×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

海外ではなぜチップを払うの?

海外旅行をする上で、日本人がとても煩わしいと思うことに「チップの支払い」があります。
どうせならチップも含めて請求してくれると楽なのですが、アメリカなどを中心に相場や渡すタイミングなど、とても困りますよね。
ここではチップの仕組みや、なぜチップが必要なのか?という疑問に、詳しく解説したいと思います。



チップとは

本来チップとは、感謝の気持ちをお金として渡すものです。日本においては完全な志(こころざし)として意識されることが多く、お店やホテルへ行ってもよほどの待遇をされない限り、渡す人は少ないのではないでしょうか。



欧米ではサービス料が独立していると思えばよい

日本でもホテルや旅館、レストランなどで食事をする場合、基本的にサービス料が込みになっていて、宿泊や料理代に含まれています。

欧米ではこのサービス料というのが料理や宿泊代に含まれていないため、料理は料理、サービスはサービスでそれぞれ料金を支払います。料理には料金があらかじめ決められていますが、サービスには料金が決められていません。このサービス料金がいわゆるチップということになります。

料理代はコックや経営者に支払われ、サービス料はウエイターやウエイトレスに支払われます。ですから日本に比べて料理代は割安??になっているはずです。



欧米での従業員のチップは立派な収入源

欧米ではウエイターやウエイトレスなどの職業についている人は、とても給料が安いのが相場です。日本だと時給200〜300円程度で働いています。これだけでは到底やっていけませんよね。
感覚的には「お店で働いてもいいけど、自分の給料は自分でしっかり稼いでね」ということなんですね。

そこでサービス料はいわゆる出来高制となっており、たくさんチップをもらうために個人個人がよりよいサービスをしようと必死になります。

もし同じ給料にしてしまうと、人によってサボったり、サービスに手を抜く従業員が出てくるため、昔からこのようなスタイルになったようです。(日本でも見かけますよね・・やたら不愛想でサービス精神がない店員とか・・)

ですから、アメリカなどのレストランでは、料理の代金はレストランへ、サービスの代金はウエイターなどの従業員へそれぞれ支払っているという認識です。

日本人の感覚では、給料ももらっているはずなのに、チップも請求するなんて「なんて図々しい連中だ!」と思ってしまうのは仕方ないことです。
しかし、欧米ではこのような給与体系があり、チップは正当な報酬として認められています。もちろんアメリカ人はチップ収入も確定申告が必要です。



チップでも相場がある

チップは本来感謝の気持ちですから、金額はその人の気持ちに委ねられます。それじゃあ1円でもいいのか?という話になりますが、チップにも相場というものがあります。

相場以下のチップを渡した場合、嫌な顔をされたり、酷い場合は文句を言ってくる従業員もいます。メニューを間違えられたり、よほどひどい対応された場合は別ですが、普通にサービスを受けたら相場程度のチップを渡します。

この相場程度の・・・というのが日本人にとっては一番困る部分でもあり、慣れない海外旅行だと、どれくらい渡してよいのか分からず、食事などの度に頭を悩ましているのではないでしょうか。




チップをなぜ払うまとめ

日本と外国ではチップの定義が少し違う
アメリカなどの従業員の給料は極端に安く、チップが収入源
チップは小遣い稼ぎではなく、正当な報酬
チップにも相場があるので、いくらでもよいというわけではない


アメリカ諸国などでは、チップは小遣い稼ぎではなく、正当な報酬の一部となっています。チップは無駄で勿体ないとは思わず、代金としての感覚で支払うようにしてください。






ホテルのチップの支払い
海外旅行では必ずお世話になるホテル、さまざまなシーンでチップを支払いますが、具体的な例をあげてご紹介いたします。

レストランのチップの支払い
レストランでもウエイターにチップを支払わなければなりません。どのタイミングで支払ったらよいかなど、分かりやすく説明いたします。

タクシーのチップの支払い
海外旅行ではタクシーを利用することもありますよね。タクシーでもチップが必要な場合があるので、支払い方法をマスターしておきましょう。

国のルールを知っておこう
いくら自分は観光客とはいえ、渡航先のルールやタブーは最低限知っておく必要があります。特に宗教関係の施設や場所へ行く場合は注意しましょう。服装や行動には気をつけて。

両替のタイミング
両替ってどこでやっても同じだと思ってませんか? ところが場所によって手数料がかなり変わってくるためとても損をすることも・・・ 損をしない両替のタイミングとは?

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒