×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

海外旅行の一般的な食事マナー

海外といえども、その地域によってかなり食事スタイルが変わってきますが、私たちが一般的に欧米へ海外旅行へ行った場合の食事マナーについてご紹介いたします。
普段から日本スタイルが染みついていると、知らない間にマナー違反をしているかもしれません。ここでは日本人がついうっかりやってしまいそうな食事マナー違反についてご紹介いたします。



食事中の音は出さない

食事中の音のマナーは基本中の基本、欧米人がレストランで最も不快と感じるのが、ズルズルすすったりする音だそうです。
日本人は味噌汁・スープ・ラーメンやうどんなどを食べるとき、当たり前のようにズルズルっと音を立てて食べますよね。しかし、何も考えないと海外のレストランでも無意識にやってしまいがちなマナー違反です。

レストランで大っぴらにゲップやオナラをしている人を見ると、とんでもなく不快に思いますよね。欧米人から見ると、ズルズル音を立てて食べている人を見ると、同じくらい不快に思うそうです。

スープをスプーンで飲む際も、ついつい空気を一緒に音を立てて飲んでしまいがちですが、意識して音を出さないようにしましょう。それからパスタも要注意です。麺と同じく最後の一口をついズルッといってしまいそうになります。

とにかく音を出すのは日本へ帰ってくるまで我慢していただいて、できるだけ音をたてないように食事をすることが大切です。



食器を持たない

日本ではお茶碗や汁物などは、持ちながら食器を口につけて頂きますが、欧米では食器を持って食べるのはマナー違反です。
空いている手を食器に添えるのもあまりよくないので、食器類には触らない方が賢明です。

ついつい底に残ったものをスプーンで口にかきこみたくなりますが、牛丼のような食べ方も欧米ではもちろんやってはいけません。



お冷は出てこない

日本ならレストランをはじめとするさまざまな飲食店で、テーブルに座るとお冷やお茶が出てきます。おかわりは自由で、何杯飲んでも無料です。
しかし、海外では無料でお冷やお茶が出てくることはありません、お水を頼むと「ミネラルウオーター」が出されて、しっかりとお金がかかります。
しかも、欧米では結構お値段も高めです。それならジュースやお酒などを頼んでしまった方がいいかもしれません。
お冷も有料ということをお忘れなく。



ワインなどは自分でつがない

日本だと、ついつい接待ビールの間隔で、まあまあどうぞどうぞと自分からお酒を注いだりするものですが、欧米ではお酒を注いだりするのもウェイターのお仕事です。ワインが減ってくると継ぎにやってきてくれます。
いつまでたってもウエイターが来なかったり、とても忙しそうな場合以外は自分で継がないように注意しましょう。



ウエイターを声を出して呼ぶのはマナー違反

日本だと注文をする際に「すいませ〜ん!」とスタッフを呼ぶこともあると思います。しかし、欧米のレストランで大声で呼ぶのはマナー違反です。
海外では定期的にウエイターが御用聞きのように回ってくるので、その時に要件を言ったり、またウエイターに向かって軽く手を挙げて呼ぶようにしましょう。
また、欧米では各ウエイターの担当するテーブルが決まっていますから、その方の顔を覚えておいて、できるだけその人にお願いするようにします。



割り勘で別々に会計をしない

欧米では1つのテーブルにおいて別々に会計はしません。むしろ割り勘で会計ができるのは日本くらいで、海外だととても嫌がられます。
割り勘をする場合は、レストランのレジで誰か1人がとりあえずまとめて会計を済まし、レストランを出てから割り勘をするか。レストランから出る前にお金のやり取りをして精算係を決めておきましょう。



会計はテーブルで行う

出入口にレジなど、海外では危なくてそんな会計システムは行っていません。支払いやお釣りの受け渡しもすべてテーブルで行います。うっかり伝票を持って入口付近をウロウロしないようにしてください。



海外旅行の一般的な食事マナーまとめ

食事中の音はできるだけ立てないようにする
食器を持ったり、直接食器に口を持っていって食べない
お冷は出てこない。ミネラルウオーターとして注文する
ワインを注いだりするのはウエイターの仕事
係員を大声で呼んだりしない
会計はテーブルで行い、別々ではなく一括で行うこと


これらのマナーは欧米のレストランの一般的な食事マナーです。中国や韓国、東南アジアや中東諸国では国によってマナーやルールも違ってきます。海外へ行く前にはその国の食事マナーを少し把握するだけでも、現地で赤っ恥をかくこともなくなりますので、是非勉強しておいてください。







国のルールを知っておこう
いくら自分は観光客とはいえ、渡航先のルールやタブーは最低限知っておく必要があります。特に宗教関係の施設や場所へ行く場合は注意しましょう。服装や行動には気をつけて。

レストランのチップの支払い
レストランでもウエイターにチップを支払わなければなりません。どのタイミングで支払ったらよいかなど、分かりやすく説明いたします。

事件や事故に巻き込まれないために
最近では日本人観光客が海外でケガをしたり死亡したりするニュースを耳にします。いくら安全な国とはいえスポット的には危ない場所が存在します。

なぜチップを払うの?
チップの習慣がない日本人にとって、本当に面倒ですよね。そもそもなぜ欧米ではチップを払わなければならないのでしょうか? そこにはちゃんと理由があります。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒