×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

航空券の種類

航空券にはさまざまな種類があるのを知っていますか?エコノミーやビジネスクラスなども種類の1つですが、融通の利く航空券や、そうでない航空券など実に多くの種類があります。これらはチケットの価格の違いにも関係しています。ここでは格安航空券も含め、航空券の種類についてご紹介いたします。



航空券の種別

航空券には主に3つの種別があり、「正規航空券」、「正規割引航空券」、「格安航空券」に分かれます。

正規航空券(ノーマル航空券)
国際航空運送協会(IATA)決めている定価運賃の航空券で、最も値段が高いが、最も融通がきく航空券の1つ。
買ってから1年間有効で、航路・日程・航空会社などの変更も可能です。キャンセルでの払い戻しもでき、何でもワガママが言える航空券ですね。世界の航空会社の基準となる航空券で、定価なため非常に高価です。例えばエコノミークラスでも日本からヨーロッパまで70〜80万円の運賃がかかります。
一部の企業や法人が買うような航空券で、価格の高さから個人が買うことはまずない航空券ですね。


正規割引航空券(PEX航空券)
正規航空券の運賃では、とてもじゃないけど乗客が寄り付かないので、各航空会社が割引して販売している航空券のことをいいます。正規航空券に比べると融通に制限はあるものの、日程の変更やキャンセルなども可能です。(手数料がかかる場合もあり)
割引率もかなり高いので、多くのビジネスや海外旅行のシーンで購入されている航空券です。価格は航空会社や時期によって大きく違います。


格安航空券
もともと格安航空券は、航空会社がツアー用に旅行会社に卸している航空券で、本来は個人に出回らないチケットでした。しかし、それを個人にも買えるようにばら売りされるようになったのが格安航空券です。
時期によってはとても安く買うことができますが、日程の変更やキャンセル、座席指定などができないものが多く、かなり制限が多いチケットとも言えますね。最近ではインターネットなどでも格安航空券が手軽に買えるようになったため、ツアーを申し込まなくてもリーズナブルに海外に行けるようになりました。しかし、シーズンとオフシーズンでかなり価格変動大きいので、注意してください。



格安航空券のOPENとFIXってどういう意味?

格安航空券には、OPEN・FIXという言葉が出てきます。これは、後から日程の変更ができるかどうかを意味するもので、全部で3種類あります。



OPENチケット
OPENチケットとは、帰りの日程を自由に決めることができるタイプのチケットです。とりあえず出発日は決まっているけど、いつ帰るか未定という方向きで、現地に着いてから帰りの日取りを決めることができます。長さには制限があるため、10日OPEN、30日OPEN、1年OPENなどが決まっています。
OPENチケットは格安航空券の中でも価格が高く、期間が長いほど更に高くなります。
注意点としては1年など長い期間のOPENチケットの場合、ビザがないと入国拒否をされる可能性があります。
 


FIXチケット
FIXチケットとは、行きも帰りも日程や便がカッチリ決まっており、後から変えることができないチケットのことを言います。こちらも14日FIXや30日FIXなど種類があり、14日FIXなら出発日と帰国日を14日以内でしか設定できませんという意味です。また5日〜14日FIXというにもあり、これは行きと帰りの便を最低5日以上空けないといけないという意味です。
予定をきっちり組んだ海外旅行などにはおすすめですが、予定の変更の可能性がある場合はキャンセルできないので注意が必要です。格安航空券の中では最も安く買うことができるチケットの1つです。
 



FIX/OPENチケット
航空券を予約する時は、行きも帰りも日程を決めて買いますが、帰る日の日程を変えることができるチケットです。OPENチケットと似ていますが、変えることができるのが1回きりだったり、変えるのに手数料が必要だったりと、航空会社によって条件があります。
帰りの日程を一応決めてあるけど、もしかしたら変わるかも…という方にはおすすめの航空券ですね。格安航空券でもこの形態になっているものもありますので、予約時に確認してみるといいでしょう。
 



正規割引航空券も場合によっては強い味方に

正規航空割引券(PEX航空券)は格安航空券に比べると割高ですが、シーズンによっては格安航空券と価格差があまりないこともあります。
基本はその航空会社でチケットを買うことができますので、各航空会社のWEBサイトから購入するようにしてください。旅行会社や予約サイトでも購入可能ですが、手数料がかかったります。基本的に正規割引航空券はどこで買っても値段は同じですから、航空会社で買うのが安心ですね。



旅行会社で売っているチケットの大半は格安航空券

HISやJTB、楽天トラベルなどの旅行会社で扱っている航空券の大半は格安航空券というものです。行先や日程を決めて検索すると、さまざまな価格の候補が出てきますね。
中にはとんでもなく高かったり、すごく安かったりするものがありますが、シーズンや航空会社、販売価格によって変わってきます。正規航空券や正規割引航空券が欲しい場合は、その航空会社のWEBサイトから購入したり、直接電話して予約するようにしてください。



航空券の種類一覧表

ここでは上記で説明したものなどをわかりやすく一覧表にしたものです。どうぞ参考にしてください。
(あくまで一般的な目安であって、航空会社によって違う場合があるのでご注意ください。)

   正規航空券  正規割引航空券  格安航空券
 価格 とても高い
(基本的に1年中同じ)
 やや高い
(場合によっては安いものもある)
 FIX:最も安い
OPEN:安い
(シーズンで変動が激しいのでかなり高額になることもある)
 キャンセル
(払い戻し)
 可能  条件付きで可能  不可(例外もあり)
 帰りの日程変更  可能  一部可能  OPEN及びFIX/OPENチケットなら条件付きで可能
 航空会社の変更  可能  不可  不可
 経路の変更  可能  不可  不可
 期間 1年  1〜3ヶ月  FIX:5日〜1ヶ月
OPEN:1ヶ月〜1年
 事前の座席指定  可能  可能  不可(一部可能な場合もあり)
 マイル加算  100%  70〜100%  0〜50%程度(例外もあり)
 マイルのアップグレード  可能  可能  不可
 買える場所  航空会社  航空会社
(旅行会社でも可能だが手数料が必要)
 旅行会社

航空券は価格に比例して制限が少ないのが特徴です。正規航空券は値段がとても高い分、何でもワガママがきく航空券ですね。逆に格安航空券は値段が安い分、さまざまな制約や制限があります。




航空券の種類まとめ

航空券の種類は大きく3種類
正規航空券は融通が一番きくが、値段は最も高い
格安航空券は融通が効かない分、とても安い
正規割引航空券は使いどころによっては強い味方になる
FIXチケットは日程の変更ができない
OPENチケットは後から帰りの日程を変えることができる
旅行会社で扱っているチケットの大半は格安航空券


このように航空券の種類についてご説明してきましたが、海外旅行で使うチケットの場合は、あらかじめ日程をしっかり決めていますからほとんどがFIXの格安航空券になると思います。予約する際にどんな意味かよく分からない時は参考にしてください。





航空券はどこで買える?
以前は航空券といえば、旅行代理店の窓口や航空会社で買うのが一般的でしたが、最近ではインターネット上で買うのが主流になってきました。

航空券の価格変動について
割引航空券や格安航空券は季節や時間によってチケットの値段が激しく変化します。どういった理由で価格が変動するのでしょうか?

航空券の価格の内訳
航空券には単にチケット代だけではなく、さまざまな諸費用が加算されています。特に燃油サーチャージのウエイトが大きく、航空券が高くなる要因の1つになっています。

格安航空券の注意点
現在ではすっかり浸透した格安航空券ですが、価格がとても安い反面、多くの制約があります。値段だけで購入してしまうと、後で後悔するハメに・・・ よく注意しましょう。

飛行機に乗り遅れたら
便や座席が決まっている飛行機、電車のように駆け込み乗車は基本的に不可能です。では寝坊や渋滞などで飛行機に乗り遅れたらどうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒