海外旅行の注意点と持ち物ガイド

海外旅行のホテルでのチップの払い方

海外旅行の滞在先として無くてはならいのがホテルですよね。
しかし海外のホテルではチップを渡す機会も多く、どのようなケースでチップを渡したらいいのか困っている方も多いのではないでしょうか。

ここでは海外旅行のホテル内でのチップを渡すケースなどについてご紹介したいと思います。



ホテルの従業員の名称

まずチップの話の前に、ホテルで働いている従業員の名称、あなたはどこまでわかりますか?
よく「ベルボーイに1ドル渡す」や「ドアマンに○○を頼んだ場合・・・」とか言われても、「ベルボーイ、ドアマン・・・なんじゃそりゃ?」と思ってしまいますね。まずはホテルで働く従業員の名称を覚えましょう。

ベルボーイ BELL BOY
ベルマンやベルパーソンと呼ばれることもあります。宿泊客の荷物運搬、客室への案内などをしてくれます。ポーターとページボーイの両方の役割を持った従業員です。何かと一番お世話になる人。

ドアマン DOOR MAN
ホテルの入口付近に常駐しており、お客さんが通るとドアを開けてくれる業務です。お客さんがホテルに訪れて最初に会うのがドアマンなので、地味ながら第一印象がとても大事と言われる仕事です。他にはタクシーを呼びに行ったり、ホテルのガードマン的な役割も担っています。

ポーター PORTER
宿泊客の荷物を運ぶ人のことを言います。ベルボーイは客室の案内もしますが、ポーターは荷物を運ぶのが専門です。

ページボーイ PAGE BOY
ヨーロッパの大型ホテルに見られる従業員で、主に客室の案内をします。

フロント FRONT
ホテルのロビーに位置し、宿泊客のチェックインやチェックアウト、電話対応など「ホテルの顔」になる部分。

キャッシャー CASHIER
宿泊料金の支払い、両替などを行う従業員のことを言います。

コンシェルジュ CONCIERGE
宿泊客のアドバイザーのような業務です。設備の案内をしたりするのはもちろん、劇場やレストランの予約、航空券の予約の再確認など、さまざまな宿泊客の手助けをしてくれます。

ウエイター・ウエイトレス WAITER・WAITRESS
ホテル内のレストラン、カフェ、ラウンジなどで接客を行います。メニューの説明、注文受け、食事の出したり下げたりするのが仕事です。

ハウスキーパー HOUSE KEEPER
客室の清掃や片づけ、ベッドメイキングなどを行います。

ほかにもたくさんの従業員の名称がありますが、私たちが海外旅行でお世話になることが多いのは上記でご紹介した名称になります。



ホテル到着から部屋まで

ここからは実際にホテルでチップを渡すシーンについてご紹介していきましょう。まずはホテルに到着してから、部屋に入るまでについて見ていこうと思います。

ホテルに到着
ホテルに到着すると、すぐにベルボーイやポーターがやってきます。(小さいホテルの場合は出てこないこともある)スーツケースなど大きな荷物は係員に渡しましょう。

大きなホテルでは、ドアマンがすぐやってくる場合があります。ドアマンはタクシーやバスから荷物を降ろし、ベルボーイやポーターがやってくるまで待機します。こうなると、この時点でドアマンにもチップが必要です。ベルボーイが来たら、ドアマンにチップを渡しましょう。


チェックインから部屋まで
フロントでチェックインを済ませます。フロントの係員にチップは必要ありません。チェックインが終わるとそのままベルボーイが部屋まで荷物を持って案内してくれます。部屋に案内され、一通りの説明が終わったらベルボーイにチップを渡します。


ホテルに到着して部屋まで、1人の係員が全部やってくれるのならチップは1回で済みますが、複数の係員が関与してくると、その分何度もチップを払う必要があります。大きい高級ホテルほど分担が細分化されているため、係員が変わりそうになったら、その都度チップを渡しましょう。



ホテル滞在中

ホテルに滞在中におけるチップの支払うシーンです。特にこちらからお願いしない限り、チップを払うシーンというのは少ないのですが、念のため確認しておいてください。

外出する際は?
ホテル滞在中ちょっと出かける際、メインエントランスにはドアマンがいます。出入り口を通るたびにドアを開けてくれますが、この場合ってチップがいるのでしょうか?
これには「不要・必要」、賛否両論出ているようですが、単にドアを開けてもらうくらいなら笑顔でサンキューと言えばよいかと思います。その都度払ってたら大変ですよね。しかし、タクシーを呼んでもらったり、何かお手伝いしてもらった場合は支払うようにしてください。
どうもそういうのが苦手で・・・と気の弱い方は、メインではなくサブの出入り口を使うとよいでしょう。

ルームサービスを頼んだら
ルームサービスを頼んだら、相場程度のチップを持ってきてくれた人に支払います。(稀にサービス料が込みになっている場合もあり、その時は基本的に不要。案内などに記載されています)

ベッドメイキング
ハウスキーパー用に毎朝チップを置いておきます。まくらの下に置いておくという常識が日本人の中にはあるようですが、それは古いスタイルで、今はテーブルなど目立つ場所に置いておくのが基本です。

レストランやカフェを利用したら
基本的には一般的なレストランと同じで、食事代金の何パーセントかを上乗せして支払います。

何か質問したらお願いいたりする場合
大きなホテルにはコンシェルジュが常駐しており、さまざな手配や予約、確認などをしてくれます。そこで何かお願いをしたり手配をしてもらった場合は、チップを支払います。
コンシェルジュがいない場合は、フロントへお願いするわけですが、ちょっとした質問や道を聞いたりする場合には不要です。
ここはチップを渡すかどうかの線引きが難しいところですが、相手が面倒と思わず即答できるような感じであれば不要ですし、いろいろ調べてもらったり、面倒だなと思うようなケースなら渡してもよいでしょう。



部屋を出てチェックアウト、ホテルを後にするまで

部屋を出てフロントでチェックアウト
最終日の朝はベッドメイキングのピローチップが必要かどうかですが、これも「置く・置かない」が二極化しています。置かなくても追いかけてくることはありませんが、「気持ちよく使えました、ありがとう」というお礼の意味も込めて置いてもよいかと思います。

荷物は自分で部屋から持ってフロントまで行くと思います。フロントでチェックアウトを済ませ、ドアマンが荷物を外まで運んでくれて、タクシーなどに荷物を積んでくれた場合は、最後にそこでチップを払います。

チェックアウト後荷物を預かってもらう場合
チェックアウトした後、一時的に荷物を預かってもらう場合は、基本的にチップは必要ありません。手続きだけして半券をもらいます。預けた荷物を取りに行く際は、ポーターが持ってきたらチップを渡します。



ホテルで上手にチップが渡せるコツ


小銭は別保管
海外では不特定多数の前で財布を大っぴらに見せるのは防犯上よくありません。またチップを渡すのにいちいち財布を出していてはもたもたしますし、スマートではありませんよね。チップ用の小銭は別でポケットに入れておくなどして、サッと取り出せるようにしておきます。

ピローチップは毎日
ピローチップとはベッドメインキングをしてくれるハウスキーパーのために渡すチップです。連泊する場合、最終日にまとめて置く人もいるようですが、毎日置いたほうが無難です。

自信がなければ相場より多めに
どれくらいの金額を渡せばよいかわからず、自信がないと思っている方は、相場より少し多めに渡しておけばよいでしょう。勿体ないとは思わず、多めに渡しておけば滞在時においても気持ちよく過ごせるでしょう。

ホテルのグレードによってチップ額も違う
同じ国のホテルであっても、高級ホテルと一般ホテルではチップの相場も変わってきます。違いはありますが、高級ホテルでは一般ホテルの2〜3倍程度のチップと言われています。現地で恥をかかないためにも、そのホテルの相場を少し調べておいた方がいいかもしれませんね。



海外旅行のホテルでのチップの払い方まとめ

従業員の名称を覚えておく
チップは1人につきその都度渡す
何かお願いをして、いろいろしてくれたらチップを渡す
スマートに支払えるように小銭は別保管


海外旅行でチップを払う場面で多いのは、ドアマン・ポーター・ベルボーイ・ハウスキーパーの4つだと思います。それ以外はこちらから何かのお願いをしない限り支払う必要はありません。アメリカなどでは半義務化されていますので、支払い忘れのないように注意してください。






なぜチップを払うの?
チップの習慣がない日本人にとって、本当に面倒ですよね。そもそもなぜ欧米ではチップを払わなければならないのでしょうか? そこにはちゃんと理由があります。

レストランのチップの支払い
レストランでもウエイターにチップを支払わなければなりません。どのタイミングで支払ったらよいかなど、分かりやすく説明いたします。

タクシーのチップの支払い
海外旅行ではタクシーを利用することもありますよね。タクシーでもチップが必要な場合があるので、支払い方法をマスターしておきましょう。

ホテルのオーバーブッキング
日本ではあり得ないことですが、海外では予約していたにも関わらず「満室」と言われることも・・・ 海外のホテルの仕組みやオーバーブッキングされないためのコツをご紹介。

両替のタイミング
両替ってどこでやっても同じだと思ってませんか? ところが場所によって手数料がかなり変わってくるためとても損をすることも・・・ 損をしない両替のタイミングとは?

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒