×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行の注意点と持ち物ガイド

ビザ(査証)の準備

パスポートは身分証明書である一方、ビザ(査証)は、その国に入国するための入国許可証のことを言います。

一般的にパスポートだけあれば海外に行けると勘違いしている方も多いですが、本来はビザというものが必要なのです。しかし、日本人はビザなしで行ける国も多いため、ビザ自体どんなものか知らない方もいらっしゃるようです。ここではビザ(査証)の仕組みについてご紹介いたします。




ビザ(査証)は入国許可証

海外へ行くためには、パスポートのほかにビザと呼ばれるものが必要になります。パスポートは単なる身分証明書で、行きたい国の政府が発行する入国許可証と呼ばれるビザを入手し、パスポートとビザをセットにして海外に行かなければいけません。

しかしアメリカやヨーロッパ、アジアなどへ海外旅行へ行っても、ビザなんて一度も発行してもらったことがない・・・という方も多いのではないでしょうか。

ビザというのは、その国の政府(大使館や領事館)で手続きを行う必要があり、とても面倒です。海外旅行者のためにいちいちビザを発行していては、仕事も大変です。

そこで、日本とその国の政府同士が取り決めを作り、旅行目的で短期間の場合は、ビザなしでもその国に行けるようになりました。日本人は世界からみると比較的安全な人として認知されているので、ノービザで行ける国は172か国に及び、かなり多いです。

逆に日本へノービザで入国できる国は少なく、例えば日本人はノービザで中国へ行くことができますが、中国人はノービザで日本へ入ることはできません。

このように日本人は170か国以上の国へノービザで行くことができるため、ビザの存在自体を知らない人も多いようです。



ノービザで滞在できる期間は

いくらビザがなくても外国へ行けるとはいえ、永久に滞在できるわけではありません。国によって滞在できる期間が決まっています。

ほとんどの国が90日までの滞在であればビザなしでOKです。長い国ですと、カナダなどが6ヶ月滞在可能、短い国になると中国で15日までなどとなっています。国によって例外もありますので、渡航先のビザなし条件をよく確認しておいてください。

海外旅行であれば、90日を超えるような状況は滅多にないと思いますのでそれほど気にする必要はないと思いますが、中国など極端に短い国もありますので注意してください。



ビザを申請する場合

日本人が海外へノービザで行ける条件は、観光・商用・親族知人訪問に限られています。留学や就業などで滞在する場合は別途ビザが必要になります。

ここは初心者海外旅行者向けのサイトですので、詳しい内容は省略させてもらいますが、ビザの種類はたくさんあり、渡航目的や期間によって価格や条件も変わってきます。

一般的にはその国の大使館や領事館でビザの申請を行いますが、旅行代理店などでも代行申請を行ってくれる所もありますので、相談してみるとよいでしょう。


ビザはこのようにパスポートに貼りつけられます。(写真は中国のビザ)



海外でオーバーステイしないように

オーバーステイとは、ノービザで滞在できる期間を超えてしまうこと言い、「不法滞在」に当たります。

滞在免除期間ギリギリでスケジュールを立ててしまうと、何かトラブルがあって帰国がおくれたりするとオーバーステイになる可能性があります。
オーバーステイになると別室へ連れていかれていろいろ質問を受けたり、多額の罰金を払わなければならなかったり、次回その国に入国できなかったりとさまざまな問題が出てきます。

天候不良などで飛行機がおくれた場合などは、情状酌量措置もあるようですが、それでもオーバーステイは立派な入国管理法違反になってしまいます。スケジュールは余裕を持たせておき、帰国が遅れてもオーバーステイとならないような計画を立てておきましょう。



ビザ(査証)まとめ

本来は外国に行く場合、パスポートとビザが必要
日本人なら世界172か国へはビザなしで一定期間渡航できる
オーバーステイしないように注意する


今の海外旅行事情ではビザはほとんど必要ありませんが、期間に限りがあるということをお忘れなく。





パスポートの準備
パスポートは忘れると海外に行けないほか、海外でなくすと日本に帰ってこれません。有効期限にも注意してください。

海外旅行の持ち物リスト
海外旅行に必要な持ち物のリストです。しっかり準備したつもりでも、思わぬものを忘れているかも… もう一度チェックしてみましょう。

重要書類の準備
普通はお世話になることはない重要書類も、パスポートを紛失したりした時などに重宝します。万が一に備えて重要書類は必ず海外旅行に持っていくようにしましょう。

海外旅行保険とは
海外旅行保険は海外旅行で万が一トラブルがあった際に保険金が支払われます。海外ではちょっと入院しただけでも多額の医療費が請求される場合があるので是非加入しましょう。

危険な国・安全な国
ここで言う危険な国とは、ケガをしたり、命の危険があるようなことを言います。戦争・テロ・治安などさまざまですが、旅行を計画する前に「海外安全情報」をしっかり確認しましょう。

スポンサーリンク


次コンテンツ⇒