海外旅行の注意点と持ち物ガイド

海外旅行でのトイレの利用方法

海外旅行中にトイレに行きたくなったら、どうしますか?観光地なら、そこにトイレがあるかもしれませんが、街中を散策中にトイレに行きたくなったら困りますよね。
日本ならコンビニを探して駈け込めますが、海外のコンビニってトイレ可なんでしょうか。ここでは海外旅行中にトイレに行きたくなった時の利用方法や注意点などをご紹介いたします。




日本のトイレは世界でも最高レベル

日本のトイレは世界的にも、使いやすさ・機能性・綺麗さもトップレベルです。公衆トイレでも場所によってはとても快適に使うことができます。ということは、外国に行けば日本のような快適なトイレないと思っておくことが大切です。

中には「え〜、こんなところで用を足すの?」と思うようなトイレもあります。国によって違うことは間違いないですが、先進国ほど快適であり、発展途上国ほど使いにくいのは間違いありません。

特にアジア・中東・アフリカなどで、地方且つ外国人観光客が少ないような場所では、トイレは現地化されているので、その国のスタイルになっていることは間違いないでしょう。

トイレに関しては日本のようなレベルを期待してはいけない、と思ってください。



中東やアジア圏のトイレは紙が流せない?

日本では用を足した後のトイレットペーパーは、水と一緒に流してしまうのが一般的ですが、アジア圏では全く逆です。水と一緒に流せるトイレが少ないと思ってください。
そのまま知らずに流してしまうと、トイレが詰まったりするトラブルが発生し、最悪弁償することになる可能性もあるので、うっかり流さないようにしてください。
流せない理由としては、「配管が狭く紙が詰まりやすい」、「紙が水に溶けない」、「流す水の量を少なくして、水資源の節約」などさまざまです。

紙が流せるかどうかを判断する基準として、トイレにやたらデカいくずかごがある場合は、ほぼ流してはいけないと思ってもらった方がいいでしょう。人の使った紙を見るのはイヤですが、中身を確認してみるのもよい方法です。汚いですが、詰まらしてトラブルになるよりはマシですね。

そのほか、「紙を流すのを禁止しているマーク」があったりすることもありますので、紙を捨てる前に十分注意しましょう。

中東やアジア圏であっても、観光客向けの施設やホテルなどでは、そのまま流せる場所も多くあります。また、それ以外の国でも流せない場所もあるので注意しましょう。



いろいろなトイレ事情

紙がないトイレはどうする?
紙切れによって紙がないのではなく、もともと紙がないというスタイルのトイレもあります。ビデやシャワーを使って洗い流す方式を採用しているトイレも多く、使い方がわからない日本人にとっては迷うところです。ポケットティッシュやウエットティッシュを活用しましょう。

便座がないトイレはどうする?
便座をあえて取り外してあるトイレもあります。このようなトイレでは辛いですが、便座には座らず、中腰で用を足すようにしましょう。



海外旅行中のトイレの探し方

海外旅行中にトイレを探す方法はいくつかあります。テーマパークや観光施設内であれば、トイレを探すことも容易ですが、街中を散策中にトイレに行きたくなった場合は探すのが大変ですね。優先順位別にトイレのある施設をご紹介します。

大型の商業施設・デパートなど
ショッピングモールやデパートは、多くの人が来店するためトイレも充実しています。買うつもりがなくても入ってトイレだけ済ましても何も怪しまれません。都市部の観光地であれば、このような施設も多いのでチェックしておきましょう。

大型のホテル
大きなホテルでは不特定多数の人が出入りしているので、トイレだけの目的でも怪しまれません。しかし入る際にドアマンがいたり、トイレにも係員がいる場合はチップの用意は忘れないようにしてください。

カフェなど
カフェなどに寄って、トイレついでに休憩する方法もあります。そこで飲料を飲み過ぎるとまたトイレに行きたくなるので、ほどほどに。また、カフェのトイレは鍵がかかっているのが一般的に(犯罪やトラブル防止のため)、係員にトイレに行きたいことを言うと、カギを貸してくれますので、それを使って用を足し、終わったら鍵を返すスタイルです。

公衆トイレ
ヨーロッパなどでは、街中に公衆トイレをよく見かけます。ほとんどが有料ですので、お金を払って入るスタイルです。治安の悪い場所の公衆トイレはあまり利用しない方がよいでしょう。

ここにコンビニが入っていませんよね。手軽にコンビニのトイレが利用できるのは日本だけで、海外では基本的にコンビニのトイレはお客が利用できないようになっています。よほどの緊急事態の場合は、事情を話して従業員用のトイレを貸してもらえることもあるようですが、トイレだけの目的はもちろん、何か買うついでにトイレというのも基本不可ですので、コンビニには頼らないようにしましょう。



海外旅行でのトイレの攻略法

利尿作用のある飲み物は控える
一番大切なのは、トイレの回数を減らすことです。しかし、水分を我慢すると脱水を起こすことも考えられますので、できるだけ吸収のよいスポーツドリンク系で水分補給を行います。カフェインの多いコーヒーやアルコール飲料は利尿作用が働きますので、外出前には飲まないようにしましょう。

観光施設などでしっかり用を足しておく
街中とは違い、入場料が必要な観光施設ではほとんどの場合トイレがあります。あまり用を足したくなくても、1滴まで絞り出すようにしておきましょう。「次でいいや」と思っているのが命取りになる場合も・・・

事前に大型ホテルや商業施設などの場所を調べておく
自由に街中を散策する場合は、事前にどのあたりにトイレスポットが事前に調べておくと何かあった際にスムーズです。最近ではトイレの位置を地図上に表示するスマートフォン用アプリもあるようです。

下痢などをした場合は外出を控えることも大切
下痢などをしてしょっちゅうトイレに行かなくてはならない状態ではロクに観光もできません。下痢が酷い場合はホテルなどで休むようにして、外出を控えましょう。

トイレットペーパーやウェットティッシュを携帯する
アジアや中東ではトイレに紙自体がない場合もあり、お尻を洗って綺麗にする方式になっている場合もあります。日本人には抵抗があると思うので、芯を抜いて潰したトイレットペーパーやウェットティッシュを携帯しましょう。捨てる場所がないときの為に、中身が見えない黒いビニール袋などもあるとよいでしょう。



海外旅行でのトイレの利用方法まとめ

海外では日本のトイレの品質を求めてはいけない
紙が流せないトイレも多くあるので、用を足す際には注意
海外にはさまざまなトイレ形態があるので、事前調査は忘れずに
商業施設やホテルを中心にトイレスポットを確認しておく
海外のコンビニではトイレができない場所が大半
できるだけトイレの回数を減らす・できるときにしておくことが大切


トイレは生理現象なので仕方がないものですが、いざという時はなかなか見つからないものです。街中ではホテルや商業施設・カフェなどのトイレを利用すれば比較的安全ですし、手入れも行き届いています。各国のトイレ事情や訪問先のトイレの場所なども確認しつつ、できるときに用を足しておくことが大切です。






盗難をされないために
盗難されない一番の対策は、カモにされないことです。しっかりガードしている姿をアピールしておけば、相手に狙われることもありません。ガード方法についてご紹介します。

海外旅行保険とは
海外旅行保険は海外旅行で万が一トラブルがあった際に保険金が支払われます。海外ではちょっと入院しただけでも多額の医療費が請求される場合があるので是非加入しましょう。

海外旅行保険にはどんな補償がある?
病気やケガ以外でも、内容によってさまざまな補償を受けられます。どんな補償を受けることができるのかご紹介いたします。

海外旅行の持ち物リスト
海外旅行に必要な持ち物のリストです。しっかり準備したつもりでも、思わぬものを忘れているかも… もう一度チェックしてみましょう。

機内へ持込めるサイズ
スーツケースでも一定のサイズ以下であれば機内へそのまま持ち込むことができます。機内へ持込めるサイズや注意点などをご紹介。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒