海外旅行の注意点と持ち物ガイド

海外旅行のレストランでのチップの払い方

日本人が面倒で困るのが海外のレストランで支払うチップです。せっかくの美味しい料理も頭の中はチップのことばかり・・・ いつ、どれくらい?ゆっくり食事もできませんね。

ここでは海外旅行に訪れた際のレストランでのチップの支払い方についてご紹介いたします。



全ての飲食店にチップがいるのか?

飲食店と言ってもさまざまな形態がありますよね。一般的に注文を受けて料理を提供するレストトランもあれば、バイキング形式で自分で食べるスタイル、マクドナルドのようなセルフなどもあります。

一般的なレストラン
ウエイターやウエイトレスが常駐し、席に案内され、メニューの説明、注文、料理の提供などをしている一般的なレストランです。言うまでもなくチップが必要です。

バイキング形式のレストラン
自分で好きな物を取って食べるというビュッフェスタイル。一見ほとんどが自分でしているように見えますが、席の案内、皿の取り換えなどはウエイターが行っているシーンをよく見ます。特に後払い形式の場合はチップがいると考えたほうがよいでしょう。

マクドナルドやスターバックスのどのファストフード店
カウンターで注文し、商品を受け取り、席取りから片づけまで全部自分で行うようなファストフード店、お持ち帰り専用などのお店ではチップは必要ありません。当たりを見回してウエイターがいないようなセルフサービスのお店なら必要ないと思ってください。



レストランでのチップの支払いの流れ

それでは、一般的な海外のレストランでの食事とチップ支払いの流れについてご説明しましょう。

レストランに入るとウェイターやウェイトレスが席に案内してくれます。彼らはたくさんのチップがもらえるようにサービス精神満々で接客してくれるはずです。
メニューを見て料理を注文し、料理が運ばれてきます。

日本ではこちらから呼んだり、呼び出しボタンを押さないと係員がやってくることはほとんどないですよね。来るとすれば食器を下げに来るときくらいでしょうか。
海外の場合は、何も用がなくてもちょこちょこやってきては、様子を見に来てくれます。

日本のレストランでは伝票をレジに持って行って、レジで精算するのが一般的ですが、海外ではテーブルで精算をするスタイルが多いです。食事を済ませて支払いをするには、ウエイターを呼んで「Check Please」(チェック・プリーズ)と言うと伝票を挟んだバインダーのようなものを持ってきます。まずは注文した料理と伝票が正しいかチェックします。

支払い方法1
伝票の金額に、チップ分を上乗せした金額を払う

これが一番スマートです。伝票にお金を挟んでおけば、ウエイターが取りに来ます。なかなか取りに来ない場合はそのまま退出してもOKです。

支払い方法2
お釣りをもらった後でチップ分だけ小銭で払う

高額な紙幣しか持っていない場合は、お釣りをもらってからチップ分を渡す方法でもOKです。例えば100ドル札しか持っていなくて、49ドルの食事をしたとします。100ドル渡して釣りをもらっても20ドル札2枚と1ドル札1枚でお釣りが帰ってきます。それからチップで渡すとても、1ドルだと少なすぎるし、20ドルだと多すぎるということになり、チップにお釣りをもらうという恥ずかしい思いをしなくてはいけませんので、「お釣りは少額に崩してもらえませんか」と言えばOKです。

アメリカではほとんどないですが、ヨーロッパではサービス料があらかじめ上乗せされている場合があります。サービス料が込みになっているのに、さらに金額の15%や20%のチップを払うのは無駄と言えますが、知らない日本人客には「チップは?」と二重取りを行う悪質なレストランもあるようです。
サービス料が込みになっていたら、周りの人はチップをしっかり払っているのか見回してみるのもいいですね。



クレジットカードで支払いをする場合

欧米ではレストランにおいても、クレジットカードの支払いが多く、チップ用の小銭や現金を持ち歩く必要もないので、とても便利です。

「Check Please」(チェック・プリーズ)と言うと、同じようにウエイターが伝票を挟んだバインダーを持ってきます。カードの場合はバインダーにカードを挟んで、カードが見えるようにテーブルの上に置いておきます。
しばらくするとウエイターがバインダーとカードを持っていき、カード決済用の伝票を持ってきます。
ここには料理の代金しか印刷されていませんので、チップの金額とトータルの金額、サインを書いて置いておけば完了です。ウエイターに渡してもいいですし、そのまま退席しても構いません。
控えとクレジットカードは忘れないように、またチップ金額記入欄は絶対に書くようにしてください。白紙にしてしまうと後から都合のいいように書かれて決済される可能性もあります。



レストランでのチップの払い方の注意点


チップの支払いを忘れないように
アメリカではチップはきちんとした収入であり、小遣いではありません。よほど酷い対応をされた場合は別として、チップの渡し忘れがないようにしてください。うっかり支払いを忘れると、食い逃げと同じように追いかけてくる場合もありますのでご注意を。

チップを払いたくない場合はしっかり理由を
どうしてもチップを支払いたくないという方は、店長クラスの人を呼んでチップを払わない正当な理由を言う必要があります。

サービス料込みになっている場合は、チップ不要?
アメリカではハワイなどでよく見かけ、ヨーロッパのレストランでは伝票にサービス料が含まれてくる場合があります。基本的にサービス料が込みになっていたら、チップ不要と思いますが、実は少額のチップを置いているレストランも見かけます。これはケースバイケースですが、15〜20%程度上乗せされているのならば基本不要と考え、素晴らしいサービスを受けたのなら気持ち程度を上乗せする感じでいいのではないかと思います。



海外旅行のレストランでのチップの払い方まとめ

チップがいらないのはファストフード店だけ
チップの支払いは現金でもカードでもOK
現金で払う場合は少額の小銭も持っておくようにする
チップの支払い忘れはトラブルに発展するケースも


特にアメリカを中心にレストランではチップが従業員の収入源になっていますので、チップは忘れないように。テーブルで接客してくれる従業員がいるレストランではほぼ100%チップが必要と思ってもらえばよいでしょう。小銭がない時はクレジットカードで支払う方がスマートです。

レストランのチップの支払いは一番頭を悩ますところですが、慣れてしまえばそうでもありません。チップのことばかり考えるとせっかくの料理も楽しむことができなくなりますので、今のうちの予備知識をしっかりつけておきましょう。






なぜチップを払うの?
チップの習慣がない日本人にとって、本当に面倒ですよね。そもそもなぜ欧米ではチップを払わなければならないのでしょうか? そこにはちゃんと理由があります。

ホテルのチップの支払い
海外旅行では必ずお世話になるホテル、さまざまなシーンでチップを支払いますが、具体的な例をあげてご紹介いたします。

タクシーのチップの支払い
海外旅行ではタクシーを利用することもありますよね。タクシーでもチップが必要な場合があるので、支払い方法をマスターしておきましょう。

海外旅行の食事マナー
ついつい海外でも日本と同じスタイルで食事をしていませんか? とくに食べるときの音を出すのは海外では敬遠されます。最低限の食事マナーは覚えておきましょう。

具体的な犯行手口
防犯対策はまず相手の手口を知ることです。知らない間に盗られることはもちろん、わざと相手の注意そらして盗む手口などさまざまです。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒