×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

海外旅行おすすめ盗難防止グッズ

海外旅行では盗難被害も多く報告されており、盗まれようものならせっかくの楽しい思い出も台無しになってしまいます。
自分で盗まれないように気を付けることはもちろんですが、最近では盗難防止グッズも便利なものが充実しています。海外旅行だけでなく、日本国内でも使えるものも多いので、これを機会に是非準備されてみてはいかがでしょう。



ケーブルロックは最低1つ準備しよう

ケーブルロックとは、輪のようになった鍵で、身近なものでは自転車の車輪に取り付ける鍵があります。海外旅行用としては軽量なタイプがおすすめですが、短い南京錠タイプのものもあれば、やや長いものもあります。
短いものはファスナーとファスナーの間に装着したり、長いものはハンドバッグの手さげや肩ひもと椅子などに取り付ければ、盗難防止に役立ちます。鍵のタイプはなくすと大変なので、一般的には3ケタのダイヤルを合わせるようなものがおすすめで、番号が変えられるものがいいですね。
レストランや列車内など、長時間目を離す可能性がある場合には、1つあると便利です。

    




南京錠はダイヤル式でTSA対応のものを

南京錠はリュックやファスナータイプの旅行カバンをロックする時に使います。鍵式だとカギをなくした時どうしようもないので、できればダイヤル式のものをおすすめします。
尚、飛行機に預け入れるスーツケースに使うには、TSAロック付きのものを選びましょう。

   




セキュリティポーチも是非用意しよう

パスポートは空港の入出国検査、ホテルのチェックイン以外には、あまり使うことがありません。また、予備のクレジットカードや多額の現金もあまりカバンに入れておくのはよくありません。
腰に巻き付けるウエスト型のものや、首から下げるネック型などさまざまなタイプがありますので、自分の使いやすそうなものを選ぶといいですね。もちろん服の中に入れて相手からは見えないようにするのが基本です。中にいれておくものとしては、パスポートや高額の現金・カード、海外旅行保険証券や緊急連絡先などがあげられます。

  




防犯ブザーはお守り代わりに

襲われた際に役立つ防犯ブザーは、お守りの代わりに持っておくとよいでしょう。しかしアメリカなどでは銃社会でもあるため、鳴らすとかえって鉄砲で撃たれる可能性もあります。
ひと気のない場所は避ける、危ない場所に興味本位で行ったりしないのが一番です。

  




スマートフォンと連動した迷子検知グッズは便利

最近では、センサーを小さい子供に取り付け、自分の持っているスマートフォンから一定以上の距離が離れるとアラームが鳴るグッズが発売されています。もともとは迷子防止によるものですが、忘れ物や置き引き防止にも使えます。
音量や検知距離なども細かくアプリで設定できたりするので、使い勝手がよいのが特徴です。また、防犯アラームではないため、誤動作を起こしても周りが驚くような大音量で鳴ることもありません。





置き引きアラーム

置き引きアラームは、バッグなどに親機を設置し、子機は自分で持っています。親機と子機の距離が一定以上離れると、大音量のアラームが鳴り響きます。
精度が高ければ、管理人は自信を持っておすすめするのですが、誤動作が多く、レストランなどで誤動作させると周りのお客さんの迷惑となる場合があります。
価格は2000円前後のものが中心、シーンによっては使えそうです。一押しアイテムではありませんが、こういうグッズも発売されているので、興味があれば買ってみるのもよいでしょう。

  



海外旅行おすすめ盗難防止グッズまとめ

ちょっと荷物を置く際は、ケーブルロックを活用しよう
リュックのチャックなどには南京錠も忘れずに
防犯ブザーは保険として持ち、危ない場所には行かない
セキュリティポーチを準備して、お金とパスポートだけは守る
スマホと連動した防犯、迷子アプリグッズを賢く使う
置き引きアラームは時と場合を考えて


犯人も、必ず盗みやすいかそうでないか、ターゲットを見極めます。「あれは無理だ!ガードが堅い」と思わせることが大切です。いざ盗まれてしまうと楽しい海外旅行が一転してしまいますので、普段から荷物の防犯には気をつけるようにしてください。






海外旅行保険とは
海外旅行保険は海外旅行で万が一トラブルがあった際に保険金が支払われます。海外ではちょっと入院しただけでも多額の医療費が請求される場合があるので是非加入しましょう。

海外旅行保険はどんな補償がある?
病気やケガ以外でも、内容によってさまざまな補償を受けられます。どんな補償を受けることができるのかご紹介いたします。

具体的な犯行手口
防犯対策はまず相手の手口を知ることです。知らない間に盗られることはもちろん、わざと相手の注意そらして盗む手口などさまざまです。

盗難をされないために
盗難されない一番の対策は、カモにされないことです。しっかりガードしている姿をアピールしておけば、相手に狙われることもありません。ガード方法についてご紹介します。

旅行カバンの種類
海外旅行にはスーツケースが一般的ですが、用途によってはボストンバッグやバックパックなどを選ぶ場合もあります。それぞれのメリットやデメリットなどをご紹介いたします。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒