海外旅行の注意点と持ち物ガイド

海外旅行のタクシーでのチップの払い方

海外旅行でチップを渡すケースとしては、ホテル・レストラン・タクシーの3つが主にあげられます。
移動に便利なタクシーは、海外旅行においても使う機会がおおいのではないでしょうか。
ここでは海外旅行のタクシーでのチップの払い方を勉強したいと思います。



タクシーの運ちゃんも実は安月給

アメリカのタクシーの運転手なら、それなりによい給料をもらっているのでは?と思っている方も多いようですが、実はアメリカのタクシーもウエイターなどのサービス業と同じく、事業者からもらう給料は安いものです。

ですから、収入源の大半はチップによるもので、タクシードライバーもチップ収入がなければ生活できません。

アメリカのタクシーは、日本に比べると運賃自体はかなりリーズナブルです。日本なら1000円で3kmくらいまでしか移動できませんが、アメリカなら7〜8kmも走れます。その分サービス料として別途チップを支払う必要がありますね。
ヨーロッパでもアメリカほどではないものの、10%程度をチップとして渡す文化が定着しています。



タクシーでのチップの支払いの流れ

それでは、アメリカをタクシーを参考にチップ支払いの流れについてご説明しましょう。

タクシーに乗り込んで行先を告げ、現地に到着すると、そこで料金の精算となります。運賃はメーターがあるので、その金額を確認し、それにチップ額を上乗せして払います。

支払い方法1
メーターの金額に、チップ分を上乗せした金額を払う

チップを上乗せしておいて「お釣りは要りません」というのが一番スマートな支払い方ですね。運賃が15ドルだった場合、3ドルをチップとして渡すので、18ドル渡してタクシーを降りる・・・という方法です。

支払い方法2
お釣り額を指定してチップを払う

例えば運賃が15ドルで、20ドル札しかない場合、5ドルのチップはさすがに多すぎるので、3ドルをチップとして渡す場合は「2ドルお釣りをください」と言えば大丈夫です。あまりスマートではありませんが、嫌がられることはないので、堂々とお釣りをくださいと言いましょう。何も言わないと5ドル札が返ってきて、またそれを崩してもらわないといけないので、結構恥ずかしいです。



クレジットカードで支払いをする場合

都市部でも地方でも、一般的なタクシー会社のタクシーであれば、クレジットカードでの支払いも可能です。
ニューヨークなどのタクシーなら、端末がついているので自分で決済ができます。タッチスクリーンパネルになっており、チップ額も入力できるので、任意の金額を入力すれば決済完了です。
現金でするよりも、クレジットカードの方が小銭も用意する必要もなく便利と言えば便利です。
慣れの問題ですが、一度でも決済方法をマスターすれば楽勝ですね。わからなければ運ちゃんに聞いてみましょう。丁寧に教えてくれたらチップをはずむのを忘れずに。



海外旅行のレストランでのチップの払い方まとめ

タクシードライバーも生計の糧はチップ
チップの支払いは現金とカードが使える
現金で払う場合は少額の小銭も持っておくようにする


レストランやホテルに比べると、タクシーのチップの支払いはかなりシンプルで楽と言えるでしょう。相場は各国によって違うので、その国の相場を確認しながらチップ分を上乗せしてください。






なぜチップを払うの?
チップの習慣がない日本人にとって、本当に面倒ですよね。そもそもなぜ欧米ではチップを払わなければならないのでしょうか? そこにはちゃんと理由があります。

ホテルのチップの支払い
海外旅行では必ずお世話になるホテル、さまざまなシーンでチップを支払いますが、具体的な例をあげてご紹介いたします。

レストランのチップの支払い
レストランでもウエイターにチップを支払わなければなりません。どのタイミングで支払ったらよいかなど、分かりやすく説明いたします。

海外旅行の持ち物リスト
海外旅行に必要な持ち物のリストです。しっかり準備したつもりでも、思わぬものを忘れているかも… もう一度チェックしてみましょう。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒