでも一部分が撮影禁止であったりしますのでご注意ください。観光地化されていない施設は事前に聞いてみた方がいいでしょう。

人物はできるだけ撮らない
どこでも人物を故意に撮ることは好まれません。特に中東の女性や、一部諸国の少数民族など、興味本位で撮るとトラブルになるケースも報告されています。撮影をする場合は撮ってもよいかを本人に聞いてから撮影するようにしましょう。


日本では当たり前となっている、ブラブラ街中を歩きながら撮影する行為。海外ではあまり歓迎されず、街中であっても撮影していると警察官などに呼び止められる場合があります。
完全に観光地化されている場所は別として、日本と同じ感覚であちこち撮影するのは控えた方がいいと言えるでしょう。

どうしても撮影したい場合は、撮影前に付近の警察官に聞いてみたり、ホテルで確認するようにしてください。



フラッシュ禁止に気をつける

撮影が禁止されていない場所でも、フラッシュ(ストロボ)の使用には注意やマナーが必要です。
博物館や美術館などは、展示物を光で傷めてしまう可能性があるので、ほとんどの場合フラッシュ禁止です。また、動物園や水族館などでも、動物に悪影響が出るため、フラッシュを禁止しています。
フラッシュ禁止をしていないようば場所でも、場のムードを壊すような(例えば暗い雰囲気のカフェなどで堂々とフラッシュを使うなど)場合はフラッシュを控えた方がいいと思います。

最近ではカメラの性能が上がり、少々暗い場所であっても高感度撮影ができるので、はじめからフラッシュを使わないような設定にしておいた方が安心です。オートモードなどで撮影すると、フラッシュを使うつもりでなくても、自動的にフラッシュが使用されてしまうので要注意。

フラッシュは使わない設定にしておくことがミス防止に役立ちます。



スマホを使う場合はひったくりに注意

最近のスマートフォンのカメラは高画質・高機能化が進み、海外旅行でもスマホをカメラで撮影する人も多いのではないでしょうか。
しかし、スマートフォンを狙ったひったくりも横行しているので、撮影する時は注意してください。スマートフォンケースにワイヤーやひもを取り付けておくだけでも防犯効果が増します。
とくに新型のiphoneが狙われやすいので、そのまま撮影する場合は、特に気をつけてください。



自撮り棒を禁止している場所も多い

スマートフォン用で手軽に自分と景色の写真が入れられる自撮り棒。非常に便利で、爆発的に普及しています。
しかし、普及するにしたがってマナーの問題やトラブルも多発し、社会問題化し始めています。日本の施設も含めてそうですが、海外でも自撮り棒の使用を禁止している動きが出ていますので注意してください。

海外でもテーマパーク、動物園、美術館・博物館、イベント会場、リゾート地などで、自撮り棒を禁止している施設があります。また混雑した街中でも使用すると注意されることがあるので、自撮り棒を使うときはくれぐれも注意してください。

どうしても自分を入れて撮る場合は、「三脚で堂々と撮る」、「周りの人にお願いして撮ってもらう」などの方法があります。そもそも自撮り棒が普及する前は、このような方法で撮影していましたし、お願いすることで人と人とのコミュニケーションも生まれます。




撮影禁止かどうかはとにかく聞いてみること

明らかに写真撮影禁止と表記してある場所は別ですが、場所的に「う〜ん微妙・・・」という場所もありますよね。そんな場合は周りの人や係員などに遠慮せずに聞いてきましょう。「OK」と言われれば儲けものですし、「No!」と言われたら撮らなきゃいいだけの話です。

便利な英会話としては・・・

ここで写真を撮ってもいいですか?
May I take pictures here?

というフレーズがあります。しかし、カメラを少し上にあげて「OK?」と聞くだけでも、相手に伝わりますので、それのほうが手っ取り早いですね。

私の写真を撮ってくれませんか?
Could you take a picture of us please?

これで相手に自分たちの写真を撮ってくださいとお願いできます。自撮り棒が使えない場所で自分の写真を撮ってもらう場合は、このようにしてお願いしましょう。



デジタルカメラの準備まとめ

公共の場所での撮影は要注意
フラッシュははじめから使わない設定にしておくのが吉
iphoneなどのスマホはひったくられないように注意
自撮り棒は海外でも禁止している施設が多い
迷ったら周りの人や係員に撮影可能か聞くこと


日本では空港や駅などを撮影しても何も言われませんが、海外ではかなりシビアです。特に軍事施設を撮ると観光客でも捕まる恐れがありますので、公共の場所での撮影は要注意です。また、フラッシュなど基本的なマナーは日本と同じですので、時と場合を考えて使うようにしましょう。






盗難をされないために
盗難されない一番の対策は、カモにされないことです。しっかりガードしている姿をアピールしておけば、相手に狙われることもありません。ガード方法についてご紹介します。

海外旅行保険とは
海外旅行保険は海外旅行で万が一トラブルがあった際に保険金が支払われます。海外ではちょっと入院しただけでも多額の医療費が請求される場合があるので是非加入しましょう。

海外旅行保険にはどんな補償がある?
病気やケガ以外でも、内容によってさまざまな補償を受けられます。どんな補償を受けることができるのかご紹介いたします。

海外旅行の持ち物リスト
海外旅行に必要な持ち物のリストです。しっかり準備したつもりでも、思わぬものを忘れているかも… もう一度チェックしてみましょう。

機内へ持込めるサイズ
スーツケースでも一定のサイズ以下であれば機内へそのまま持ち込むことができます。機内へ持込めるサイズや注意点などをご紹介。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒