×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

海外旅行者の盗難被害が多い国

観光客や外国人を狙った盗難は、どこの国でも少なからず発生しています。
盗難が多い国といえば「発展途上国」を真っ先に思い浮かべるとは思いますが、実際にはアメリカやヨーロッパなどの先進国でも盗難は多発しています。
ここでは盗難被害の多い国をご紹介したいと思います。


ヨーロッパはスリ・置き引き大国

ヨーロッパは、人気の海外旅行先でもある一方、観光客の盗難被害がとても多い地域で知られています。傷害や殺人事件などは少ないので、渡航情報にも特に問題がない地域ですが。とにかく盗難被害が多いので注意してください。

ヨーロッパは全体的にスリや置き引きの被害が多く、観光客だけでなく、地元の人でもよく物を盗まれるそうです。危険度は日本のおよそ10倍以上と思ってもらえばよいでしょう。

特にどの国がというわけでもなく、ヨーロッパ全体で盗難被害が多発しています。地方よりは都市部で多く、レストランやお店、バスや列車の車内など、人がたくさんいて注意力が散漫になる時ほど注意が必要です。

とにかく、「ヨーロッパ旅行」は気を引き締めてください。



そのほか窃盗被害の多い国

そのほか、以下の国も日本と比べるとスリや置き引きなどの窃盗犯罪の発生率が高くなっているので、注意してください。

アメリカ
中国
メキシコ
ニュージーランド
カナダ
オーストラリア



どの国でも窃盗被害に遭う可能性はある

日本のスリや置き引きの犯罪発生率は、外国と比べるととても低いため、どうしても日本を基準に考えるとどの国でも被害に遭う可能性は高くなります。
海外旅行に行ったら、「ここは日本ではない」という感覚を常に身につけ、常に荷物からは目を離さないように注意してください。



どんなものが狙われる?

それでは、どんなものが実際に狙われるのでしょうか?財布やバッグだけだと思っているかもしれませんが、実は意外なものが盗られたりします。

バッグ・ハンドバッグ
これは取られるものの代表格ですね、ちょっと置いて目を離した隙に置き引きされるのがよくあるケースです。



財布
財布も盗まれることが多いアイテムです。バッグの中から抜き取られたり、リュックに背負っている内に抜き取られることもあるので、時間が経ってから盗まれるのに気付くことも。


スマートフォン(iphoneなど)
最近海外で被害が多発しているのが、スマートフォンの盗難です。特に新しいiphoneなどが標的となっており、ポケットの後ろに入れておいて抜き取られる被害が多いようです。また強引にひったくられることもあるので、人前でスマートフォンを見せびらかすのは控えましょう。

カメラ(一眼レフなど)
カメラも高級タイプを中心に置き引きの被害が報告されています。カメラバッグごと盗まれることもありますが、ちょっと休憩中に、横に置いておいたらなくなっていた話も聞かれます。カメラは首にかけるなりして防犯しましょう。



海外旅行者の盗難被害が多い国まとめ

ヨーロッパは窃盗大国、気を引き締めよう
犯罪発生率が高い国ほど、窃盗被害も多い
日本と比べるとどこの国でも窃盗に遭う確率は上がる


極論から言いますと「海外旅行=窃盗被害の可能性が上がる」と思えばよいでしょう。特にヨーロッパは要注意、アメリカやメキシコなど犯罪率が高い国は、相対的にスリ被害も多いです。
どこの国においても、普段から荷物には目を離さないことが大切です。






具体的な犯行手口
防犯対策はまず相手の手口を知ることです。知らない間に盗られることはもちろん、わざと相手の注意そらして盗む手口などさまざまです。

盗難をされないために
盗難されない一番の対策は、カモにされないことです。しっかりガードしている姿をアピールしておけば、相手に狙われることもありません。ガード方法についてご紹介します。

おすすめ盗難対策グッズ
盗難対策アイテムを併用することで、防犯力は一気に高まります。自分も注意することも大切ですが、このようなアイテムを使ってさらに盗難を防止しましょう。

海外旅行保険とは
海外旅行保険は海外旅行で万が一トラブルがあった際に保険金が支払われます。海外ではちょっと入院しただけでも多額の医療費が請求される場合があるので是非加入しましょう。

海外旅行保険はどんな補償がある?
病気やケガ以外でも、内容によってさまざまな補償を受けられます。どんな補償を受けることができるのかご紹介いたします。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒