海外旅行の注意点と持ち物ガイド

航空券の価格の内訳について

航空券は、単にチケットの値段だけではなく、さまざまな費用が必要となります。
一般的にはチケットを買う際に、これらの諸費用も込みとして購入するため、「あれ?チケット代よりずいぶん高いなあ」と思ってしまうこともあるかと思います。ここでは、航空券の価格の内訳や中身についてご紹介いたします。



飛行機に乗るにはいろいろな諸費用がかかる

飛行機に乗るためにはチケットの代金だけでなく、ほかにもさまざまな諸費用がかかります。

航空券代
いわゆる航空券の代金のことです。WEBサイト上での価格も航空券の代金だけを表記している場合が多いです。

空港使用料
空港ってタダかと思いきや、ちゃっかりお金を取られています。空港によって価格が違いますが、500円〜2000円程度のお金がかかります。乗り継ぎだと経由地の空港使用料もしっかり取られるので注意しましょう。

海外諸税
いわゆる出国税のことです。空港使用料と一緒になっているこもと多いので、まとめて空港使用料・諸税としてプラスされています。

燃油サーチャージ
燃油サーチャージとは、飛行機の燃料代のことです。「え〜っ!それって航空券代の中に入っているんじゃないの?」と納得しない人も多いですが、原油価格高騰により燃料費を別途支払う必要があります。
日々変動しているため、概ね2ヶ月に1度ペースで燃油サーチャージの価格も変動します。これがクセモノで、燃料費が上がるとかなり上乗せされる場合があるため、せっかく安いチケットを手に入れたつもりでも、トータルするとかなり高くなることがありますね。もちろん距離が近いほど安く、遠いほど高くなります。

このように飛行機に乗るためには4つの費用を合計したものが必要になりますから、トータルは以下のようになります。

航空券:75,000円
空港使用料・海外諸税:5000円
燃油サーチャージ:18000円
合計:98,000円

航空券だけで判断し「75,000円で買える!」と思っていても、トータルでは結構高くついてしまいますね。しかし諸費用や燃油サーチャージは必ず支払わないといけないので、諦めましょう。

通常これらの諸費用は、チケットを購入する際に自動的に足して計算されます。



燃油サーチャージはどれくらい変動するの?

燃油サーチャージは2005年頃から導入されましたが、例えばヨーロッパへの飛行機の場合は、導入直後の燃油サーチャージは10000円程度でした。それが少しずつ上がりはじめ、2006年には25000円、2008年前半では40000円になりました。燃料費が最も高騰した2008年の後半には70000円近くまで燃油サーチャージが上がり、海外旅行を控える動きもあったようです。
2015年現在は、20000円〜25000円程度を推移しています。

原油価格の変動がよくわかる身近なことと言えば、灯油やガソリン代などがありますね、ガソリン代が高くなってくる=原油価格が上がっていると考えればよいので、燃油サーチャージも比例して高くなるということになります。

普段から車を運転している方は、敏感にわかるのではないでしょうか。



燃油サーチャージは安いときに買っておくとよい

燃油サーチャージの価格は2ヶ月ごとに見直され、時期が近づくと次回は上がる、下がるなどといった情報が出てきます。

燃油サーチャージの費用は、飛行機に乗る日の原油価格ではなく、チケットを買った日の原油価格で決まるため、燃料費が安いときに買っておくこともできます。ヨーロッパやアメリカなど、遠い場所ほど燃料費の上下も激しくなりますから、燃油サーチャージの価格は気になる所ですね。

逆に買った時より更に安くなることも考えられますが、直前だとチケット自体の価格が上がったりしていることもあるので、全体のバランスを見極めながら購入するといいでしょう。



航空券の価格の内訳まとめ

飛行機に乗るにはチケット代のほか、さまざまは諸費用が必要
諸費用には空港使用料や燃油サーチャージなどがある
燃油サーチャージは原油価格によって変動する
原油価格が安いときにチケットを買っておくのも手


このように飛行機に乗るためにはチケット代にほかに、使用料や各諸費用、燃料代などが別途追加されます。
以外と高くつく可能性があるのが燃油サーチャージ代です。ピーク時の2008年では、チケット代と変わらないほどの価格になったこともありました。
やけに高くなる・・・と思うかたも多いとは思いますが、このようなものが追加されていることをお忘れなく。






航空券の種類
航空券にもさまざまな種類があるのをご存知ですか? 高い航空券ほど融通がきき、安い航空券ほど制約が多いといった特徴があります。

航空券はどこで買える?
以前は航空券といえば、旅行代理店の窓口や航空会社で買うのが一般的でしたが、最近ではインターネット上で買うのが主流になってきました。

航空券の価格変動について
割引航空券や格安航空券は季節や時間によってチケットの値段が激しく変化します。どういった理由で価格が変動するのでしょうか?

格安航空券の注意点
現在ではすっかり浸透した格安航空券ですが、価格がとても安い反面、多くの制約があります。値段だけで購入してしまうと、後で後悔するハメに・・・ よく注意しましょう。

飛行機のオーバーブッキング
国際線の飛行機では、しっかり予約をしてあるにもかかわらず「満席です」と言われる場合があります。飛行機のオーバーブッキングとはどのようなことなのでしょうか?

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒